【未経験者必見】コンサルティングファーム転職情報まとめ

【未経験者必見】コンサルティングファーム転職情報まとめ

ここ数年、テクノロジーの急速な進歩や消費者の価値観の多様化、異業種や海外から続々と競合企業が市場に参入してくるような未曾有の変化に対処するため、多くの企業がコンサルタントを招聘し、変革のアクセルを踏む動きを加速させています。以下のページに掲載されているコンテンツは、現役の戦略コンサルタントが、プロジェクトの現場や個人的なネットワークを駆使して得た、経験や知見に基づいて執筆したもの。具体的には、コンサルティング業界の最新動向や著名なコンサルティングファームの紹介、コンサルタントに求められるスキルおよびキャリアパスの実際、未経験のコンサル転職を成功させるためのノウハウや転職事例、さらにコンサルタントのライフプランや業界をとりまく誤解など、現役コンサルタントならではのコンテンツ集となっています。いずれも未経験からコンサルタントを目指す方にとって参考になるものばかりです。ぜひ今後のキャリアプランニングの参考のためにご一読ください。

Profile

プロフィール

写真:戦略コンサルタント

戦略コンサルタント

大学卒業後、HR系スタートアップにジョインした後、国内外のコンサルティング・ファームを経て外資系トップ戦略コンサルティング・ファームへ転職。現在、コンサルタントとしてのみならずファーム経営の舵取りも実施。


コンサル業界解説

コンサルタンティングファームへ転職を成功させるには、コンサル業界の最新情報を常にチェックすることが第一歩になります。コンサルティングファーム同士の合併や事業会社の買収、パートナーの人事、組織再編などにまつわるニュースは、コンサルティングファームのビジネス戦略や企業としての方向性を知る上で、とても重要な情報源となります。また、パートナーやコンサルタントが執筆した書籍やインタビュー記事、対談、講演に関するレポートなどからは、コンサルティング現場の実態や顧客ニーズの変化、教育・評価制度への考え方、社風や企業文化など、一般のニュースからはうかがい知れない内情を垣間見ることができるでしょう。このページでは、こうしたニュースや情報源に触れた際、理解の助けとなる業界の成り立ちや専門用語の解説、さらにコンサルティングファーム各社の特徴や業界の最新トレンドなど、コンサルティング業界への転職を志す方々が知っておくべきコンサルティング業界の基本情報をお届けします。

コンサルティング業界と有名ファームについての基礎知識

更新日:2023.11.20

コンサルタントの転職を考えた際に、まず知っておきたい基礎知識をご紹介します。 コンサルティングファームの種類と特徴 「コンサルティングファーム」と一口で言っても、取り扱う業務や分野は多岐にわたります。大きく分けると、コンサルティングファームは ① 戦略...

「コンサル意味ない」と言われない!重要性を理解されるコツ

更新日:2023.09.14

はじめに コンサルタントにとっての"クライアント"は、最終的に社内予算からコンサルティングフィーを支払い、コンサルタントからの提案に基づき意思決定を行う、いわゆるプロジェクトオーナーとその他のメンバーに分かれます。 さらに、その他メンバーも実質的にプロジ...

戦略コンサルと総合コンサルの違いとは?

更新日:2023.07.31

はじめに 以前に比べて、近年では戦略ファームと総合ファーム間でのコンサルタントの行き来が増えています。そのため、最近の傾向としては、戦略ファームか総合ファームかでの違いは大きく存在するものの、どちらかといえばパートナーやシニアマネージャーに紐づくチーム間...

現役コンサルに聞く!コンサルの人材不足をどう解消すればいいと思いますか?

更新日:2023.06.05

はじめに 戦略ファームでのコンサルタント不足の傾向は、長く続いている問題です。 現在、私は戦略ファームで中途採用を預かっておりますが、その立場としても引き続きコンサルタント不足に悩むと予測しています。 しかし、以前ほどの逼迫した状況は落ち着き始めている...

