求人企業

株式会社ボストン・コンサルティング・グループ

ボストン コンサルティング グループ(BCG)は48カ国に85のオフィスを展開し、全世界で14,000人を超える社員が働き(うち、パートナーは900人超)、20,000人を超えるアラムナイ(卒業生)がいます。創設後50年を超え、成長を続けるだけでなく、創業者のブルース・ヘンダーソンが組織に植えつけた、「時代を超えた共通の目的意識」と「常に進化する姿勢」を追求し続けています。 BCGの グローバルな拠点・数々の 受賞実績・一流のパートナーシップ・ブランド力の拡大による貢献度の拡大・多様性への取り組みなどから、世界的に影響力の大きい組織や社会全体にインパクトを与えたいと情熱を持っている人材にとって、BCGは最適な職場です。

会社概要

会社名 株式会社ボストン・コンサルティング・グループ
URL http://www.bcg.co.jp/
所在地 東京都
設立日
会社概要・沿革 組織が競争優位性を構築し勝利をおさめるために必要な変革を支援する――これが創業以来一貫したBCGの存在意義です。1963年の創業以来、リーダーとその組織が持続的優位性を築くお手伝いをしてきました。常に「現状」に挑戦してきたBCG創業者、ブルース・ヘンダーソンから受け継がれた自立の精神は、BCGに50年以上にわたり、明らかになっていないことを探求して解決策をつくり出す勇気をもたらしてきました。 ブルース・ヘンダーソンは、生きていれば2015年4月に100歳を迎えたはずですが、事業戦略のパイオニアであり、経営コンサルティングの発展に大きな功績を残しました。彼の多くの論考から、彼が強い目的意識に駆られた、現状に挑戦するビジョナリー・リーダーであり、優れた思想家であり、行動の人であったことが伺えます。 BCGが開発してきた数々の画期的なコンセプトはビジネスの教科書に採用され、市場でのBCGの評判を高めることにつながりました。そして、BCGの中核をなす価値観が、BCGの今日までの進化に大きな役割を果たすとともに、日々の仕事の指針となっています。
事業内容 経営戦略コンサルティング。 BCGは変革のパートナーとしてクライアントに大きな価値を提供します。 <コンサルティングを超えて:トランスフォーメーション(構造変革)のパートナー> クライアントに価値をもたらす最も効果的な方法は、パートナーとして共に取り組むことです。それぞれのプロジェクトに、クライアントとBCG自身の考え方を根本的に変え、それにより課題を定義し、有意義かつ持続的なインパクトを実現できる機会があります。 <トランスフォーメーションが不可欠> 変化が激しい今日の環境では、トランスフォーメーションを行う準備ができていることがきわめて重要です。市場首位の企業でさえ、トップの座を維持したいならば、変化に備えなければなりません。BCGはクライアントとともに、クライアントとBCG自身の考え方を根本的に変え、ビジネスを再考し、将来に向けた 競争上の課題に対応します。 <トランスフォーメーションを支えるBCGの組織能力 BCGは、持続的な変革を推進する最良のパートナーとなるための組織能力――最適な人材と体制、豊富な経験――を備えています。BCGと連動する強力なトランスフォーメーション部隊の一例として、ブライトハウス、BCGデジタルベンチャーズがあげられます。
特長 <アイデア> BCGが「戦略」を専門分野に選んだときに、企業経営の果てしない革新のプロセスに火がつけられました。創設当初から現在に至るまで、アイデアに対する情熱はBCGのきわだった特徴です。BCGではアイデアから価値を生み出します。競争優位性への洞察に基づく経営コンセプトである「エクスペリアンス・カーブ(経験曲線)」と「プロダクト・ポートフォリオ・マトリクス(PPM)」は、BCGのその後の発展の土台をつくりました。 今日に至るまで長きにわたり、社内のディスカッションやクライアントとの協働からさまざまなアイデアや分析が絶え間なく生まれ、BCGの経営コンセプト・手法の開発や経営思考における比類ない実績につながっています。 <インパクト> ブルース・ヘンダーソンがBCGを創設したとき、彼はこの組織がいつか世界を変えるかもしれないと想像しました。BCGのコンサルタントは、クライアントとの協働、戦略の策定・統合、固有の組織力学の理解を通じて、業界リーダー企業が変化する環境を認識してそれに対応し、新たな機会を活用し、競争優位性を獲得するお手伝いをしてきました。 BCGは本質的インサイトとそれを具体的行動につなげる能力により、組織の真の変化を推進して、ヘンダーソンのビジョンを実現しました。世の中におけるビジネスのやり方を変革しただけでなく、ゲームそのものを根本的に変えたのです。
社風・理念 BCG Values: BCGは創業以来、「BCGで働きたい」「BCGと仕事をしたい」と思われる独自の特質を損なわずに、きわめて速いペースで成長してきました。これを可能にした大きな要因のひとつに、共有する価値観があります。 ・INTEGRITY (プロフェッショナルとしての倫理) ・RESPECT FOR THE INDIVIDUAL (個人の尊重) ・DIVERCITY (多様性) ・CLIENTS COME FIRST(顧客第一主義) ・THE STRATEGIC PERSPECTIVE(戦略的視野) ・VALUE DELIVERED(付加価値の実現) ・PARTNERSHIP(パートナーシップ) ・EXPANDING THE ART OF THE POSSIBLE(経営の最先端を切り拓く) ・SOCIAL IMPACT(社会的貢献) 真の変革を実現できるグローバル組織を築くには、明確な価値観に根ざした強いカルチャーが不可欠です。創業以来、何代ものパートナーたちがBCGの価値観を伝承し、さまざまな形で共通言語化してきましたが、1990年に当時のCEO、ジョン・クラークソンの支援により、この価値観の各要素とその意味合いが「BCG Values」として正式に文書化されました。その後、代々のCEOによりBCGの基本的精神が再評価・再確認され、継続性が保たれてきました。今後もこうした価値観が、BCGが市場におけるリーダー・ポジションを維持し、魅力的な職場であり続けるために行うあらゆることの礎となります。
担当コンサルタントより 日本で最も成長している戦略コンサルティングファーム。世の中に価値を生むために、クライアントにインパクトを出すために、自らイノベーションをおこし、その結果として規模も拡大しています。中途入社の方には、トレーニングやキャリア機会の充実に加え、組織としてのバックアップ体制など、そのスケールメリットは十分享受頂ける環境が整っており、お奨めです! ファームの経営を担うパートナーの人数も圧倒的で、今後ますますの進化が期待できる戦略ファーム。弊社からご入社頂いた方も複数名パートナー、プリンシパルとして活躍されています。

募集職種

無料登録・転職相談

メールマガジン登録