画像:ベイン・アンド・カンパニー

ベイン・アンド・カンパニー

提案する、支援する、ではなく「結果にコミットする」という厳しい向き合い方。それゆえに、今という厳しい時代、あらためて価値を再認識され大いなる期待を集めているのがベイン・アンド・カンパニー(以下、ベイン)だ。
ではベインの最前線に立つメンバーたちは、いかにして「結果」を導き出しているのか?どんな想いを胸に、ハードワークを成長の糧にしているのか?活躍中の2人のキープレーヤーに話を聞いた。

まずは、官僚という立場にいた和田さんが、
コンサルティングの世界に足を踏み入れた理由について教えてください。

【和田】もともと官僚になりたくてなった、というよりも、私の場合はシンプルに世の中の役に立つ仕事がしたかったんです。特に環境に関わる取り組みや、地域の活性化などに関心が強かったので、迷わずまっすぐ農水省に入った、というところです。

しかし、農水省に限ったことではないと思いますが、役所特有のプロセス重視の意志決定や、既存組織を守ることに腐心するカルチャーが当時は根強く残っていました。その一方で、自分自身もリアルなビジネス体験を持っていませんでしたから、まずはそこをきちんと学び取るため、志願してビジネススクールで勉強をしたんです。この留学が大きな転機につながりました。ビジネスの実像を知るだけでなく、学内外で得た人脈からも様々なことを学び、「本当に『世の中の役に立ちたい』と思うならば、官僚組織の中でえらくなっていくよりも、コンサルティング等のプロフェッショナルファームでスキルに磨きをかけたほうが早いのではないか」という意見ももらい、それが心に残っていったのです。

帰国後、手にした成果を結果につなげたい、と思ったものの、やはりスピーディーに事は進まない。そうしているうち、先の意見が心の中でも広がっていき、「結果につながる仕事ができるコンサルティングファームに行こう」と考えるようになったのです。

「結果」というキーワードで考えたからベインの名前がすぐに浮かんだ、
ということなのでしょうか?

【和田】そうですね。複数のエージェントから話を聞き、自分でも情報を集めていった結果、「案件を達成して得た成果・結果を顧客に客観評価してもらうスタイル」を貫いているベインに惹かれ、入社を決めたんです。

ベインでは多くのコンサルタントが非常に幅広い領域で活躍をされていますが、
和田さんも業種やファンクションを限定しない形で、
さまざまなプロジェクトを経験されていますね。

photo_01.jpg【和田】私の場合、とにかく社会に役立つ仕事に携わっていきたい、というのが不変の夢ですから、将来的にもこのままコンサルタントとしての成長を志していくかもしれないし、もしかしたらまた農業関係の領域に戻っていくかもしれません。大切なのは何をするか、であって、どこに所属するのかということにはこだわっていないんです。

ただ、いずれにせよ世に貢献できる人間になるには、産業や領域を限定して1つの色をまとっていくのではなく、なに色にも染まらずに幅広い知見を得ていくべきだと考えています。ですから、今までも多様性のあるチャレンジを求めてきましたし、今後もその姿勢を貫くつもりでいます。

ありがたく思うのは、こうした私の意志をしっかり汲み取ってくれるベインのカルチャーです。多くの人は「しっかりしたトレーニングの仕組みを持った組織で働きたい」と望んでいるでしょう。私もまたその一人でしたが、ベインの何が優れているかといえば、個々を成長させ育成していく「仕組み」だけでなく、「カルチャー」や「価値観」が世界中のメンバーに染み渡っていることなんですよ。

「カルチャーが人を育てる」について、具体的に教えてください。
【和田】難しい話ではありません。ベインは本気で成長したい、と志している人間ばかりだということです。そうして世の中に真に貢献していこうという意志を皆が持っている。すると、何が起こるかといえば、もしも誰か仲間が苦戦をしていれば当然のように手を貸す、知恵を貸す。そういう意味でのカルチャーなんです。皆が皆の成長にドライブをかけていくカルチャー。これをコンサルタントからマネージャーからパートナーに至るまで共有している。世界中のベインのメンバーが共有している。


私自身、転職して間もないころ、オランダ人のマネージャーが1年間付きっきりで指導や激励をしてくれました。また、たとえばプロジェクトの中で困っていること、わからないことがあったとき、それをデータベースに入力すると、途端に助言や有効な情報、知識が世界中から集まってきます。それらの助言、情報がどれほどハイレベルで使えるものなのかは、言うまでもないでしょう。時には、「もし必要ならば東京に行くよ」とまで言ってもらえる。だから私も「なんなら東京に来て話をしてくれないか」とストレートに頼んだりもできるんです。ここまでしっかり世界規模でつながっているファームはそうそうないはず。これらは仕組みのなせるわざではありません。カルチャーやバリューを共有できているからなんです。

実に素晴らしいカルチャーだと思うのですが、
なぜベインはこれを全員で共有できているんでしょう?

