【未経験者必見】コンサルティングファーム転職情報まとめ

【未経験者必見】コンサルティングファーム転職情報まとめ

ここ数年、テクノロジーの急速な進歩や消費者の価値観の多様化、異業種や海外から続々と競合企業が市場に参入してくるような未曾有の変化に対処するため、多くの企業がコンサルタントを招聘し、変革のアクセルを踏む動きを加速させています。以下のページに掲載されているコンテンツは、現役の戦略コンサルタントが、プロジェクトの現場や個人的なネットワークを駆使して得た、経験や知見に基づいて執筆したもの。具体的には、コンサルティング業界の最新動向や著名なコンサルティングファームの紹介、コンサルタントに求められるスキルおよびキャリアパスの実際、未経験のコンサル転職を成功させるためのノウハウや転職事例、さらにコンサルタントのライフプランや業界をとりまく誤解など、現役コンサルタントならではのコンテンツ集となっています。いずれも未経験からコンサルタントを目指す方にとって参考になるものばかりです。ぜひ今後のキャリアプランニングの参考のためにご一読ください。

プロフィール

写真:戦略コンサルタント

戦略コンサルタント

大学卒業後、IT系スタートアップにジョインした後に外資系トップ戦略コンサルティング・ファームに転職。現在、戦略コンサルタントとして活躍中。

コンサルタントとは?(業界解説)

コンサルタンティングファームへ転職を成功させるには、コンサル業界の最新情報を常にチェックすることが第一歩になります。コンサルティングファーム同士の合併や事業会社の買収、パートナーの人事、組織再編などにまつわるニュースは、コンサルティングファームのビジネス戦略や企業としての方向性を知る上で、とても重要な情報源となります。また、パートナーやコンサルタントが執筆した書籍やインタビュー記事、対談、講演に関するレポートなどからは、コンサルティング現場の実態や顧客ニーズの変化、教育・評価制度への考え方、社風や企業文化など、一般のニュースからはうかがい知れない内情を垣間見ることができるでしょう。このページでは、こうしたニュースや情報源に触れた際、理解の助けとなる業界の成り立ちや専門用語の解説、さらにコンサルティングファーム各社の特徴や業界の最新トレンドなど、コンサルティング業界への転職を志す方々が知っておくべきコンサルティング業界の基本情報をお届けします。
  • コンサルティングファームのビジネスモデルとは (2018.05.14) 社員数が少なく、守秘義務も多いコンサルティング業界において、あまり一般的には知られていないことが数多くあります。今回は、そうした中でもコンサルティングファーム自体のビジネスモデルについて簡単にご紹介したいと思います。 コンサルティングファームのビジネスモデル...
  • 昨今のコンサルファームの採用人数 (2018.07.13) コンサルファームへの転職を考えていらっしゃる方にとって、昨今の採用状況は、非常に関心が高い内容だと思います。コンサルティングファームのビジネスも、基本は需要と供給のバランスの上で成り立っていますので、優秀な方であっても、そもそもの採用の枠が少ない状況では、...
  • ベンチャーのコンサルティングファームに転職するメリットとデメリット (2018.08.14) コンサルティングファームも広く世の中に知られて久しくなりましたが、最近は小規模のコンサルティングファームの転職情報もよく目にすることがあるかと思います。実際、国内のコンサルティング経営の企業数は、売上3億未満のベンチャーのコンサルファームの拡大により、20...
  • コンサルファーム業界におけるBIG4と特色を解説 (2018.08.31) 就職や転職を検討されていらっしゃる方とお話をしていると、コンサルティング業界の「BIG4」という言葉を耳にすることがございます。 実際に戦略コンサルティングファームで働いている身としては、最初は「どの企業のことなのだろうか?」とすごく気になったのですが、...
  • コンサルティング会社とシンクタンクとの違いとは (2018.09.12) コンサルティング業界への転職を考えられていらっしゃる方とお話をすると、「シンクタンクにも興味があるのですが、どのような違いがあるのでしょうか?」という質問を受けることがございます。 そこで今回は、一般的な定義を踏まえつつ、具体的にどのように働き方やキャリ...

コンサルタントとは?(業界解説)のすべての記事を見る

コンサルファームの有名企業は?

