画像:会計士の転職事例

会計士の転職事例

会計士の転職事例

キャリアインキュベーションはこれまでに数多くの会計士の皆様の転職/キャリア構築をお手伝いしてまいりました。
実際にキャリアインキュベーションを通して転職された会計士の方はどういった企業に転職されているのか? また、転職する動機とは何だったのか?を各業界別(コンサル・金融・事業会社)にご紹介していきます。

> 1.コンサル業界への転職事例
  • ◆経営戦略コンサルティングファーム
  • ◆総合系コンサルティングファーム
  • ◆M&A/再生コンサルティングファーム
  • ◆ファイナンシャル アドバイザリーサービス(FAS)
> 2.金融機関への転職事例
  • ◆PEファンド
  • ◆投資銀行(投資銀行部門)
> 3.事業会社への転職事例
  • ◆総合商社

1.コンサル業界への転職事例

◆ 経営戦略コンサルティングファームへの転職
■CASE- 1

【転職前】大手監査法人(会計監査、リスク管理アドバイザリー シニア)
【現在】外資経営戦略ファーム(アソシエイト)

公認会計士の転職事例1.jpg

【転職動機】
会計士の仕事も遣り甲斐あり楽しいが、よりクライアントの為に柵なく役に立てる業務を希望され転職を検討。定型化された監査業務より、経営全般から切り込みクリエイティブで目に見える貢献ができるという点が決め手になり、戦略ファームへ転職を決意。

■CASE- 2

【転職前】大手監査法人(会計監査、財務DD シニアスタッフ)
【現在】外資コンサルティングファーム

公認会計士の転職事例2.jpg

【転職動機】
大学在学中に会計士試験合格し、監査法人へ入所。その当時から企業経営に興味があり、私費でMBA取得。会計財務知識に加え、経営コンサルティングスキルを身に着け、将来はビジネスが理解ができるマネジメントチームのCFOとして事業会社側で活躍したいと思っている。

■CASE- 3

【転職前】大手監査法人(会計監査)
【現在】戦略実行支援型コンサルファーム

公認会計士の転職事例3.jpg

【転職動機】
もともと企業経営に興味があったが、在学中に会計士試験に合格し、まずは会計士として資格取得を目指して監査業務に従事。会計財務面のスキルを身に着けた上で、以前から志望していた経営に近づくために、よりハンズオンで関われる、戦略実行支援型経ファームへ転職。会計士の知識や経験も活かせ、戦略コンサル以外に再生業務など幅広いプロジェクトで活躍中。

◆ 総合系コンサルティングファームへの転職
■CASE- 4

【転職前】大手監査法人(会計監査、内部統制構築支援)
【現在】外資系総合ファーム コンサルタント

公認会計士の転職事例4

【転職動機】
会計士として、事業会社の会計監査、内部統制構築支援を6年経験。会計監査だけではなく、より幅広い経営に係る課題解決に興味を持ち、転職活動を開始。様々なプロフェッショナルファームを検討する中で、戦略だけに留まらず、オペレーション、ITにまで踏み込むことができる総合ファームを希望し転職。

■CASE- 5

【転職前】大手監査法人(会計監査、IFRS導入)
【現在】外資系総合ファーム 会計コンサルタント

公認会計士の転職事例5

【転職動機】
大学卒業後、大手事業会社の会計監査、IFRS対応などを担当。マネージャーに昇進後は担当クライアントを複数持ち、監査メンバーを指揮。仕事に満足はしていたものの、監査業務だけに留まらず、会計の知識、経験を活かしながらより幅広い領域にチャレンジしたいと考え転職を決意。 現在は、会計コンサルタントとして、事業性評価、経営管理体制構築支援、予算管理制度構築、業績予測高度化など、のプロジェクトへ従事。

◆ M&A/再生コンサルティングファームへの転職
■CASE- 6

【転職前】監査法人(会計監査)
【現在】日系M&Aアドバイザリーファーム

公認会計士の転職事例6

【転職動機】
監査法人にて監査業務を行う中で、経営者に対するアドバイスをしていきたいと考え、転職を決意。会計士としてのバックグラウンドを強みにしたいと考え、M&Aアドバイザリーファームを志望。M&Aアドバイザリーファームの中でも、業務の自由度が高いという点で、独立系のファームを希望し転職。

■CASE- 7

【転職前】監査法人(会計監査、財務DD経験)
【現在】ハンズオン型再生コンサルティングファーム

公認会計士の転職事例7

【転職動機】
監査法人にて監査業務以外に財務DD等を経験。DDだけ留まらず、さらに踏み込んだ業務に関わりたいと考え、再生コンサルティングファームへの転職を希望し、転職活動を開始。その中でもハンズオン型を標榜し、実行支援まで行うハンズオン型再生コンサルティングファームへ転職。

