E&Y TASが日本のM&A人員を倍増へ

報道によると、グローバルネットワークを有するEYのメンバーファームであるアーンストアンドヤング・トランザクション・アドバイザリー・サービス(以下「E&Y TAS」)が日本で手掛けるM&Aアドバイザリー事業の人員を倍増する計画であるとの事。同社は今後日本企業による国内での再編や海外での買収が増加すると見込み、収益拡大の機会を狙う模様。

E&Y TASは、今後1年以内に新たに10人を採用し、20人体制を確立する予定。M&Aの専門知識や助言実績、企業とのパイプを持つ人材をプロフェッショナル職として起用する見通し。


※当社WEBサイトで公開しているファイナンシャル アドバイザリー サービス(FAS)業界ニュースは公表情報をもとに作成しておりますが、正確性・完全性について当社が責任を負うものではありません。

無料登録・転職相談

メールマガジン登録