ここ数年、メディアを通じてコンサルタントの存在や発言を目にする機会が増えてきました。しかしその一方で、業界を取り巻く経営環境の変化が速く、企業ごとの特徴やグローバル市場におけるポジションなどを正確に把握することが難しくなっているのではないでしょうか。たとえば、2010年代半ばからコンサルティング会社同士の経営統合やデザインファームの買収などにより、業界の再編が急ピッチで進んでいます。また、大手コンサルティングファーム自身がデジタル専任部隊を相次いで発足させ、自社のサービスラインに「デジタルトランスフォーメーション」(デジタル技術による企業変革)や「オープンイノベーション」(外部との共創を前提としたサービス開発)を組み込むなど、従来のコンサルティングビジネスには見られなかった取り組みが進んでいることも、業界の全体像をつかむ上で大きな障害になっているようです。このページでは、世界的に著名なコンサルティングファームの概要や最新動向についてご紹介するとともに、近年活動を活発化させている新興コンサルティングファームの動向についてもお伝えします。

コンサルファームの有名企業は?のすべての記事を見る

コンサルタントに求められるスキル

コンサルタントには経営に関する知識に加え、論理的思考力やプロジェクトをマネジメントするファシリテーション力、コミュニケーション力などが求められますが、特別な資格が必要な職業ではありません。しかし、各種プロフェッショナル資格や、経営学修士(MBA)を保有するコンサルタントは、活動領域を広げられるだけでなく専門性を深めることができるでしょう。またグローバル案件を数多く扱うコンサルティングファームにおいては、英語や中国語などの外国語に堪能であることや、現地のビジネス習慣や法制度に精通していることが、採用や昇進・昇格の条件になることも少なくありません。これはコンサルタンティングファームの特徴や担当する業界やセグメント、プロジェクトが目指すゴールなどによって、コンサルタントに求められるスキルが大きく変化することを意味します。このページでは、現場での最前線で活躍するコンサルタントに求められるスキルや資格、知識や経験などについて解説します。

コンサルタントに求められるスキルのすべての記事を見る

コンサルタントとしてのキャリアパス

読者のみなさんは、コンサルティングファームに入社できる人とそうでない人にはどのような違いがあるとお考えでしょうか。「業界未経験者にチャンスはあるのか」「採用に際して学歴はどの程度影響するのか」「留学経験があると選考が有利になるのか」といった問いは、コンティングファームでのキャリアパスに興味をお持ちの方々なら、誰しも気になるポイントといえるかもしれません。結論から申し上げると、仮に業界経験がなくても、著名大学や海外の大学を卒業していなくても、コンサルティングファームに採用される可能性はあります。では多くのコンサルティングファームはどのような人材を必要とし、どのような採用基準に則って人材の獲得に乗り出しているのでしょうか。このページでは、業界未経験者がコンサルティングファームでキャリアを築いていく上で欠かせない素養や能力に加え、年齢や過去の実績、コンサルティングファームのカテゴライズによって異なる採用のポイント、さらにその背景にある採用方針などについて詳しく解説していきます。

コンサルタントとしてのキャリアパスのすべての記事を見る

コンサル転職の志望動機のポイント

事業会社の場合、採用において応募者の志望動機を重視する場合が少なくありません。ではコンサルティングファームの採用において志望動機はどのような意味があるのでしょうか。コンサルタントとしての資質や能力が満たされていれば、志望動機といった客観的な指標が存在しない質問項目を重要視することはなさそうですが実態は違います。コンサルティングファームによって多少の差異はあるものの、特定の分野における際立った知識や経験と同じぐらい重要視されることがほとんどです。なぜなら、志望動機への答え方次第で、応募者の論理思考力やプレゼンテーション能力の有無を推し量ることができるからです。また、採用後に達成したい目標が明確な人ほど、困難に直面しても乗り越えられる可能性が高いと考えられているのも、理由のひとつに挙げられるでしょう。とはいえ、そもそもコンサルティング会社で働いたことはない人材が、志望動機をどうまとめ、どう語るべきか悩むケースは多いはずです。そこでこのページでは、コンサルティングファームへの志望動機を明確にするための方法をご紹介していきます。

