BCGへの転職体験談(Nさん/31歳)

転職のご相談・お問い合わせ

コンサルティング業界に強い専門の
エージェントに転職相談(無料)してみませんか?

1分で完了無料登録・転職相談

転職成功者Nさん(31歳)のプロフィール

プロフィールのイメージ画像

有名国立大学大学院で社会基盤工学を学び、大手エンジニアリング会社に入社。約6年間、シビルエンジニアとして海外LNGプラントの設計やプロジェクトマネジメントに携わった経歴をお持ちです。2016年、ボストン コンサルティング グループ(以下、BCG)に転職。現在はコンサルタントとして、さまざまな企業の中期経営計画策定や新規事業開発などに関わっておられます。今回は、戦略ファームへのチャレンジを志したNさんがキャリアインキュベーションと出会い、半年後に見事BCGの内定を獲得するまでの道のりや、テクニックだけではない、必ず押さえるべき転職活動のポイントや、エージェントの活用法、入社後の様子などをざっくばらんに語ってもらいました。

BCG(ボストン コンサルティング グループ)について

BCGロゴ

ボストン コンサルティング グループは1963年、アーサー・D・リトルで経験を積んだブルース・ヘンダーソンによって設立された、戦略系コンサルティングファーム。日本に経営コンサルティングの意義を広めた草分け的存在といえる。現在、48カ国に80を超えるオフィスを擁し、著名な経営者や大学教授を多数輩出している。昨今はデジタルおよび、トランスフォーメーション領域の機能強化のため、ITアーキテクチャデザインのPlatinion、データ・アナリティクスのGAMMAといったエキスパート部隊を組織した。さらに、新事業創出を専門とする 「BCGデジタルベンチャーズ」を立ち上げ、クライアントである大企業と共に戦略立案からデザイン、開発、運用、成長、投資までの機能を一貫して提供するなど他ファームにはないユニークな取り組みを実施している。

前職・志望動機について

前職・志望動機についてのイメージ

前職は大手エンジニアリング会社で6年間シビルエンジニアとして活動

大学院でエネルギー資源や社会インフラの設計を扱う社会基盤工学を学び、大手エンジニアリング会社に入社。土木系構造物設計を担当するシビルエンジニアとして、海外に建設するLNGプラントの設計とオイルメジャーを中心とする顧客やJVパートナーとの折衝・調整、設計会社・部材加工業者・工事会社への発注窓口、プロジェクト全体のコスト・スケジュール管理といったプロジェクトマネジメント業務に携わっていました。6年におよぶ在籍期間中には、東南アジアや中東、ロシアのプロジェクトに従事。クロスカルチャーな環境で働けることを誇りに感じていました。

転職のきっかけはとあるトラブルの解決を任されたこと

あるプラントに技術的な問題が発生し、そのトラブルシューティングに駆り出されたことが、転職を考えるきっかけになりました。そのときの私に与えられたミッションは、海外企業を含む利害関係者間の調整と問題発生のメカニズムを究明し、対応策を打ち出すこと。約3カ月で問題の原因と責任の所在を明らかにし、事態を収束させることができたのですが、それ以来、課題解決の面白さや意義深さに目覚め、課題解決のプロである戦略系コンサルタントをキャリアの選択肢のひとつとして考えるようになりました。

自分のキャリアが転職先でどんな評価を受けるのかが分からず不安だった

戦略系コンサルタントを目指すにあたって、懸念していたことがあります。それは、エンジニアリング会社のシビルエンジニアというキャリアが、戦略系コンサルティングファームでどのような評価を受けるのか、まるで見当がつかないということでした。面接の際、担当者にこうした不安を抱えていることを率直にお話ししたところ「BCGにはさまざまなバックグラウンドを持つ人材が在籍しており、多様性はBCGが大切にするバリューのひとつです」といわれ、とても感銘を受けたことを思い出します。事実、入社してみると、自分よりもはるかに変化に富んだキャリアを持つコンサルタントが周囲にたくさんおり、今でもその偉容に圧倒されるほどです。

