転職のご相談・お問い合わせ

シニア・ミドルマネジメントに強い
専門のエージェントに転職相談(無料)してみませんか?

1分で完了無料登録・転職相談

注目企業インタビュー

HITOWAホールディングス株式会社

HITOWAが備える有力なポートフォリオを
それぞれ強化していけるリーダーが今こそ必要。

「HITOWAにはユニークな事業ポートフォリオが揃っています。しかも、どれもが社会の求めるニーズに応えるサービスとしてご支持をいただいている。今後も、私たち次第でもっと多くのお客様に価値を届けることができるはずですから、個々の事業会社で変革を実行していく経営人材、リーダーが必要なのです。そのためにはまず、我々ホールディングスが責任を持って、事業会社の経営陣とともにそういう担い手を育て、バックアップしていかなければいけません。経営人材育成のための道場を開くのだと捉えてくれてもいいでしょう。HITOWAの手がけるサービスや事業の現場に情熱を抱き、なおかつ数値・データの理解や洞察も深く、一人のプロ経営者として成長にコミットしてくれる人材を求めることにしました」

事業会社それぞれのトップに寄り添いつつ、ハンズオンで変革を推進していく役割。これが不可欠というわけだ。では、どのような人物を望んでいるのだろうか?

今田氏は自身がそうだったように、「当該事業の経験の有無は必ずしも関係ない」と語る。経営数値から正しい方向性を判断でき、会社として目指すべきビジョンや戦略を、現場の実情も踏まえた上で策定・発信・共有・実行していけるのであれば、キャリア上のバックボーンは問わないという。

photo02.jpg

「現役コンサルタントとして経営に対峙し、活躍されている人の中には、もっと手触り感のあるリアルな立場で経営に携わっていきたいと望んでいる人も多いでしょう。その一方で、自分にできるだろうか、という不安を抱えている人も少なくないかもしれません。でもその点は私を信頼してほしいと思います。私もかつて小森さんやスコットさんに支えてもらいながら、一つひとつ学び取っていきました。ですから私としても全面的なサポートをしていくつもりでいます」

あえて「コンサルタントと経営者は別物。コンサル出身者にリアルな経営はできない」というようなネガティブな通説もあることを伝え、それについて質問をすると、今田氏ははっきりこう答えた。

「そんなことはありません。今非常に多くのコンサルタント出身者が経営者として成功しています。私自身、マッキンゼーで厳しく鍛えられたおかげでタフなマインドセットやプロフェッショナルとしての規律を得ることができましたし、当時学んだマネジメント手法やフレームワークの数々もリアルな場面でとても役立っています。世間で言われているネガティブな通説の裏には、コンサルというのは理屈っぽくて取っつきにくい、という認識もあるのかもしれません(笑)。ただ、コンサル出身だろうがそうでなかろうが、頑なで他のメンバーに耳を傾けられない姿勢の持ち主には良い経営なんてできません。組織にはそれぞれ固有の価値観や癖、エネルギーの源泉というのがありますし、業界固有のお作法のようなものもある。ですから共感力を発揮し、順応していける豊かな人間性の持ち主であることは大前提になります」

ファンドのもとで経営に着手できる。
これもまた千載一遇のチャンスだと捉えてほしい

今田氏はまた、ファンドの資本が入っている状況もポジティブに捉えてほしい、と語る。
「CVCは規模も大きく、歴史も長いPEファンドです。一貫して当事者である経営陣や従業員とともに変化していこうという姿勢を持ち、常に我々とオープンに議論できる関係を持っています。その中で、規律を持ってロジカルに行動できる点、合理的であれば積極的に投資できる点、ファンドの持つ幅広いプロフェッショナル・サービスやネットワークを活用できる点など、ファンドの傘下で経営をするポジティブな面を強く実感しています」