【和田】それはもちろん、結果に対してきちんとコミットする姿勢を、創設の時から貫いているからに違いありません。この姿勢をとるために、わざわざ創設されたのがベインなのですから。

とてつもなく重いプレッシャーがかかりますよね?「結果を出す」というのは。

【和田】そこですよ、ポイントは(笑)。何よりも成長を促進してくれる「ベインならではのもの」が、まさしくそのプレッシャーなんです(笑)。皆が重いプレッシャーを背負って日々走っている。でも、それを乗り越えた時にどれだけ自分や仲間が成長できるのか、もわかっている。だから、変な言い方ですが「健全なプレッシャー」なんです。私も含め、すべてのベインの人間が、プレッシャーをポジティブに捉え、それを乗り越えることにある種の醍醐味を感じている。だから結束できるし、協力をし合えるという訳です。

この仕事に就いてよかったなあ、と思えるのは、クライアントの中にも、この部分で共感できる方がちゃんといて、そうした方々と会えることです。こうなると、難関やプレッシャーを超えていくのが面白くてしょうがない、なんて心境になるんです。

パートナーの奥野さんがインタビューで「今、日本は本当に抜き差しならない状況を迎えている。でも、だからこそベインの価値を認めてくださる企業が増えてきている」とおっしゃっていました。和田さんの言う「本気で何かを変える、つかみ取る」という姿勢のクライアントが増えてきているということでしょうか?

photo_02.jpg【和田】奥野も指摘したように、日本は今、本当に変わらなければいけない時期を迎えています。危機意識や問題意識が高まっているのは間違いないですね。ただ、別段クライアントの皆さんも、今まで何も考えてこなかったわけではないんです。我々と同等か、それ以上の意識で「根底から何かを変えなければいけない」と思っていた方のほうが多いでしょう。ただ、おそらくは「何を変えればいいのか」「どうやって変えればいいのか」というのが不透明だった。ですから、私たちコンサルタントも明快な返答と、柔軟な適応を示していかなければいけません。

「なぜこれをやめるのか」あるいは「なぜこの新しい試みを今すぐやるべきなのか」という「?」に対して、対応していく力が求められます。そして、これは非常に難しい課題です。だからこそ、私としてはどんな問題や事態にも対応できるだけの多様性、たくさんの引き出しをもっともっと手に入れていきたいと思っています。また、組織としてのベインで言えば、難しい課題の連続だからこそ、我々が世界中のベインと連携しながら「結果」に向かっていくわけです。言ってみれば、その報酬として成長も実現する、ということですね。

では、最後にお伺いします。そんなベインにこれから参画しようという人材が、
活躍をしていくためには、どんな資質が必要だと思いますか?

【和田】地頭の良さとか、ロジカルシンキングとか、コミュニケーションスキル等々、一般的にコンサルタントに必要だと言われている能力。これらは、ないよりあったほうがいいです。それは当然の前提。けれども、何か1つ、活躍できる人材の条件を挙げるとしたら、やっぱり知識やスキルよりも大事なものがある。私はそれを胆力という言葉で捉えています。要するに、肚の底から問題や危機を解決しようと思っているかどうか。どこまで肚をくくって闘おうとしているか。志の程がベインでは、はっきりと出ます。

この胆力がなければ、互いの成長に関与し合う、というベインのカルチャーにもフィットしないでしょう。ベインがいま引き受ける案件でも目立ってきているのがトランスフォーメーション・プロジェクトです。戦略を立て、その実行プランを練り上げるため、時にはクライアントと合宿までして激論を交わし、お金を集め、人を集めて実行し、そうして結果を出していく。泥臭くてタフな仕事も山ほど発生します。胆力がなければ、根を上げますよ(笑)。

私も、最初は新しい仕事に戸惑うことが多かったと記憶してます。ただこの胆力、志の強さだけはあったと思います。おかげで周囲にも支えてもらい、成長を加速してこれたと思っています。ですから、ベインがずっと示し続けている独自の思想や取り組み方に、心から共感できるかどうかを明確にしてほしいと思います。「共感できる。胆力ならある」と言い切れる人は、ぜひ私たちの仲間になってほしい。そう強く願っています。

プロフィール

写真:和田 寛 氏

和田 寛 氏
マネージャー

東京大学卒業後、農林水産省に入省。農林水産業のビジネスとしての体力強化を通じた地域活性化を目指す中、志願留学。米国デューク大・フュークアスクールオブビジネス校にてMBAを取得。帰国後「結果」になかなか結びつかない構造上の問題やスピード等に疑問を抱き、志を果たすべく2008年、ベインに参画した。その後、総合電機、重電機器、金融機関、不動産、公共サービスなど多様なクライアントと向き合い、ポートフォリオ戦略、PMI、オペレーション変革、デューデリジェンス案件等を担当。幅広い分野と領域で「結果」を出し続けている。

写真:酒井 博史 氏

酒井 博史 氏
アソシエイト コンサルタント

大学院にて都市工学修士とMBAのダブルメジャーを取得後、J.P.Morganに入社。グローバルオファリング、M&Aアドバイザリー等を経験した後、2011年にベインに参画。すでに金融系クライアントのオペレーション変革や通信関連企業の成長戦略立案などで成果を上げているが、将来的には全社的な企業変革を担えるだけの力を獲得し、企業に貢献することを目指して多様なチャレンジを続けている。

この企業の求人情報

無料登録・転職相談

メールマガジン登録