実際の転職活動について

実際の転職活動について

戦略系コンサルタント向けトレーニング参加が人材エージェント選定の決め手

キャリアインキュベーションをパートナーに選んだ理由は、同社が主催する戦略系コンサルタント志望者向けの「スタートアップトレーニング」に参加したことがきっかけです。このトレーニングは、戦略系ファームの仕事内容にはじまり、模擬プロジェクトの体験、論点設定や仮説構築、ケースディスカッションのポイントまでを網羅する、非常に実戦的なトレーニングだったので、そのままお世話になることに決めました。キャリアインキュベーションには、このトレーニング以外にも「戦略コンサルタントのキャリアを考えるセミナー」など、戦略系ファームへの入社支援だけでなく卒業後のキャリアも長期的に支援頂けるイベントがあります。本格的で中身の濃いイベントを用意出来るのは、エージェントとして戦略系コンサルティングファームに強いネットワークを構築されている証だと思い、キャリアインキュベーション以外の選択肢は考えもしませんでした。

メンタル面まで親身にフォローしてくれたところに救われた

まずは、人材エージェントの方と相談しながら自己分析を深めつつ、業界の選考基準に照らし合わせながら、1カ月ほどかけて、受けるべきファームを6社ほどに絞り込み、書類準備及び筆記試験対策を順次進めていきました。実際の選考プロセスが始まると、人材エージェントの方に調整をして頂きながら、無理のないスケジュールで面接を受ける事が出来ました。ファームの絞り込みの際には、人材エージェントの方の豊富な知識やアドバイスを受けることにより、志望動機が具体化し、より強固になりました。また、ケース面接では思うような対応ができず、落ち込んだ日も少なくありませんでした。ですから、人材エージェントの方からのメールや電話にはずいぶん励まされたものです。「ここを乗り越えればチャンスが広がる」、「次のケース面接に向けて対策しましょう」といった、親身なフォローのおかげで、最後まで転職へのモチベーションを保つことができました。

終わりが見えない不安な状況でエージェントの心の支えはとても大きかった

6月から本格的に活動を開始し、6社すべての選考が終わったのが11月中旬。BCGから内定をいただいたのは11月末のことでした。どのファームも4回から5回の面接があることは聞いていましたが、いつが最終面接なのか、応募者に前もって告知されることはありません。終わりが見えない不安な状況が続くなか人材エージェントの方のサポートは心の支えになり、内定をいただけたときは、とてもほっとしたことを覚えています。内定が出た直後に、前職の上司へ退職を願い出たのですが、慰留などもありBCGに入社したのは翌年の4月でした。それまでの間は、後任者に引き継ぎを行いつつ、キャリアインキュベーションが主催する、戦略系コンサルティングファーム内定者向けトレーニングに参加するなどして、入社に備えていました。

Nさんの転職活動スケジュール
Nさんの転職活動スケジュール

転職活動を振り返って

転職活動を振り返ってのビジュアル

スケジュール調整と面接対策もエージェントのサポートでスムーズに進行

転職活動をするにあたり、不安に感じていた点はスケジュール調整と面接対策でした。しかし実際には担当の人材エージェントの方が自分の希望も踏まえ調整を一手に引き受けてくださったので、特にスケジュール調整に苦労はありませんでした。また、面接に関しても、コンサルティング業界未経験で、しかも初めての転職だったので、試験や面接の手応えがつかみにくかったのですが、その都度、的確なアドバイスを頂けたので、安心して転職活動を続けることができました。トレーニングやセミナー、模擬面談などを通じて、業界知識や戦略系ファームで働く気構えなどについても詳しくレクチャーしてくださったおかげで、ひとりで転職活動するよりも、はるかに充実した転職活動ができたと思います。

転職後は大変な時期はありつつも己の成長を実感する日々

入社当初は、不慣れな会計用語に苦戦したり、大量のタスクをどうやってさばくべきか、悩んだりすることも多かったのですが、数カ月で仕事のペースにも慣れ、用途や発注意図を踏まえた調査や資料作成が手早くできるようになりました。最近では、お客様との折衝やプレゼンなども任せられるようになり、己の成長を実感する日々を送っています。私にとって、課題解決に没頭でき、かつ成長意欲が刺激されるBCGはまさにイメージ通りの職場でした。一般に外資系企業やコンサルティングファームにはドライな印象があるかと思いますが、BCGには、個人の成長に組織を挙げてコミットしてくれる仕組みや風土があるため、とても働きやすい職場だと感じています。

