求人検索結果

新着

更新日:2017.04.23

不正調査(フォレンジックサービス/Forensic Services)【Forensic】

求人No.11366

会社名 {{c.client['name']}} {{c.client['name']}}
会社名
事業内容 PwCは世界4大会計事務所(Big4)のひとつであり、世界157カ国756都市に208,000人以上のスタッフを有しています。 そのPwCの一員であるPwCアドバイザリー合同会社は、M&A、事業再生・再編、インフラ関連の高い専門性をもって、変化する企業の成長戦略の実現を支援しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントがグローバル市場で競争優位性をより強固に確立できるよう、最適なサービスを提供します。 【主なサービス】 ・事業再生 ・M&Aファイナンシャルアドバイザリー ・ ディールズストラテジー ・M&Aにかかわる統合支援 ・トランザクションサービス ・バリュエーション&モデリング ・PPP(官民パートナーシップ)・インフラ
職務内容 ■フォレンジックサービス ・不正調査:会計不正、横領、贈収賄・汚職関連不正、競争法違反 等の不正調査 ・不正防止、反贈収賄・汚職、等についてのコンプライアンスプログラムの構築支援、リスク評価 ・ライセンス料についての監査 ・係争サポート:企業間の係争における損害額等の算定 ・コンプライアンスに関するデューデリジェンス ・データアナリティクス ・デジタル・フォレンジックス ・eディスカバリー 【職務内容】 我々フォレンジックサービスは企業における規制上、法律上、またビジネス上発生する問題の防止、調査、および是正措置の支援をいたします。我々は、社内調査、訴訟、規制当局による課題などに直面している企業に対し、フォレンジック会計、財務分析、高度なテクノロジー、また規制に関する知見を提供いたします。 我々は、世界中の企業に対しサービスを提供しており、各地域、各国、およびグローバルにおける最高の専門家と共に働き、様々な専門知識を身に付けることができます。我々は以下の様な専門家を有しております。 :日本および米国の公認会計士、財務分析官、フォレンジックテクノロジーの専門家、監督当局および規制当局の出身者、統計学者、経済学者、技術者、企業のコンプライアンスオフィサー、また不正検査士。
応募要件 【経験】(アソシエイト~) ・監査/デューディリジェンスまたはトランザクション関連分野における2年以上の実務経験 または ・会計事務所または企業の財務経理部門において、2年以上の会計に関する実務経験 【資格】 ・大卒以上 ・日本(あるいは米国)の公認会計士(CPA)資格保有者、あるいは取得に向けて勉強中の方が望ましい。 ・ビジネスレベルの英語力尚可 【経験】(マネージャー以上) ・不正調査・ 監査/デューディリジェンスまたはトランザクション関連分野における6年以上の実務経験 または ・会計事務所または企業の財務経理部門において、会計に関する6年以上の実務経験• ・コンプライアンスや内部監査、コーポレートガバナンスの経験あるいは知識のある方 ・財務・事業分析経験 【資格】 ・大卒以上 ・日本(あるいは米国)の公認会計士(CPA)資格保有者、あるいは取得に向けて勉強中の方が望ましい。 ・公認不正検査士 ・ビジネスレベルの英語力
セールス
ポイント
調査業務は会計をはじめとする様々な分野におよび、コンプライアンスや経営層の企業倫理に至るまで、非常にセンシティブな問題を扱う重要な業務です。 一般的な業務では触れることのできない「不正」の内容を調査を行い、事実に触れることのできる貴重な経験を得ることができます。
勤務地 東京都
職位 アソシエイト、シニアアソシエイト、マネージャ
予定年収 コンサルタントにご確認ください {{c.job['lower'] | number}}万円 〜 {{c.job['upper'] | number}}万円

無料登録・転職相談

メールマガジン登録