コンサル業界解説の
すべての記事を見る

有名コンサルファーム

ここ数年、メディアを通じてコンサルタントの存在や発言を目にする機会が増えてきました。しかしその一方で、業界を取り巻く経営環境の変化が速く、企業ごとの特徴やグローバル市場におけるポジションなどを正確に把握することが難しくなっているのではないでしょうか。たとえば、2010年代半ばからコンサルティング会社同士の経営統合やデザインファームの買収などにより、業界の再編が急ピッチで進んでいます。また、大手コンサルティングファーム自身がデジタル専任部隊を相次いで発足させ、自社のサービスラインに「デジタルトランスフォーメーション」(デジタル技術による企業変革)や「オープンイノベーション」(外部との共創を前提としたサービス開発)を組み込むなど、従来のコンサルティングビジネスには見られなかった取り組みが進んでいることも、業界の全体像をつかむ上で大きな障害になっているようです。このページでは、世界的に著名なコンサルティングファームの概要や最新動向についてご紹介するとともに、近年活動を活発化させている新興コンサルティングファームの動向についてもお伝えします。

転職前に知っておこう。コンサルティングファームの種類と特徴とは

更新日:2017.02.13

コンサルティングファームと一言で言っても、実は企業ごとに仕事の内容は変わってきます。 本日は主なコンサルティングファームの種類と特徴についてお話したいと思います。 コンサルティングファームの種類と特徴 ①戦略系コンサルティングファーム 主に大企業や海...

コンサルティングファームの転職先にはどのようなところがあるか?種類や特徴を解説

更新日:2016.09.29

今回は、コンサルティングファームの主な種類と特徴について、ご紹介します。 戦略系コンサルティングファーム ●主な企業:マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループ、ベイン・アンドカンパニー、A.T. カーニー 等 ●企業が抱える...

有名コンサルファームの
すべての記事を見る

スキル

コンサルタントには経営に関する知識に加え、論理的思考力やプロジェクトをマネジメントするファシリテーション力、コミュニケーション力などが求められますが、特別な資格が必要な職業ではありません。しかし、各種プロフェッショナル資格や、経営学修士(MBA)を保有するコンサルタントは、活動領域を広げられるだけでなく専門性を深めることができるでしょう。またグローバル案件を数多く扱うコンサルティングファームにおいては、英語や中国語などの外国語に堪能であることや、現地のビジネス習慣や法制度に精通していることが、採用や昇進・昇格の条件になることも少なくありません。これはコンサルタンティングファームの特徴や担当する業界やセグメント、プロジェクトが目指すゴールなどによって、コンサルタントに求められるスキルが大きく変化することを意味します。このページでは、現場での最前線で活躍するコンサルタントに求められるスキルや資格、知識や経験などについて解説します。

コンサルの役職「ディレクター」の仕事内容とディレクターが活躍するプロジェクトの例

更新日:2023.10.16

はじめに コンサルティングファームでは通じるものの、事業会社ではあまり聞きなれない役職タイトルがいくつか存在します。 その中でも、代表的なタイトルが「プリンシパル」・「ディレクター」といった役職タイトルではないでしょうか。 正直なところ、役職タイトルの...

コンサルに大切な「課題設定力」とは?

更新日:2023.05.15

はじめに 近年、コンサルティング業界以外の企業でも「イシュー(課題)が大事」という認識が徐々に浸透してきていると感じます。 イシューと横文字で表現をしなくても、日本では以前より「目のつけどころが大事」といった言葉も使われていることから、概念としては慣れ...

コンサルがジェネラリストとして成長するために必要なこと

更新日:2023.02.20

はじめに どのコンサルタントも一定のコンサルタントとしてのベースと特定領域での専門性の二階建てでケイパビリティが構成されています。前半のベース部分でよく取り上げられるのが、ロジカルシンキングやクリティカルシンキングといった思考法から、エクセルを駆使した分...

現役コンサルに聞く!1番好きなフレームワークを教えて下さい

更新日:2023.02.06

はじめに コンサルティング業務を長く続けているとコンサルタントが作成した資料か否かを精度高く見極めることができるようになります。そして色使いやフォント、パワーポイントのリードの書き方などから、どのファームが作成した資料かもほぼ分かるようになります。 例...

