ミドルマーケット向けM&Aアドバイザリー

求人No.11393 / 更新日:2020.12.25

  • 会計士歓迎
  • 関西求人
  • M&A経験者歓迎
会社名 {{c.client['name']}} {{c.client['name']}}
会社名
事業内容 デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社は、デロイトの日本におけるファイナンシャルアドバイザリーサービスを担っています。M&Aアドバイザリー、企業価値評価、企業再生・再編支援、不正調査などのサービスを通じて、信頼のプロフェッショナルアドバイザーとして「企業価値向上」のための経営戦略をサポートしています。 豊富な知識と経験をもとに企業の経営課題を適切に把握。その上で迅速かつ的確なソリューションを提供。また、日本企業が事業基盤を強固にし、海外へ展開していくことをグローバルネットワークを使って支援します。 【提供サービス】 ・ M&Aアドバイザリー ・ 企業再生 ・ 不正対応・係争サポート ・ 知的財産アドバイザリー ・ 公共向けサービス
職務内容 国内および、海外のミドルマーケットのクライアントに対して、業種やインダストリーにとらわれず、M&Aアドバイザリー業務・国内上場企業の再編・統合業務を提供するチームです。 若手はチームの一員として、ディールエグゼキューションの為の基礎資料収集、成果物(プレゼンテーション)作成、クライアントとの基礎的なコミュニケーションに対し責任を持ち、上位メンバーの指導の元に従事いただける方を募集します。 ■職務内容 ・業界調査、M&A対象企業へアプローチ、各Phaseにおけるバリュエーション、意向表明書・基本合意書のドラフト作成、DDサポート、最終契約書交渉サポート、クロージングサポート等、M&Aの初期的局面からクロージングまで各フェーズにおける社内・顧客向け資料(含むメモランダム、プレゼンテーション資料、バリュエーションモデル)の作成  ・特にバリュエーションの実施に当たっては、対象となる事業計画の精査、PER・EV/EBITDA・PBR(TradingおよびTransaction)、市場株価法、DCFモデル・LBOモデルなど各種バリュエーションモデルの作成 ・クライアントの要望に応じDDプロセスの管理を担当:VDRの開設・維持(セルサイドの場合)、開示資料のUpload補助、各種アドバイザーとのQ&Aの取りまとめなどストラクチャリングの議論に関する基礎的な素養・知識があり、弁護士・会計士・税理士との議論をもとに基礎資料を作成 ・社内データベースを活用した意向表明書・基本合意書のドラフト作成等
応募要件 《 アナリスト》 ・事業会社の経営企画、財務経理(上場会社、IPO予備軍)の経験者 ・銀行での本部経験、法人営業経験者 ・証券会社での本部の経験者(IB法人セクション) 《 シニアアナリスト、VP》 以下のいずれかのご経験、知識をお持ちであること。 ・投資銀行・証券会社・メガバンク・地方銀行・その他ブティック系などにおけるM&Aアドバイザリー ・事業会社、P/EなどでのプリンシパルとしてのM&Aオリジネーション・エグゼキューション ・公認会計士、米国公認会計士、証券アナリスト、税理士試験簿財、簿記検定2級とキャッシュフロー計算書の関係を理解していること、弁護士 《 SVP》 ・10年程度のFAの経験 ・クライアントパイプラインをお持ちの方 (事業会社の経営者との繋がりの有る方) ・クロスボーダーの案件経験ある方歓迎
勤務地 東京都
職位 アナリスト、シニアアナリスト、VP、SVP
予定年収 コンサルタントにご確認ください {{c.job['lower'] | number}}万円 〜 {{c.job['upper'] | number}}万円

履歴書をお持ちでない方

通常エントリー

履歴書を作成済みの方

簡易エントリー