コンサル転職の志望動機のポイントのすべての記事を見る

コンサルティングファームの面接対策

コンサルタントにとってなくてはならない能力に論論理的思考力やプロジェクトをマネジメントするファシリテーション力、コミュニケーション力があることは、コンサルタント志望者であればご存じでしょう。採用希望者は面接や筆記試験など採用選考の各過程で、これらの能力について子細にチェックされることになるわけですが、応募者はどのようなポイントに気をつけるべきなのでしょうか。むろん、表面的な小細工を労することなく、ありのままの自分を伝える努力をすべきなのはいうまでもありません。しかし事前に正しい履歴書や職務経歴書の書き方、筆記試験の対策、面接での話し方や回答の方法を知っておけば、初歩的なミスを犯したり、想定外の質問に戸惑ったりすることなく、チャンスをものにする確率を高めることができるのは間違いありません。このページでは、面接や筆記試験を突破するために必要な準備や、ケースインタビューへの対処方法など、コンサルティングファームの採用選考対策に役立つさまざまな情報をご紹介します。

コンサルティングファームの面接対策のすべての記事を見る

コンサルタント転職事例

例年、コンサルティングファームへ転職する方々の年齢やバックグラウンドは一様ではありません。そのためどんな人材がコンサルタントへの転職に成功するのか、傾向がわかりづらいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。実際、どのコンサルティングファームも、選考プロセスや面接で重視されるポイントは概ね同じとはいえ、事業会社での経験や転職時の年齢、また、志望するコンサルティングファームのカテゴリーが、戦略系、総合系・業務系、人事系、財務アドバイザリー系のどれに当てはまるかによって、人材を評価するポイントや基準が少しずつ異なります。そのため転職に成功した方々の事例を知ることは、「過去の業界経験や業務経験がどこまで評価されるのか」また「自分が志望するコンサルティングファームに適性があるのか」といった疑問を解消する際の参考になるはずです。このページでは、転職を機にコンサルタントになった方々の実例の紹介を通じて、コンサルティングファームの選び方やキャリアパスの描き方について解説して参ります。
  • コンサルティングファームへの転職成功事例 (2016.11.09) 国内大手EC企業から、戦略コンサルタントへの転身に成功されたTさん(29歳)の転職体験談です。 名前:Tさん 年齢:29歳 職歴:学歴:慶應義塾大学法学部卒 職歴:国内大手EC企業から、戦略コンサルタントに転職 1. 転職を考えたきっかけ 国内の...

コンサルタント転職事例のすべての記事を見る

コンサルタントのライフプラン

志望するコンサルティングファームの勤務体制や福利厚生、さらに査定方法や年収体系について知っておくことはとても重要です。結婚や出産、育児、介護などのライフイベントに対してどのようなサポートを用意しているのか。またコンサルタントのキャリアアップやスキルアップを支援する制度や体制が整っているかどうかは、自分に合ったコンサルティングファームを選ぶ上で大事なポイントであるのはもちろん、コンサルタントとしてのキャリアや、その先にある「ポスト」コンサルタントとしてのキャリアプランニングとも無縁とはいえません。また近年、深刻化する少子高齢化社会を背景に、女性が活躍する社会の実現や働き方改革に注目が集まっていますが、こうした面においてコンサルティングファームとコンサルタントとの関係性に変化があるのかどうかという点に関心を持つ方も増えています。このページではコンサルタントのライフプランに関連する情報をご紹介しながら、コンサルティングファームで働くことの意味やメリットについて検討していきます。
  • 実際にコンサルタントが語る入社年別コンサルティングファームでの働き方 (2017.01.04) コンサルティングファームでは、極めて短い時間軸の中で、クライアントが抱える経営課題に対して、方向性を提示し続けていくことが求められます。本日は、そのようなある意味シビアな環境の中で、実際にコンサルタントがどの様な働き方をしているのかについてお話したいと思います...
  • コンサルティングファームへ転職をしたら海外勤務はあるのか? (2017.02.23) 外資系コンサルティングファームへの転職を考える際に、語学力を活かして、海外で活躍していきたいという方も結構いらっしゃいます。今回はコンサルティングファームの海外勤務状況についてお話したいと思います。 海外勤務になる主なケース コンサルティングファームで働い...
  • 入社3年目には年収1000万?コンサルティングファームの年収とは (2017.07.27) コンサルティングファームの給与水準 転職を考える際に、次の職場での年収は大切な要素の1つだと思います。 コンサルタントというと給料が高いというイメージがあるとは思いますが、本日はコンサルティングファームの給与水準について、役職ごとにお話したいと思います。...
  • 実は充実している?コンサルティングファームの福利厚生事情 (2017.08.30) コンサルティングファームの福利厚生 コンサルティングファームというと、「UP or OUT」(昇進するか、退職するか)というイメージにある通り、成果主義の権化であり、福利厚生のイメージはあまり持たれていないと思います。 本日は、コンサルティングファームの...
  • コンサルティングファームの退職金についての実態 (2017.09.12) 中途採用のインタビューなどをしていると、退職金制度についてもご関心を持たれて質問をされる方がたまにいらっしゃいます。一部の方からは、「入社する前から、退職のことを気にするの?」という声も聞かれるかと思いますが、コンサルティファームにて長期的なキャリアをご検...

