ファイナンシャル アドバイザリー サービス(FAS)業界研究

画像:FASの仕事内容 / 大手FASのタイトルと役割

FASの仕事内容 / 大手FASのタイトルと役割

FASの仕事内容 / 大手FASのタイトルと役割

■ FASの仕事内容

FASには下記のようなサービスライン(全て又は一部)が存在しております。会社によっては、下記複数のサービスを同じチームで行っている事もあります。

    [1]M&Aアドバイザリー
  • 事業 / 企業の買収 / 売却や資本提携等のM&A全般のアドバイザリー業務を行っております。 競合である、投資銀行等と比較すると中小型の案件が多くなります。
  • ・M&A戦略の立案支援
  • ・対象企業のスクリーニング、アプローチ
  • ・ディールマネジメント、交渉サポート
  • ・クロージング支援 等
    [2]企業 / 事業再生アドバイザリー
  • 業績不振や資金不足に陥った企業向けに、業績改善、財務再構築、資産売却、事業再編等のアドバイザリー業務を行っております。
  • ・事業計画、再生計画の策定支援
  • ・実行支援、モニタリング支援
  • ・ステークホルダーとの交渉支援
  • ・企業/事業再編支援 等
    [3]トランザクションサービス
  • 事業 / 企業の買収 / 売却時のデューデリジェンス、ストラクチャリングサポート等を中心に業務を行っております。デューデリジェンスにおいては、財務/税務面だけに留まらず、ビジネス、IT、人事等(全て又は一部)を行っております。
  • ・ストラクチャリングサポート
  • ・財務/財務、ビジネス等のデューデリジェンス
  • ・財務モデリング作成支援 等
    [4]各種バリュエーション
  • M&A、企業/事業再編等を行う際に顧客企業のニーズに合わせた、価値評価サービスを提供しております。
  • ・企業/事業等の価値評価
  • ・PPA、無形資産評価
  • ・フェアネスオピニオンの作成
  • ・優先株や新株予約権等の評価 等
    [5]不正調査(フォレンジック)
  • 不正 / 不祥事等の有事の際に行う調査、報告、再発防止策の立案や不正 / 不祥事等のリスク把握、防止体制の構築支援等を行っております。
  • ・不正会計、粉飾決算、横領、背任等の調査、報告
  • ・不正/不祥事等のリスク評価、防止体制/モニタリング体制の構築支援
  • ・法規制遵守体制の構築支援 等
  • ・データアナリティクス
  • ・デジタル・フォレンジックス
  • ・eディスカバリー
    [6]M&A戦略立案、PMI
  • 従来からあった上記5つのサービスラインに加え近年では、従来戦略系ファーム、総合系ファームで行っていたM&Aのプレとポスト(M&A戦略立案やPMIサポート等)の領域を、FAS内でカバーするようになっています。
  • ・M&A/提携戦略の立案および実行支援
  • ・ビジネスデューデリジェンス
  • ・買収/提携スキーム構築および交渉戦略策定
  • ・案件成立後のバリューアップ戦略策定および実行支援
  • ・統合ビジョンおよび統合計画の作成支援
  • ・組織・業務プロセス設計・導入支援 等
    [7]その他
  • インフラ / PPPアドバイザリー等の新しいサービスラインが立ち上がっております。

■ 大手FASのタイトル(役職)構成と役割

大手FASのタイトル(役職)構成と役割

【1】複数プロジェクトの責任者、新規クライアントの開拓、ファームの経営・運営の中心となる。

【2】特定の専門領域や業界において高い知識・経験を持ち、クライアント・案件獲得の中心的な役割を担うと共に、大規模もしくは難易度の高いプロジェクトにおいても周りのメンバーと協働して高品質なサービスを提供し中長期的にクライアントとの信頼関係を構築・維持する。特定領域の新規サービス開発、マーケティング活動のけん引役となり、上位者と共に自組織の管理・運営、人材育成の一翼を担う。

【3】現場責任者として実作業をスケジュール通り、求められる品質を保って行う。
軸となる専門領域や業界を確立させ、他領域のメンバーと連携・協働し、必要に応じて上位者のサポートを受けながらクライアント・案件獲得を行う。
新規サービス開発やマーケティング活動に積極的に参画し、組織内のメンバーの管理・育成・チーム運営の中心を担う。

【4】特定の専門領域・業界を見定めつつ、知識・経験を活用しながら後輩スタッフを指導しチームをリードする。営業・マーケティング活動をサポートし、クライアント担当者と信頼関係を築く。

【5】基本的な会計・財務に関する知識、スキルをベースに、一定程度独力で業務を遂行することができる。特定の専門領域や業界の知識を習得し自己の提供できるサービスの幅を広げる。クライアント担当者と信頼関係を築く。

【6】コンサルタントとしての振る舞い、業務に必要な会計・財務に関する知識、スキルを習得する。上位社の指示を仰ぎながらプロジェクトの全体像を把握したうえで、担当する業務を遂行する。

■ファイナンシャル アドバイザリー サービス(FAS) 関連記事

キャリアガイド/会計士(CPA)の転職

[キャリアガイド]会計士の転職

会計士の資格を活かして、どういったキャリアパスがあるのか?採用企業からの期待値はどういったものかを採用の多い業界毎に分かりやすく解説します。会計士の方で、転職を検討中の方はぜひお役立てください。

無料登録・転職相談

メールマガジン登録