転職のご相談・お問い合わせ

コンサルティング業界に強い専門の
エージェントに転職相談(無料)してみませんか?

1分で完了無料登録・転職相談

画像:株式会社クニエ

現職コンサルタントインタビュー

株式会社クニエ

事業会社出身者、外資系プロフェッショナルファーム出身者、高度な専門性や技術力を保有するメンバーなどなど、多様なエキスパートの存在によって独自の強みを発揮。NTTおよびNTTデータのグループ会社というバックボーンと併せ、日本発のコンサルティングで海外プロジェクトにおいても実績を重ねてきたのがNTTデータビジネスコンサルティングだ。
2009年、同社はザカティーコンサルティング(旧アーンスト・アンド・ヤング・コンサルティング)と融合。Quality Unites Enthuslasms……「品質と熱意の融合」を意味する新社名「Qunie」で再出発した。そして今、Qunieは変革を再開し始めた多くのクライアントから期待を集め、その期待に応えるべくさらなる人員の強化を図ろうとしている。
あらためて「Qunieが持つ独自性や強みとは何なのか?」そして「ここで活躍する人材とは、どのような力の持ち主なのか?」という問いかけに、ディレクターの須藤淳一氏、田中大海氏が答えてくれた。

須藤さんのキャリアを拝見すると、製造の最前線から始まってCAD/PLM関連のベンダーなどを経験し、その後、コンサルタントとしての道を歩まれていますね。

photo_01.jpg【須藤】最初のメーカーにいた頃から気づいていたことがあります。それは「自分が仕事で何を喜びと感じるのか」です。メーカーでも、PLMベンダーでも、どんな仕事でも、必ずお客様という最優先の存在がある。そのお客様が良い方向に変化したり、うまく回らなかったものをうまく回せるようになる局面に自分が携われた時、非常に大きな喜びを感じていたんです。私の場合、こうした喜びをより多く味わえる場を求めていった結果、コンサルティングの仕事を選択していました。

では、数あるコンサルティングファームの中から
「なぜQunieを選んだのか」についても教えてください。

【須藤】いくつか要因はあるのですが、まず第1の理由は、Qunieが非常に自由に動けるプロフェッショナル集団だということです。これは社名が「NTTデータビジネスコンサルティング」から現在の「Qunie」になった今でも、変わりません。誤解しているかたが多いので、ぜひ知っておいてほしいポイントでもあります。NTTデータグループの一員であることが様々な場面で大きな強みにつながっていることはまぎれもない事実です。しかし、だからといって、それがビジネス面で「しばり」「制約」になっているかというとそうではありません。

「しばり」というのは、たとえばNTTデータ関連のソリューションしか利用できない、あるいは、NTTグループ競合企業の案件は扱わない、といったものでしょうか?

【須藤】そうです。そうした制約から完全に自由でいられるのがQunieの特質です。逆に、Qunie以外の外資系大手プロフェッショナルファームのほうが、そうした自由を奪われているケースもあります。本当の意味でお客様に変化を提供して、ともに喜びを分け合いたい、と考えた私にとってみれば、最適な場がQunieだったのです。

Qunieを選択した別の要因とは何なのでしょう?

【須藤】コンサルティングの仕事を経験したことのある人ならば納得してくれると思いますが、「この戦略をこのプロセスで実行し、こういうソリューションを用いれば必ずうまくいく」などという絶対的な解はありません。近年のプロジェクトなどは、特に「もともと答えなどない」かのような問題を解決することが使命になっています。どうすれば解決にまで持って行けるかといえば、クライアントの皆さんと我々コンサルタントが一緒に考え、一緒に動き、そうして成果を重ねて前進していくしかない。どこまで一体となって、物事を前に進めることが出来るかが問われているんです。

Qunieは今「Work with Client」という言葉をキーワードとして掲げていますが、そのカルチャー、価値観はNTTデータビジネスコンサルティング時代から浸透していました。「お客様の会社の一員であるかのように目標に向かって走る」という姿勢が、私には魅力的だったんです。

須藤さんは主に製造業クライアントの案件を担っているとのことですが、
業界の現状をどう見ていますか?

【須藤】私が最近携わっている案件をざっくりお話しますと、大手精密機器メーカーの情報整流化プロジェクト、大手重工メーカーの海外進出プロジェクト、重工関連メーカーの生産ライン改革、自動車部品メーカーの海外ロジスティクス網の見直し......などなど多岐にわたります。今、日本の製造業は、『今までと同じ戦略・業務では戦えなくなる』という危機感が非常に強くなっています。今年に入ってからは確実に従来の戦略・やり方を大きく変えるという取り組みがかなり多くなっている。そう言い切って良いと思っています。

新たなチャレンジにつながるプロジェクトについて、昨年まで予算が凍結していたような現場でも、次々にゴー・サインが出て、特にグローバルを相手にする事案がどんどん増えています。これまで日本の製造業のグローバル戦略は「海外で創る」面でのアプローチが多かったわけですが、今では完全に「より高度に、早く海外で売る」ための挑戦が各所でスタートしています。過去の「アーストン・アンド・ヤング」での欧米企業におけるグローバルプロジェクトの知見・経験を生かし、すでにいくつもの開発・販売系業務におけるグローバル化・プロジェクトで成果を上げることも出来ています。

日本企業によるグローバル案件本格始動という側面の他に、
特徴的な傾向を示すものはありますか?

【須藤】「海外市場に打って出て、そこで販売などの実績をどうやって上げていくか」という課題の他にも、例えばクライアント企業の全社員のワークスタイル自体を改革していくプロジェクト、あるいはスマートフォンやタブレットという最新モバイル環境を生産現場で活用していく大型の現場変革案件なども、つい最近手がけています。

テクノロジーに深く関わるプロジェクトでは、
やはりNTTデータグループとしての強みを期待されるのでしょうか?

