マネージング・ディレクター 服部泰三

転職のご相談・お問い合わせ

経験豊富な
エージェントに転職相談(無料)してみませんか?

1分で完了無料登録・転職相談

その背後にあったのは、愚直なまでの誠実さだった

IT業界に特化した人材エージェントで働いていた経験を持つ服部泰三の目には、キャリアインキュベーションは、同業他社の中でも特別な存在に映った。成約数や売上目標に固執するより、5年先、10年先のリターンを優先させているように見えたからだ。服部はなぜ、キャリアインキュベーションに惹かれたのだろうか?

hattori_1.jpg

プロフィール

服部 泰三

マネージング・ディレクター

【担当業界】コンサルファーム全般(主にデジタル、イノベーション領域)、テクノロジーベンチャー

【担当領域/実績】一貫してビジネス×テクノロジーの領域に特化し、コンサルティング業界、IT業界のミドル・ハイクラス、CxOポジション、技術系専門職のサーチを中心に担当。転職支援実績は500名以上。

【略歴】2003年新卒でエンジニアに特化したサーチ型エージェントに入社。その後Web業界専門のエージェントでチーム立ち上げ、マネジャー職を経て2012年よりキャリアインキュベーションに参画。●BizReach ヘッドハンター大賞 IT・ソフトウェア部門 2011年 MVP 2011、2012、2014年 優秀賞受賞

経営課題の解決に直結する採用を実現するために

《転職の動機》
日本で人材エージェントを利用して転職を果たす人は年間で約50万人程度といわれています。その中で、ひとりの人材コンサルタントが1年で仲介できる人数はたった数十名程に過ぎません。だからこそ私は、経営課題の解決に直結する人材採用を実現させることを自らに課し、仕事に取り組んできました。

最初は優秀な技術者のスカウトに取り組みました。資源が無いモノづくりの日本では良い技術者の活躍の場が産業活性化に直結すると信じていたからです。しかしリーマンショックを契機とした産業構造の変化と経営人材の不足を感じた私は、ここで転職することが最善の選択だと判断し、プロフェッショナル人材に特化した別の人材エージェントに移る意思を固めました。

長期の信頼関係の構築に力を注げる希有な環境がある

《キャリアインキュベーションの印象》
ハイクラスの人材紹介には候補者、クライアントとも長期の信頼関係が必要です。
数あるエージェントの中から、キャリアインキュベーションを選んだのは、短期的な利益に左右されず、信頼関係の構築に力を注いでいる数少ない会社だったからです。代表の荒井をはじめ役員全員と話し、全員がその考えを共有し極めて高いレベルで体現していることが分かりました。

その印象は入ってからももちろん変わりません。たとえば数字のプレッシャーが強いエージェントであれば、目の前の転職希望者をとりあえず手持ちの案件に当てはめ、帳尻を合わせようとするでしょう。しかしわれわれは、そうした選択の前にその人のキャリアを真剣に考えて様々な可能性を模索し、キャリアプランを考え、ベストな転職時期を提案します。

なぜなら、短期的な利益を追求することは、結果的に自分たちのビジネスを毀損することにつながると考えるからです。これはクライアントに対しても同様です。「損して得とれ」ということわざがあります。われわれは、この言葉が示す通り、目先の利益より、信頼の獲得に重きを置いてきました。

5年、10年と愚直に積み上げてきたその成果がいま、新たな紹介案件につながる流れを生み出しています。過去に支援した方々の多くが、現在、名だたる企業のコア人材として活躍されている事例は枚挙に暇がありません。そうした方々の信頼にキャリアインキュベーションは支えられているのです。

人を通じた課題解決に取り組みたい方

hattori_2.jpg

《求める人材像》
テクノロジーの進化で企業のリクルーティングは便利になりますが、人口減で優秀な人材の希少性が高まるのであればトップタレントのキャリアを数多く支援してきた我々の仕事は決してなくならないと思っています。しかし漫然と仕事をしていてはきっと機械にとって代わられるでしょう。今後は更に難しく複雑な仕事に意識的にチャレンジすることが必要になると強い危機感を持っています。

人材コンサルタントとして経験をお持ちの方であれば、候補者や求人企業に対して、自分なりのこだわりや思いを持って仕事に取り組んできた方と仕事がしたいですね。また、人材業界未経験の方なら、現在、われわれが注力している、ヘルスケア領域やコンサルティング領域、プライベート・エクイティ領域で、経験を積まれた方にはとくに大きな期待しています。

それ以外にもプロフェッショナルを求める企業はベンチャー含めたくさんあります。人を通じた課題解決に興味があり、自らの専門性や得意分野を生かしたい、また、開拓してみたい業界、領域があるなど、目的意識が明確な方ほど力を発揮できる環境です。顧客から指名されるパートナーとなって、本質的な価値を提供する喜びをともに分かち合いましょう。

キャリアインキュベーション募集要項はこちら

採用インタビューの最新記事

一覧を見る
初めての方へ 私たちキャリアインキュベーションについて