求人企業

ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア株式会社

ベアリング・プライベート・エクイティ・アジアは、1762年にフランシス・ベアリングによって設立された、マーチャント・バンクであるベアリング銀行を起源とするプライベート・エクイティ・ファンドです。
1995年にベアリング銀行がオランダの生命保険・金融グループのING社の傘下に入り、1997年からアジア投資を開始。2000年にING社からアジア地域部門がベアリング・プライベート・エクイティ・アジアとして独立しております。
現在は香港、北京、上海、ムンバイ、シンガポール、ジャカルタ、東京に拠点を構え90名のプロフェッショナルが事業拡大、資本再構成、M&Aにむけた資金を必要とするアジアの中堅企業(企業総価値が1億~5億米ドル)に対する投資を行っております。

募集職種

会社概要

会社名

ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア(http://www.bpeasia.com/

所在地

東京都港区六本木

設立日

2006年(東京オフィス開設)

事業内容/PR

日本オフィスは2006年に設立され、税制優遇のある福利厚生食事券サービスを手掛けるバークレーヴァウチャーズへの投資からスタートしております。
現在日本法人には丸岡正氏、Shane Predeek氏、Kenneth Albolote氏等3名のMDが在籍し、投資活動を行っております。

・丸岡正氏
野村證券、野村証券のジョイント・ベンチャー・パートナーであるワッサースタイン・ペレラのニューヨークオフィスを経て、モルガン・スタンレー・ジャパンの投資銀行部門にてメディア部門を担当。

・Shane Predeek氏
ワッサースタイン・ペレラ(当時のドレスナー・クラインオート・ワッサースタイン)で日本におけるM&Aを担当。その後、リップルウッド・ジャパンにて投資業務に従事。

・Kenneth Albolote氏
ワッサースタイン・ペレラ(野村企業情報)のニューヨーク及び東京オフィスにて勤務。その後、香港のゴールドマン・サックスを経て、カーライル・ジャパンの設立メンバー。アジア開発銀行での中国プライベート・エクイティを担当した経験も持つ。

・日本での投資実績
-バークレーヴァウチャーズ
-LADVIK
-ペイロール
-プリモ・ジャパン
-ネットジャパン
-武州製薬

無料登録・転職相談

メールマガジン登録