人材エージェントは転職の成功確率を確実に上げてくれる存在

ほとんどの場合、転職活動は周囲の人には伝えずに行うものです。前職の仕事を継続しつつたったひとりで情報収集を行い、書類や試験、面接の準備、スケジュール調整を漏れなく行うことは、たやすいことではありません。今回の転職を通じて、人材エージェントはそうした負担を軽減してくれるだけでなく、転職の成功確率を確実に上げてくれる存在なのだと痛感しました。なかでもキャリアインキュベーションは、戦略系コンサルティングファーム各社への入社実績も豊富で、選考についてのノウハウやアドバイスも的を射ています。加えて転職活動中、常に伴走して下さるキャリアパートナーとしてとても心強い存在でした。もしも折に触れて適切なサポートが得られなかったら、途中で不安感や挫折感に苛まれ、戦略系コンサルタントになるという夢を諦めていたかもしれません。自分の目標に適したエージェント選びは転職先選びと同じくらい重要な選択なのだと思います。

担当エージェントのアイコン

特にモチベーション維持を積極的にサポートさせていただきました

担当エージェント 藤墳由美子

現職と転職活動の両立はとても大変です。特に戦略ファームは、現場のコンサルタントとの複数回のケースディスカッションで厳しく見極められるため、同時並行でいくつかのファームの選考を受けるのは、知的にも精神的にもタフさが求められます。Nさんはケース面接を楽しみながら選考を進まれていたのがとても印象に残っています。

本番のタフな面接を楽しむ(乗り切る)ためにも、最初の自己分析と志望動機が重要です。戦略コンサルタントの仕事や求められる資質を理解し、ご自身のどんな強みが活かせるのか?心底やりたい仕事なのか?しっかりご自身と向き合って覚悟して挑んで頂かないと、選考中に逃げ出したくなってしまいます。Nさんにも志望動機書を何度か煮詰めて頂きました。これは書類選考通過率アップと面接対策に繋がりました。

そして私たちエージェントに求められるのは、入社後立ち上がるまでの一番辛い時、心の支えになり踏ん張れるかどうか、言うなれば「最後の砦」です。入社することがゴールではなく、入社後コンサルタントとして引き続きご活躍頂くことを心から願っております。

転職のご相談・お問い合わせ

業界経験豊富なエージェントに転職相談(無料)してみませんか?

現在の状況に耳を傾け、これまでのご経験と今後のポテンシャル、将来の展望を整理した上で
あなたによりふさわしいキャリアをご提案します。

現在約5500人以上が登録中!転職活動に役立つ 無料のメールマガジンもございます

初めての方へ 私たちキャリアインキュベーションについて

あなたにおすすめの求人情報

こちらの体験談も一緒に読まれています

30代後半

前職

大手監査法人 アドバイザリー部門

シニアスタッフ

転職

現職

BIG4系FAS PMI部門

シニアアソシエイト

40代前半

前職

大手総合系コンサルティングファーム

マネージャー

転職

現職

大手総合系コンサルティングファーム

シニアマネージャー

20代後半

前職

日系大手金融機関

投資銀行業務

転職

現職

戦略・インキュベーションファーム

ビジネスプロデューサー

転職のご相談・お問い合わせ コンサルティング業界に強い
専門のエージェントに
転職相談(無料)
してみませんか?

各社の採用ニーズを熟知し、業界のキーマンともリレーションを持つ専任コンサルタントが転職活動を支援します。
求人紹介はもちろん、最適なキャリアを提案します。

  • 転職成功者の90%以上が
    満足と回答

    初回面談から内定まで平均6か月。
    貴方のペースに合わせて
    納得できる転職活動を支援します。

  • 安易に転職は勧めず戦略的に
    最適なキャリアを提案します

    コンサルタントは狭き門です。
    焦って応募して後悔しないよう
    準備が整うまで伴走します。

  • 最難関の戦略ファームへの
    紹介実績は200件以上

    コンサル業界1000件以上の転職成功
    実績は業界トップクラス。転職支援の
    自信は数に裏打ちされています。

1分で完了 無料登録・転職相談

現在約6000人以上が登録中!
転職活動にすぐに役立つ
メールマガジン(無料)もございます。

メールマガジン登録(無料)