コンサルタントのライフプランのすべての記事を見る

コンサル業界で誤解されやすいことについて

コンサルティング業界には華やかなイメージがある反面、過酷な職場であるという印象を持たれている方が少なくありません。実際、多くのコンサルティングファームでは、成果主義に基づく評価制度を採用していますが、年収や待遇が一般的な事業会社に比べて高い反面、プレッシャーや激務に耐え、高い成果を出さなければ退職を余儀なくされる職場だというのは本当でしょうか。また勤続年数が非常に短く、ひとつのコンサルティングファームに長く勤める人はあまり多くないといったイメージは、果たしてコンサルティングファームの実態を表しているのでしょうか。こうした外部からはなかなか窺い知ることができない疑問を払拭するには、現在コンサルティングファームで働いている方か、過去に働いていた経験がある方に尋ねるのがベストです。このページでは、コンサルティングファームの実情やコンサルタントの仕事ぶりを熟知している方々からの情報をもとに、コンサルタントの平均在籍期間や退職勧告の実際、また賞与や勤務状況などについて詳しく解説していきます。
  • コンサルティングファームでの退職勧告の実態 (2017.05.10) コンサルティングファームと言うと、仕事が出来ない人はすぐに首になるというイメージがあると思います。転職をされる方にとっては、不安材料の一つでもある退職勧告について、本日はお話します。 コンサルティングファームで退職勧告はどの位あるのか? コンサルティン...
  • コンサルティングファームの賞与はどのようにして決まる? (2017.05.31) コンサルティングファームの賞与 コンサルティファームというと給与水準が高いイメージがございますが、その中でも、特に賞与(ボーナス)は、どの位貰えるのかという話を時々頂きます。そこで今回は、コンサルティングファームの賞与についてお話したいと思います。 (...
  • コンサルファームはブラック企業なのか? (2018.06.29) 今回のタイトルは少し刺激的ですが、コンサルティングファームに転職を考えていらっしゃる方にとっては、表現方法は異なるものの、気になっている内容だと思います。 今回は、ブラック企業とは「長時間労働やパワハラなどの結果として離職率が高い企業」という風に定義した...
  • コンサルファームの夏休み実態 (2018.07.31) 社会人の楽しみの一つといっても過言ではない「夏休み」。激務のイメージのあるコンサルティングファームにおいて、夏休みが取れるのかということは、多くの方にとって気になるところだと思います。 一方で、面接中などに、休みのことを聞くのは、働く気がないのではないか...
  • コンサルファームの休日は月に何回あるか (2018.10.12) 2018年6月に国会で最重要課題に位置付けられていた「働き方改革関連法」が可決・成立しました。コンサルティングファームへの転職をご検討されていらっしゃる方にとっても、コンサルティングファームの休日の実態についてはご関心が高いことだと思います。 そこで今回...

コンサル業界で誤解されやすいことについてのすべての記事を見る

転職のご相談・お問い合わせ コンサルティング業界に強い
専門のエージェントに
転職相談(無料)
してみませんか?

各社の採用ニーズを熟知し、業界のキーマンともリレーションを持つ専任コンサルタントが転職活動を支援します。
求人紹介はもちろん、最適なキャリアを提案します。

  • 転職成功者の90%以上が
    満足と回答

    初回面談から内定まで平均6か月。
    貴方のペースに合わせて
    納得できる転職活動を支援します。

  • 安易に転職は勧めず戦略的に
    最適なキャリアを提案します

    コンサルタントは狭き門です。
    焦って応募して後悔しないよう
    準備が整うまで伴走します。

  • 最難関の戦略ファームへの
    紹介実績は200件以上

    コンサル業界1000件以上の転職成功
    実績は業界トップクラス。転職支援の
    自信は数に裏打ちされています。

1分で完了 無料登録・転職相談

現在約6000人以上が登録中!
転職活動にすぐに役立つ
メールマガジン(無料)もございます。

メールマガジン登録(無料)