職種研究 経営企画/事業開発/ファイナンス

画像:経営企画、事業開発、財務/ファイナンスに求められる役割とは?

経営企画、事業開発、財務/ファイナンスに求められる役割とは?

経営企画、事業開発、財務/ファイナンスに求められる役割とは?

このページで紹介する、経営企画、新規事業開発、事業統括、財務、経理系職種に共通するのは、高い専門性によって、トップマネジメントの決断の裏付けとなるデータやファクトを示しこれを支援すること。

企業規模が大きくなるにつれ、経営者ひとりでは対処しきれない課題に数多く直面します。そうした課題に対し高い専門性を持って対処するのが、これらの職種に求められる役割です。

いずれの職種においても、経済環境や国際情勢、マーケット動向、関連法規に関する高い知見、見識が求めらます。 まずは、各職種の主な職務と担当領域をご紹介しましょう。

経営企画
【主な職務】
自社の経営資源を適切に配分するために、トップマネジメントの直下で、市場動向や顧客ニーズ、競合動向などのデータをもとに、中長期的な経営戦略や具体的なビジネス施策を構想。トップマネジメントの経営決断をサポートする。
【担当領域】
  • ビジネスデータの収集と分析
  • 経営戦略の立案・遂行支援
  • 経営目標の管理 など
事業開発
【主な職務】
本業との相乗効果が見込める新規事業のほか、異業種、成長市場への新規参入を含むビジネスプランを立案する。新規事業の収益化を目指し、事業コンセプトの確立から社内体制の確立まで、新規ビジネスの実現に向けて尽力する。
【担当領域】
  • ビジネスデータの収集と分析
  • 事業コンセプトの確立
  • ビジネスプランの設計と実行・推進
  • 資金計画の設計
  • 社内体制の整備 など
財務・ファイナンス
【主な職務】
中長期経営計画と連動し、財務戦略を立案。売上やコスト、利益、資産、投資の収益性などを分析し、企業財務や資金調達、M&A、投資のあるべき姿を示すことによって、会計面からトップマネジメントの戦略遂行を支える。
【担当領域】
  • 財務データの収集と分析
  • 財務計画の立案
  • 財務・ファイナンス戦略の遂行
  • 決算資料の作成
  • 財務状況の把握と管理
  • 資金計画・調達 など
経理・アカウンティング
【主な職務】
企業活動に欠かせないお金の流れを管理し、日次、月次、年次でまとめ、経営陣や株主、債権者に報告する役割を負う。「財務・ファイナンス」が、主に資金や予算に関する業務を扱うのに対し「経理・アカウンティング」は、主として現金に関わる業務を扱う点で異なる。
【担当領域】
  • 原価計算
  • 給与計算
  • 出納業務
  • 資金管理
  • 固定資産管理
  • 決算業務
  • 法人税、消費税、地方税業務 など

無料登録・転職相談

メールマガジン登録