スキルの
すべての記事を見る

キャリアパス

読者のみなさんは、コンサルティングファームに入社できる人とそうでない人にはどのような違いがあるとお考えでしょうか。「業界未経験者にチャンスはあるのか」「採用に際して学歴はどの程度影響するのか」「留学経験があると選考が有利になるのか」といった問いは、コンティングファームでのキャリアパスに興味をお持ちの方々なら、誰しも気になるポイントといえるかもしれません。結論から申し上げると、仮に業界経験がなくても、著名大学や海外の大学を卒業していなくても、コンサルティングファームに採用される可能性はあります。では多くのコンサルティングファームはどのような人材を必要とし、どのような採用基準に則って人材の獲得に乗り出しているのでしょうか。このページでは、業界未経験者がコンサルティングファームでキャリアを築いていく上で欠かせない素養や能力に加え、年齢や過去の実績、コンサルティングファームのカテゴライズによって異なる採用のポイント、さらにその背景にある採用方針などについて詳しく解説していきます。

コンサルタントを辞めるか迷ったら[入社2年目編]

更新日:2024.02.19

はじめに コンサルティングファームで働いた1年は、事業会社で働いた3年分に相当するとも言われます。そのため、1、2年ぐらいコンサルティングファームで働いていると、古株とまでは言いませんが中堅層として、結構昔から働いているよねという扱いとなりますし、本人た...

コンサルタントを辞めるか迷ったら[入社半年編]

更新日:2024.02.05

はじめに 何十年間もの間、新たなにコンサルティング業界に転職し、残る方、去る方を見てきました。 最近は入社後にオンボーディングの位置づけでトレーニング期間が厚めにとられていますが、コンサルタントとして長く勤務し続けられるかどうかの最初の見極めポイントはそ...

より有利な条件で転職するためのコンサルタントのキャリアパス

更新日:2023.12.18

コンサルタントとして転職する際の心構え 業界を問わず、転職後はこれまで培った常識を捨て(アンラーニング)、新たな組織で価値を創出するために最適化された行動様式やスキルの習得(ラーニング)をすることが求められます。 それに加えて、コンサルタントへの転職で...

中小企業からコンサルに転職するための方法を解説

更新日:2023.09.29

はじめに 中小企業からコンサルティング業界へ転職する方と面接する事例は意外と多くありません。 それは、コンサルタントが一次面接で会う候補者は既に中途採用エージェントにスクリーニングされているためです。 現在のコンサルティング業界における中途採用はエージェ...

キャリアパスの
すべての記事を見る

志望動機

事業会社の場合、採用において応募者の志望動機を重視する場合が少なくありません。ではコンサルティングファームの採用において志望動機はどのような意味があるのでしょうか。コンサルタントとしての資質や能力が満たされていれば、志望動機といった客観的な指標が存在しない質問項目を重要視することはなさそうですが実態は違います。コンサルティングファームによって多少の差異はあるものの、特定の分野における際立った知識や経験と同じぐらい重要視されることがほとんどです。なぜなら、志望動機への答え方次第で、応募者の論理思考力やプレゼンテーション能力の有無を推し量ることができるからです。また、採用後に達成したい目標が明確な人ほど、困難に直面しても乗り越えられる可能性が高いと考えられているのも、理由のひとつに挙げられるでしょう。とはいえ、そもそもコンサルティング会社で働いたことはない人材が、志望動機をどうまとめ、どう語るべきか悩むケースは多いはずです。そこでこのページでは、コンサルティングファームへの志望動機を明確にするための方法をご紹介していきます。

コンサルタント向けキャリアセミナーとは?特徴と受講するメリット

更新日:2024.01.15

はじめに ウェビナー(Web経由でのセミナー)の浸透に伴い、以前よりコンサルタント向けキャリアセミナーが開催される機会は増えています。開催される目的はほぼ自社を志望する採用母集団の形成にあります。 但し、コンサルティング業界自体の拡大に伴い、ここ数年の...

