金融機関向けM&Aトランザクションサービス

求人No.13559 / 更新日:2020.07.02

  • 会計士歓迎
  • M&A経験者歓迎
会社名 {{c.client['name']}} {{c.client['name']}}
会社名
事業内容 デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社は、デロイトの日本におけるファイナンシャルアドバイザリーサービスを担っています。M&Aアドバイザリー、企業価値評価、企業再生・再編支援、不正調査などのサービスを通じて、信頼のプロフェッショナルアドバイザーとして「企業価値向上」のための経営戦略をサポートしています。 豊富な知識と経験をもとに企業の経営課題を適切に把握。その上で迅速かつ的確なソリューションを提供。また、日本企業が事業基盤を強固にし、海外へ展開していくことをグローバルネットワークを使って支援します。 【提供サービス】 ・ M&Aアドバイザリー ・ 企業再生 ・ 不正対応・係争サポート ・ 知的財産アドバイザリー ・ 公共向けサービス
職務内容 金融機関向けM&Aトランザクションサービスは、主に金融機関におけるM&Aという取引(トランザクション)の価値を最大化するために、案件の初期段階からクロージング後のサポートに至るまで、M&Aに関する深い知見と経験にもとづく助言や提案を適時・適切に提供します。 国内市場金利低下や異業種参入、Fintech企業の台頭等に代表される経営環境の大きな変革期の中で、各金融機関はインオーガニックでの成長戦略を描いており、我々は インダストリーフォーカスでサービスを提供することでクライアントへの価値提供を最大化します。 また、サービス提供機会の急速な拡大に伴い、クロスボーダーやクロスファンクションを含めた様々なプロジェクトに関与することが可能であり、M&A取引の一連に関わる幅広い提供業務やインダストリーに対する深い知見・経験を身につけ、自らの成長を達成することができます。 ●主なクライアント業種 銀行・証券・保険・インベストマネジメント・リース・クレジットカード 等 ●業務内容 ・財務デューデリジェンス ・会計ストラクチャー助言業務 ・カーブアウト財務諸表作成支援等の売却支援業務 ・財務モデリング業務 ・財務、会計領域に係るポストマージャーインテグレーション(経営統合)支援 ・上記業務に関連するプロジェクト・マネジメント業務 ※ご希望に応じて上記業務以外の業務に関与していただくことも可能となります ●日本関連公表案件におけるBig4でのランキング(2019年間) ・Thomson  案件数:1位(全体4位) 金額:1位(全体9位) ・Mergermarket  案件数:1位(全体1位) 金額:1位(全体5位) ・Bloomberg  案件数:1位(全体2位) 金額:1位(全体8位) ※ファーム全体での実績となります。
応募要件 ※いずれのクラスも英語力ある方優遇 ・上記業務内容の経験がある方 ・監査法人における監査実務経験者 ・事業会社における経理や会計財務、事業管理・事業投資・経営企画部門での実務経験者 ・投資銀行等におけるリサーチアナリスト・財務分析業務の経験者 ・FAS系ファームにおけるFAS業務経験者(M&A・再編・バリュエーション業務系) ・日系・外資系問わず金融機関でのM&A実務者や法人向けの審査部門の経験者 ・コンサルファームにおけるコーポレートファイナンス関連実務経験者 ・投資ファンドでの価値向上支援の実務経験者
勤務地 東京都
職位 アナリスト、シニアアナリスト、VP、SVP
予定年収 コンサルタントにご確認ください {{c.job['lower'] | number}}万円 〜 {{c.job['upper'] | number}}万円

履歴書をお持ちでない方

通常エントリー

履歴書を作成済みの方

簡易エントリー