職種研究 SCM/IT

画像:これからのSCMに求められる役割とは?

これからのSCMに求められる役割とは?

これからのSCMに求められる役割とは?

企業がビジネスを成長軌道に乗せるため必要なのは、第一に売上を拡大し利益をあげることにあります。しかし企業が収益力を高める方法はこれだけではありません。

旧態依然としたサプライチェーンの無駄を省き、効率を高めることによって、企業は競争力を高めると同時に高い収益を手にすることが可能になります。とくにロジスティクス(物流)の改善が経営に与える影響は非常に大きく「第二の収益源」と呼ばれることがあるほどです。

 

このページで紹介するSCM領域の職種は、まさにこの分野におけるスペシャリスト。原材料の調達から出荷までの各プロセスにおいて、高い専門性を発揮することが求められます。

いずれの職種においても、製造業や流通、物流に関する高い見識に加え、経営者視点でデータを分析する力が欠かせません。
まずは、各職種の主な職務をご紹介しましょう。

ロジスティクスマネジャー
【主な職務】
効率的な物流サービスを必要とする自社または顧客企業に対して、在庫管理、梱包、配送などの面から、ロジスティクスサービスの構築や改善提案を行う。商品動向の分析や、原材料調達から出荷までのサプライチェーンプランニング、輸出入、倉庫内オペレーションの設計など、仕事内容は多岐にわたる。
購買・プロキュアメントマネジャー
【主な職務】
経営目標を実現するため、効率的な購買プロセスを構築する仕事。納入業者の選定、価格交渉、契約管理、購買ポリシーの策定、物流プロセスや購買オペレーションの見直しなどを行い、製品特性に合った購買基盤を構築していく。
需要予測・デマンドプランマネジャー
【主な職務】
製品やサービスごとの販売実績や原材料価格や為替の推移など、さまざまなデータを分析し、需要予測を行い、生産や物流、購買、営業戦略に生かす。予測精度高さはコストや利益に直結するため、緻密な分析力が求められる。
在庫管理
【主な職務】
在庫量を把握し、適正在庫を維持することが求められる仕事。在庫品の破損や減耗から守り品質保持することも含まれる。在庫管理の合理化、効率化がうまく機能しない場合、売上機会のロスや顧客離れを生じさせるため、需要予測と同様、データ分析の結果に基づき、在庫量の決定を行わなければならない。

無料登録・転職相談

メールマガジン登録