コンサル転職のための志望動機例10選

更新日:2023.09.04

はじめに 採用面接時に聞く志望動機のほとんどは紋切り型であるなという印象を、面接担当をしていた立場としては感じています。 もちろん「なぜ転職をしたいか?」については、それぞれの候補者にストーリーがあります。 しかし「なぜ転職先として、このファームを志望す...

コンサルティングファームへ転職する方必見!履歴書の書類通過率上げる4つのコツとは

更新日:2017.05.22

コンサルティングファームへの転職を考えている方にとって最初にぶつかる悩みは、履歴書の書き方かと思います。本日は、履歴書の書き方に関するポイントについてお話したいと思います。 履歴書を書く際のポイント1 どの様な仕事をこれまでしてきたのかが、具体で伝わる書き...

既卒でもコンサルティングファームへ転職できる!重要なのは既卒入社の理由

更新日:2017.01.23

最近は大学卒業後にすぐに就職するのではなく、様々な経験をしたのちに就職する既卒入社をされる方が増えつつあります。ヤフーの新規学卒一括採用制度の廃止も記憶に新しいですが、今後そのような企業もますます増えてくることも踏まえると、学生の方にとっても既卒入社という選択...

志望動機の
すべての記事を見る

面接対策

コンサルタントにとってなくてはならない能力に論論理的思考力やプロジェクトをマネジメントするファシリテーション力、コミュニケーション力があることは、コンサルタント志望者であればご存じでしょう。採用希望者は面接や筆記試験など採用選考の各過程で、これらの能力について子細にチェックされることになるわけですが、応募者はどのようなポイントに気をつけるべきなのでしょうか。むろん、表面的な小細工を労することなく、ありのままの自分を伝える努力をすべきなのはいうまでもありません。しかし事前に正しい履歴書や職務経歴書の書き方、筆記試験の対策、面接での話し方や回答の方法を知っておけば、初歩的なミスを犯したり、想定外の質問に戸惑ったりすることなく、チャンスをものにする確率を高めることができるのは間違いありません。このページでは、面接や筆記試験を突破するために必要な準備や、ケースインタビューへの対処方法など、コンサルティングファームの採用選考対策に役立つさまざまな情報をご紹介します。

コンサルタント向けキャリアセミナーとは?特徴と受講するメリット

更新日:2024.01.15

はじめに ウェビナー(Web経由でのセミナー)の浸透に伴い、以前よりコンサルタント向けキャリアセミナーが開催される機会は増えています。開催される目的はほぼ自社を志望する採用母集団の形成にあります。 但し、コンサルティング業界自体の拡大に伴い、ここ数年の...

コンサル業界への転職を成功させるためのステップバイステップガイド

更新日:2023.11.06

他の業種と同様ですが、コンサルティングファームへ中途入社する際には筆記試験・面接試験などの採用試験を実施しているファームがほとんどとなります。 特に、面接試験はコンサルティングファーム業界独特の面接スタイルをとっている企業が多く、他業種からの転職の際は事前...

コンサル中途採用でつまずきがちなポイントと対策

更新日:2023.07.14

はじめに 最近、コンサルティングファームの中途面接で志望動機すらしっかりと筋道のたった説明が出来ない方が多くなってきた印象を持ちます。 以前であれば、コンサルティングファームへの中途面接にやってくる候補者は、有名なケース面接(フェルミ推定、等)の練習を徹...

コンサル転職で、ケース面接対策にはどれくらい労力を割くべきか

更新日:2022.11.14

はじめに コンサルティングファームの採用選考で、以前は必ずといって良いほど実施していたのがケース面接です。最近はケース面接が行われないこともあると聞いていますが、戦略ファームの場合は今でもほぼ全てのファームで実施しているのではないでしょうか。 実施して...

