求人企業

株式会社シグマクシス

2008年に元日本IBM副社長、PwCジャパン社長だった倉重英樹氏が三菱商事株式会社と投資会社RHJインターナショナルの共同出資により設立したコンサルファーム。2013年12月に東証マザーズに上場しています。 “コラボレーションによる価値創造”を掲げ、業界では難しいとされてきた、成功報酬型の契約モデルなどクライアントに成功をもたらすことにコミットする姿勢を大事にするファーム。 経営コンサルティングだけでは無く、ベンチャー投資、買収、クライアントとジョイントベンチャーの設立など事業モデルも多様です。外資戦略コンサル出身者、PEファンド出身者も活躍されています。

会社概要

会社名 株式会社シグマクシス
URL http://www.sigmaxyz.com/
所在地 東京都
設立日 2008年5月
会社概要・沿革 従業員数 390名 売上 107億円 【沿革】 2008年 三菱商事、RHJインターナショナル共同出資により株式会社シグマクシス設立、ユーフォリンク株式会社合併 2013年 東証マザーズに上場 2014年 株式会社SXA設立 M&Aアドバイザリー事業開始 2015年 ローソンとの共同出資で「株式会社ローソンデジタルイノベーション」を設立
事業内容 企業価値創造を支援するビジネス・コンサルティング・サービス及び事業投資 (企業戦略立案、企業革新、企業情報システムの構築)
特長 『シグマクシスは、お客様からの依頼に対してサービスを提供し、フィーをいただく、という“サービス提供者”の立場にとどまることなく、「お客様とゴールを共有してともにそれを達成する」というパートナーシップの関係を前提に、活動します。お客様との関係が“発注者”と“受注者”という対峙関係では、ゴールの共有ができないだけではなく、繰り返される“ネゴシエーション″で時間もエネルギーも消費しますが、知恵と経験を出しあい、一つのチームで成果実現に向けて活動する“コラボレーション”は、圧倒的に楽しいものです。「頼まれたことに対応する」のではなく、「ともにゴールに向けてやりとげる」。その結果手にする価値と喜びを、お客様とともに追求していきたい、と思うのです。』(https://www.sigmaxyz.com/recruit/message/president.php) と掲げる通り、企画から実行まで寄り添うスタイルがシグマクシスの特徴。 【他社との違い】https://www.sigmaxyz.com/recruit/work/difference.phpより抜粋 ●Xpartner シグマクシスとお客様は、「サービスを提供した対価として報酬を得る」というフィービジネスの関係性を越え、リスクとリワード共有する「Xpartner」であることを目指します。新たな価値創造するという目的に向け、互いのスキル、技術、ネットワークを生かしてコラボレーションするこの関係性を、コンサルタント⼀人ひとりがお客様との間に築きます。これにより、互いをより主体的かつモチベーションの高い状態へと引き上げながら、プロジェクトを遂⾏します。 ●ワンストップ・ショッピング(End to End) 従来型のコンサルティング・サービスでは、プロジェクトフェーズごとに戦略コンサルタント、業務コンサルタント、システムインテグレーターといった専門プレイヤーが入れ替わりながら、それぞれのサービスを提供しています。多様な人財が集結するシグマクシスは、戦略⽴案からビジネスモデル設計、プロセス・システムの設計・構築・導入、そして運営までの全フェーズをワンチームで実⾏。フェーズ間がシームレスなワンストップ・ショッピングのプロジェクトは、その進⾏スピードを上げるだけでなく、品質の向上にも貢献します。これにより、お客様とのXpartner としての信頼関係も、さらに強化しています。 ●シグマクシスの視点 企業が市場で競争⼒を得るには、新しいビジネスモデルの創出をはじめとしたダイナミックな変⾰が不可避です。こうした中、お客様が必要としているのは、従来のようなベストプラクティス型のコンサルティングではありません。経営環境の変化およびそのインパクトを⾒据え、お客様ごとのユニークな戦略と実現シナリオを描き、スピーディーに実現していくモデル。シグマクシスのコンサルタントは「知識の提供」ではなく、世の中を先読みする「視点」と「実⾏⼒」で価値を生み出しています。 ●アグリゲーション お客様の経営課題解決にあたって重要な要素のひとつが、スピード。そこで私たちが実践しているのが、アグリゲーションによるプロジェクトチームの組成です。自前主義を捨て、社外に存在するスキル、ノウハウ、テクノロジーを⾒つけ出し、組み合わせることで、品質に妥協することなくプロジェクトをクイックスタート。また、組織や業界の枠を越えた多様な視点を持った人財がコラボレーションすることで、自社だけでは生み出せなかった発想が生まれることも多々あります。お客様がビジネスパートナーになり得るなど、アグリゲーションを通じた新たな関係性で、ビジネスを生み出すことにもチャレンジしています。 トライ&ゴー ビジネス環境が変化し続ける中、企業はそのスピードに遅れることなく、自らも変化し続けなくてはなりません。そこでシグマクシスでは、ビジネスプロトタイピング型のアプローチを採⽤。アイデアをまず実践し、課題が⾒つかれば即時にチューンナップする、トライ&エラーを繰り返しながら前進することで、数か月単位での価値創出を実現します。過去に⽴証されたアプローチ、自社の⽅法論、顧客企業のプロセス踏襲を重視する従来型のコンサルティング・サービスとは⼀線を画す、柔軟性とスピードを重視したアプローチです。 ●コンサルティング・サービス × M&A × リアルビジネス 2013年の株式上場を機に、シグマクシスはリアルビジネスへの進出を果たしました。市場からお預かりした資⾦に加え、コンサルティング事業で培ったスキル、人財、ネットワークを生かし、お客様やビジネスパートナーなど社外のプレイヤーとともにジョイントベンチャー、ジョイントサービスを⽴ち上げるなど、世の中に新たな価値を生み出しています。また、2014年にはM&Aアドバイザリーサービスを提供する「株式会社SXA」を設⽴。企業の成⻑戦略実現の選択肢として⽋かせないM&Aを、コンサルティングから実⾏までのEnd to Endで遂⾏しています。 この3事業間で人財交流を活性化することで、互いのビジネスで得たノウハウ、技術、ネットワークを共有。それぞれの事業価値をさらに高めています。
社風・理念
担当コンサルタントより

募集職種

無料登録・転職相談

メールマガジン登録