さらにホールディングス強化のため参入を果たした高橋豪氏と井上耕平氏の存在についてもこう語る。

「2人とも、私に負けず劣らず多彩な経験をしてきた人物。そして極めて優秀な人物です。そんな2人が加わっていることもまたHITOWAが可能性に満ちていることを示していますし、今後参画してくれる皆さんは、この両者からも知見や経験値を吸収していくことができます。ここまで強力な陣容で新創業に向かっていける環境はめったにない。ですから、是非このチャンスを活かして経営者として自立していこうという情熱を持ったかたがたに、参画していただきたい。心からそう願っています」

プロフィール

写真:今田 健治 氏

今田 健治 氏
代表取締役社長 CEO

東京大学工学部都市工学科を卒業後、安田信託銀行(現みずほ信託銀行)に入行。都市開発事業等に携わった後、ノースウェスタン大学ケロッグ校へ留学しMBAを取得。2000年にマッキンゼー・アンド・カンパニーへ入社すると、5年間の在籍中に金融、IT、ヘルスケア等多数の企業変革を担った。2005年にユニゾン・キャピタルへ転じた後は、旧カネボウの経営再編に携わり、2010年にはドミノ・ピザジャパンの代表取締役執行役員に就任して同社の経営変革を牽引。その後2017年、HITOWAホールディングスの代表取締役社長に就任した。

プロフィール

写真:井上 耕平 氏

井上 耕平 氏
常務執行役員 CSO

早稲田大学政治経済学部卒業後、日本輸出入銀行(現 国際協力銀行)に入行。資源金融を担当した後、シラキュース大学マックスウェル行政大学院でのMPA取得を経て、マーサー ジャパン、ブーズ・アレン・ハミルトン(現PwCコンサルティング)でコンサルティング業務に携わった。2009年、ワタミの介護(現SOMPOケアネクスト)に転じてCFO兼経営企画担当執行役員を務め、2012年には、いきいき(現ハルメク)で事業開発室長に就任。2014年以降、フィフティ・プラス・ベンチャーズ(現ハルメク・ベンチャーズ)で代表取締役社長を務めてきたが、HITOWAからの要請を受け、2018年1月より現職。

写真:高橋 豪 氏

高橋 豪 氏
執行役員/経営企画・WEB&プロモーション担当

京都大学経済学部を卒業後、三菱重工に入社。同社神戸造船所にて主に船舶関連事業に携わった後、ミシガン大学ビジネススクールでのMBA取得を経て、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。ハイテク産業をはじめ多様な企業の経営変革に携わり、エンゲージメントマネジャーを担った後、介護・医療・ヘルスケア事業のSMSに入社。取締役として7年間の在籍期間中に事業開発や医療事業、ケアリハ事業、公共経営推進部門などを統括。2016年、それまでの実績を買われKDDIのヘルスケア事業に招聘されていたが、HITOWAからの要請を受け、2017年4月より現職。

注目企業インタビューの最新記事

一覧を見る

この企業の求人一覧

初めての方へ 私たちキャリアインキュベーションについて

転職のご相談・お問い合わせ シニア・ミドルマネジメント
ポジションに強い専門のエージェントに
転職相談(無料)
してみませんか?

各社の採用ニーズを熟知し、業界のキーマンともリレーションを持つ専任コンサルタントが転職活動を支援します。
求人紹介はもちろん、最適なキャリアを提案します。

  • ご相談いただいた方々の
    顧客満足度は90%以上

    初回面談から内定まで平均6か月。
    入念な準備と余裕を持った進行で
    納得できる転職活動を支援します。

  • 安易に転職は勧めず戦略的に
    最適なキャリアを提案します

    内定はゴールではなくスタート。
    経験・スキル・カルチャーフィットも
    含めた企業・求人情報を提供します。

  • 35歳以上のオファー年収は
    平均1500万円以上

    40歳以上は平均1700万円以上。
    3000万円を超えるポジションまで
    キャリアに応じてご紹介可能です。

1分で完了 無料登録・転職相談

現在約6000人以上が登録中!
転職活動にすぐに役立つ
メールマガジン(無料)もございます。

メールマガジン登録(無料)