面接対策の
すべての記事を見る

コンサル転職事例

例年、コンサルティングファームへ転職する方々の年齢やバックグラウンドは一様ではありません。そのためどんな人材がコンサルタントへの転職に成功するのか、傾向がわかりづらいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。実際、どのコンサルティングファームも、選考プロセスや面接で重視されるポイントは概ね同じとはいえ、事業会社での経験や転職時の年齢、また、志望するコンサルティングファームのカテゴリーが、戦略系、総合系・業務系、人事系、財務アドバイザリー系のどれに当てはまるかによって、人材を評価するポイントや基準が少しずつ異なります。そのため転職に成功した方々の事例を知ることは、「過去の業界経験や業務経験がどこまで評価されるのか」また「自分が志望するコンサルティングファームに適性があるのか」といった疑問を解消する際の参考になるはずです。このページでは、転職を機にコンサルタントになった方々の実例の紹介を通じて、コンサルティングファームの選び方やキャリアパスの描き方について解説して参ります。

シニアコンサルのよくある転職理由2つ

更新日:2023.01.23

はじめに コンサルティング業界で働いていると転職へのハードルは驚くほど低くなります。特にマネージャー手前までの時期は新しいプロジェクトに入る感覚でファームを異動するケースも散見されます。 ただし、コンサルタントはしたたかにマーケットからのキャリアの見え方...

公務員からコンサルへの転職を考える方に向けたアドバイス

更新日:2022.10.17

はじめに 以前より、公務員からコンサルティング業界へキャリアチェンジされる方をちらほらと見かけました。 ただし、かつての公務員からコンサルティング業界へのキャリアチェンジといえば、採用時の試験区分によって分類される幹部候補グループ(いわゆる、"キャリア...

コンサルの転職理由

更新日:2020.02.28

はじめに 皆さんのイメージ通りかと思いますが、コンサル業界内では転職話は珍しいことではありません。 コンサルタントとして活躍する方の多くは、 「所属するコンサルティングファームに関わらず、自分自身の能力1つでクライアントへ成果の創出ができる」 という自信...

コンサルティングファームへの転職成功事例

更新日:2016.09.29

国内大手EC企業から、戦略コンサルタントへの転身に成功されたTさん(29歳)の転職体験談です。 プロフィール 名前:Tさん 年齢:29歳 職歴:学歴:慶應義塾大学法学部卒 職歴:国内大手EC企業から、戦略コンサルタントに転職 1. 転職を考えたきっか...

コンサル転職事例の
すべての記事を見る

ライフプラン

志望するコンサルティングファームの勤務体制や福利厚生、さらに査定方法や年収体系について知っておくことはとても重要です。結婚や出産、育児、介護などのライフイベントに対してどのようなサポートを用意しているのか。またコンサルタントのキャリアアップやスキルアップを支援する制度や体制が整っているかどうかは、自分に合ったコンサルティングファームを選ぶ上で大事なポイントであるのはもちろん、コンサルタントとしてのキャリアや、その先にある「ポスト」コンサルタントとしてのキャリアプランニングとも無縁とはいえません。また近年、深刻化する少子高齢化社会を背景に、女性が活躍する社会の実現や働き方改革に注目が集まっていますが、こうした面においてコンサルティングファームとコンサルタントとの関係性に変化があるのかどうかという点に関心を持つ方も増えています。このページではコンサルタントのライフプランに関連する情報をご紹介しながら、コンサルティングファームで働くことの意味やメリットについて検討していきます。

コンサルタントのライフプラン~キャリアアップから福利厚生まで~

更新日:2023.12.04

はじめに 近年のコンサルティング業界では、10年以上の長期就業か、3年以内の短期転職という二極化が見られ、ワークライフバランスを重視する転職が増えています。 皆さんもご存知の通り、ワークライフバランスはワークとライフの2つの構成要素で成り立ちます。そし...

地方でもコンサルとして活躍できる?コンサルのUターン・Iターン事情【東京から地方への移住】

更新日:2022.10.31

はじめに 以前よりコンサルティング業務は、基本は場所に縛られることなく仕事ができるという特徴を色濃く持っていました。もちろんプロジェクトのイシューにより同じ場所で朝から晩まで一緒に過ごした方が良いタイプも存在します。つまり、価値創出を第一の目的として、「...

コンサルの独立が失敗する5つの理由

更新日:2020.04.01

はじめに コンサルティングを続けていると、一度は誰しもが 「チャージフィー(請求単価)を考えると、給与が少ないな。シニアのボーナスに消えている?」 「独立してコンサルした方が、取り分は増えるのではないか」 「仕事の出来ないジュニアを食わせて、育成する為に...