◆ ファイナンシャル アドバイザリー サービス(FAS)への転職
■CASE- 8

【転職前】大手監査法人(会計・内部監査)
【現在】大手監査法人系FAS(アナリスト)

公認会計士の転職事例8

【転職動機】
大学卒業後、公認会計士として、大手事業会社の会計・内部監査業務を担当。より経営に関わる課題に取り組みたいと考え、転職を検討。転職活動を通じ、M&Aに興味を持ち、グープ内異動の機会を模索したものの、すぐの異動は難しい事もあり、第2新卒クラス積極採用中のFASへ転職。

■CASE- 9

【転職前】大手監査法人(会計監査、財務DD)→海外MBA
【現在】大手監査法人系FAS(デューデリジェンス)

公認会計士の転職事例9

【転職動機】
監査業務とスポットのプロジェクトで財務DDを担当。監査業務だけではなく、業務の幅を広げたいという希望と、英語力を高めたいという考えで海外MBAへ留学を決意。卒業後のキャリアとして、戦略コンサルやIBも見ていたが、もっとも自分の経験を高くかってもらえるところで働きたいと考え、FASのDDチームに転職。

2.金融機関への転職事例

◆ PEファンドへの転職
■CASE- 10

【転職前】監査法人(会計監査、DD、事業再生経験者)
【現在】PEファンド(アソシエイト)

公認会計士の転職事例10

【転職動機】
大学在学中に会計士試験へ合格し、監査法人にて会計監査を経験。PEファンドをクライアントとした財務DDや事業再生のプロジェクトを経験し、PEファンドへの興味を持ち、転職活動を開始。複数のPEファンを受ける中で、財務DDやモデリングの経験を評価され、金融機関系のPEファンドへの転職が決定。

■CASE- 11

【転職前】監査法人(会計監査)→FAS(M&A)→PEファンド(アソシエイト)
【現在】PEファンド(アソシエイト)

公認会計士の転職事例11

【転職動機】
大学卒業後、大手監査法人にて会計監査に従事。より経営にダイレクトに関わる事が出来るPEファンドへの転職を希望したものの、M&A経験が無いため、PEファンドへの転職は叶わなかった。そこでFASへの転職を決意し、M&Aの経験を積んだ後、再度PEファンドへの転職活動へチャレンジ。監査×M&Aの経験を評価され、独立系PEファンドへの転職を決定。

◆ 投資銀行(投資銀行部門)への転職
■CASE- 12

【転職前】監査法人(会計監査)
【現在】外資系投資銀行M&Aチーム

公認会計士の転職事例12

【転職動機】
大学在学中に会計士資格を取得し、監査法人に入所。会計士としての専門的な仕事は満足度が高かったもの、よりプロアクティブに経営に関わることができるM&Aに興味が強くなり、転職活動を開始。得意の英語を活かしたいという点と、大型の案件に関わりたいという希望から外資系投資銀行を希望し転職。

■CASE- 13

【転職前】監査法人(会計監査/マネージャー)
【現在】日系投資銀行カバレッジ

公認会計士の転職事例13

【転職動機】
査法人へ入社後、事業会社の会計、内部監査業務に従事。スタッフ、インチャージ、マネージャーと順調にプロモーションするも、より顧客企業との接点の多い業務を希望されていた。複数の証券会社を受ける中で、投資銀行部門の中でも顧客接点の多いカバレッジチームを志望され転職。

3.事業会社への転職事例

◆ 総合商社への転職
■CASE- 14

【転職前】大手監査法人/不動産ファンドの監査
【現在】大手総合商社 プロジェクト本部

公認会計士の転職事例14

【転職動機】
学生時代に会計士資格を取りそのまま監査法人に就職、マネージャーに昇進しその後もボストンに駐在するなど活躍。帰国後は不動産ファンドの監査に従事。よりグローバル+リアルなビジネスを希望して商社に応募。CFOかプロジェクトを本部を希望したがプロジェクト本部で選考が進み入社。最も成長が期待され投資案件が多い発電プラント関連のビジネスで忙しい毎日を過ごしている。

■CASE- 15

【転職前】大手監査法人/不動産業界担当の監査
【現在】総合商社 CFO採用

公認会計士の転職事例15

【転職動機】
新卒で大手監査法人に入所。 建設・不動産業を中心に30を越える業種・企業の監査・IPO支援・財務DDと幅広く経験。監査法人の仕事は大切な仕事だが創造的な仕事、価値を創りだす仕事をしたく転職を決意。CFO室採用のコースで選考を受け見事合格。


無料登録・転職相談

メールマガジン登録