【須藤】たしかにそれは差別化要因の1つです。ただし、先ほど申し上げたような「自由な問題解決集団」である特徴をクライアント各社にすでに理解していただいていますから、親会社にとって競合関係にあたるようなクライアントからもオファーは届きますし、これまでに実績も築いてきました。繰り返しになりますが、そこは正しく認識してほしいですね。また、テクノロジー絡みの案件に限らず、今日では「経験値」や「過去の実績」だけでは解決できない先進的課題も増えています。

私にしても、先に挙げたワークスタイル改革やスマホによる業務変革といったフィールドに精通していたわけではありません。「何もかも知り尽くしている個人あるいは組織」など存在しようもないほど、現代の課題は高度且つ早く変化します。それゆえに、「何を知っているか」以上に「問題とどう向き合うか」が問われる。Qunieが専門性やバックボーン、実績面で優位性を持っていること以上に、私が再三「自由であること」を強調しているのも、そうした理由からです。

では、そうした独自性を持つQunieで活躍する人材像とは、どういったものなのでしょうか?

photo_04.jpg【須藤】私が以前から若い層に期待している事柄は「積極性」です。ありきたりの言葉に聞こえるかもしれませんが、私が求めているような「積極性」を備えていない人というのが、実はコンサルティング業界にも数多くいるのです。目の前にある問題を必死で解決していく、という意味では多くのコンサルタントが積極性を発揮します。しかし、絶対的な解のない問題を解決しようとすれば、これまでに手に入れた知識やノウハウを駆使するだけでは足りません。

やはり、どんなにタフな日々を過ごしていても、自発的に時間を創出して、新しい何かを自分の中に取り込んでいくような「積極性」を発揮し続けなければ、価値を提供することはできないと思うのです。非常に残念な現状ですが、アサインする案件が決まってから、そこで初めて必要な知を吸収し始めるような受動的体質が染みついているコンサルタントが業界にはいます。「そういう人は、少なくともQunieでは活躍できませんよ」と言いたいです。

「新しい何かを貪欲に吸収しなさい」と言われても、漠然としていて「何を吸収すればいいのかわからない」という人も出てきそうですが......。

【須藤】まあ、そうして戸惑ってしまう程度の「積極性」しかないようなら、そもそも当社は向いていないかな、という気もしないではありません(笑)。ですが、当社としても組織だった方策を実行してはいます。早朝での情報収集を目的とした案件共有活動などを奨励したり、無駄な会議を極力排除する方向性をマネジメントが提示したり、有限である「時間」を最大活用できるプロジェクト運営を徹底させています。

また単に「情報収集や勉強しなさい」では終わらず、たとえばマネージャーがメンバーに向けてテーマを出し、それについて「論文が書けるレベル」あるいは「外部セミナーで講師を務められるレベル」にまで学びを高めていくような活動もしています。そして実際に、論文提出や講師となって話をするような機会を設け、個人をもっと売り込める環境を作ってあげる。これもQunieが持つ「自由」の1つだと思います。このような環境を「面白い」と思える人ならば、確実にQunieで活躍を手にしていくことができます。

やはりQunieの最大の強みは「自由」であり、その自由を活かすには「積極性」のある人材であることが不可欠、ということでしょうか?

【須藤】私はそう確信しています。「しばり」がないから経験がないもの、やりたいものにチャレンジができる。実績とバックボーンがしっかりしているから大きなチャレンジに着手できるチャンスがある。それを他ではなかなか手に入れられない面白さだと感じ、積極性を随所で発揮していける人ならば、必ず成長と活躍を実現していける環境だと思っています。

プロフィール

写真:須藤 淳一 氏

須藤 淳一 氏
ディレクター

大学卒業後、大手精密光学機器メーカーに入社。製品設計や量産立上業務等に携わった後、外資系PLM(Product Lifecycle Management)ベンダー、製造業向けコンサルティングファームを経て、2007年よりNTTデータビジネスコンサルティング(現Qunie)。重工業、機械、精密機器メーカーをはじめ自動車製造関連など、広く製造業全般を対象に多様なプロジェクトに関わっている。

写真:田中 大海 氏

田中 大海 氏
ディレクター

大学卒業後、大手電機メーカーに入社。購買および生産業務等に携わった後、外資系コンサルティングファーム、M&Aアドバイザリーファームを経て、2009年よりNTTデータビジネスコンサルティング(現Qunie)。製造メーカーを主なクライアントとし、多様な案件に携わる中、近年はQunieにおけるSCM事業のリーダーとして活動している。

注目ファームの現職コンサルタントインタビューの最新記事

一覧を見る
初めての方へ 私たちキャリアインキュベーションについて

転職のご相談・お問い合わせ コンサルティング業界に強い
専門のエージェントに
転職相談(無料)
してみませんか?

各社の採用ニーズを熟知し、業界のキーマンともリレーションを持つ専任コンサルタントが転職活動を支援します。
求人紹介はもちろん、最適なキャリアを提案します。

  • 転職成功者の90%以上が
    満足と回答

    初回面談から内定まで平均6か月。
    貴方のペースに合わせて
    納得できる転職活動を支援します。

  • 安易に転職は勧めず戦略的に
    最適なキャリアを提案します

    コンサルタントは狭き門です。
    焦って応募して後悔しないよう
    準備が整うまで伴走します。

  • 最難関の戦略ファームへの
    紹介実績は200件以上

    コンサル業界1000件以上の転職成功
    実績は業界トップクラス。転職支援の
    自信は数に裏打ちされています。

1分で完了 無料登録・転職相談

現在約6000人以上が登録中!
転職活動にすぐに役立つ
メールマガジン(無料)もございます。

メールマガジン登録(無料)