働き方改革で、コンサルティングファームでの働き方はどう変わる?

更新日:2020.03.13

はじめに コンサルティングファームにおける働き方改革の取り組み状況は過渡期と言えるのではないでしょうか。 皆さんにとってはイメージ通りかもしれませんが、残業代のために残業するという発想はコンサルティング業界には、ほぼありません。 また、「長時間労働=生産...

ライフプランの
すべての記事を見る

コンサルの実態

コンサルティング業界には華やかなイメージがある反面、過酷な職場であるという印象を持たれている方が少なくありません。実際、多くのコンサルティングファームでは、成果主義に基づく評価制度を採用していますが、年収や待遇が一般的な事業会社に比べて高い反面、プレッシャーや激務に耐え、高い成果を出さなければ退職を余儀なくされる職場だというのは本当でしょうか。また勤続年数が非常に短く、ひとつのコンサルティングファームに長く勤める人はあまり多くないといったイメージは、果たしてコンサルティングファームの実態を表しているのでしょうか。こうした外部からはなかなか窺い知ることができない疑問を払拭するには、現在コンサルティングファームで働いている方か、過去に働いていた経験がある方に尋ねるのがベストです。このページでは、コンサルティングファームの実情やコンサルタントの仕事ぶりを熟知している方々からの情報をもとに、コンサルタントの平均在籍期間や退職勧告の実際、また賞与や勤務状況などについて詳しく解説していきます。

コンサルをやっていて「疲れた」「辞めたい」と思った時の対処法

更新日:2023.12.27

はじめに 時代錯誤と言われそうですが、コンサルティング業界において「疲れない」日はありません。 労働時間の総量が多いことに加えて、プロジェクトベースでの働き方となる点も疲れやすさを促進する要素でもあります。 新たなプロジェクトが開始されるたびに人間関係...

コンサルタントのライフプラン~キャリアアップから福利厚生まで~

更新日:2023.12.04

はじめに 近年のコンサルティング業界では、10年以上の長期就業か、3年以内の短期転職という二極化が見られ、ワークライフバランスを重視する転職が増えています。 皆さんもご存知の通り、ワークライフバランスはワークとライフの2つの構成要素で成り立ちます。そし...

コンサル業界への転職を成功させるためのステップバイステップガイド

更新日:2023.11.06

他の業種と同様ですが、コンサルティングファームへ中途入社する際には筆記試験・面接試験などの採用試験を実施しているファームがほとんどとなります。 特に、面接試験はコンサルティングファーム業界独特の面接スタイルをとっている企業が多く、他業種からの転職の際は事前...

中小企業からコンサルに転職するための方法を解説

更新日:2023.09.29

はじめに 中小企業からコンサルティング業界へ転職する方と面接する事例は意外と多くありません。 それは、コンサルタントが一次面接で会う候補者は既に中途採用エージェントにスクリーニングされているためです。 現在のコンサルティング業界における中途採用はエージェ...

コンサルの実態の
すべての記事を見る

転職のご相談・お問い合わせ コンサルティング業界に強い
専門のエージェントに
転職相談(無料)
してみませんか?

各社の採用ニーズを熟知し、業界のキーマンともリレーションを持つ専任コンサルタントが転職活動を支援します。
求人紹介はもちろん、最適なキャリアを提案します。

  • 転職成功者の90%以上が
    満足と回答

    初回面談から内定まで平均6か月。
    貴方のペースに合わせて
    納得できる転職活動を支援します。

  • 安易に転職は勧めず戦略的に
    最適なキャリアを提案します

    コンサルタントは狭き門です。
    焦って応募して後悔しないよう
    準備が整うまで伴走します。

  • 最難関の戦略ファームへの
    紹介実績は200件以上

    コンサル業界1000件以上の転職成功
    実績は業界トップクラス。転職支援の
    自信は数に裏打ちされています。

1分で完了 無料登録・転職相談

現在約6000人以上が登録中!
転職活動にすぐに役立つ
メールマガジン(無料)もございます。

メールマガジン登録(無料)