転職のご相談・お問い合わせ

コンサルティング業界に強い専門の
エージェントに転職相談(無料)してみませんか?

1分で完了無料登録・転職相談

プロ経営者インタビュー

後藤 英恒 氏

[10]これらのスキルなどをどこで手に入れたのでしょうか?

すべては実務の経験の中から手に入れたと思っています。P&G時代、BCG時代、東ハトや三城での時代などなど、経験した仕事はそれぞれ異なりますが、遭遇した難局での経験のすべてが今になって役立っています。

[11]業界のプロとしての知見はいかがでしょう? やはり必要だとお考えですか?

あった方がいいのは間違いありません。私の経験の中では、東ハト時代が最も「過去に得た知見」を活かせる立場だったといえますが、やはり「知っている」からこそ実現できたことというのが多々ありました。

しかし、その後はすべて「初めての業界」ばかり。そんな状況で何ができるかを問われてきましたが、その都度、やってきているので、「知見がなければ務まらない」とは思っていません。

[12] 過去に体験した最大の試練やストレッチされたご経験について教えてください。

自分の存在意義を出すために、相当ストレッチされた経験というものが2つあります。BCGにいた頃と、高校時代にサッカーのクラブチームに所属した頃です。経験をした時の年齢はまったく違うのですが、この2つには共通点がありました。それは「すごい人たち」の中でもまれていく、という点です。

photo03.jpg

「オマエはすごい。エースだ」と言われたら、さぞかし気分もいいでしょうけれど、「オマエはダメだな」「ヘタクソだな」と言われ、事実、周囲を見渡すと自分よりもすごい人ばかり(苦笑)。こういう場に身を置いた時、どう自分を処していけばいいのか。逃げずに自分を高めていくタフなメンタリティというのをここで手に入れたと思っています。

自分が仕事の上で一番ストレッチできたな、と思っているのは東ハトにいた時代、生産本部長を担った時です。この会社のマーケティングなどに関しては、かつての知見を活かすことができたわけですが、生産というステージはまったくの未経験でした。

まったく知らなかった工場という現場で起きる問題と向き合って、もがき苦しみながら試行錯誤を重ね、ようやく結果を出した時、リアルな問題解決力や経験値、そして自信を手にすることができました。

[13]経営者を志す者には、どのような努力や学びが必要でしょうか?

「なんとなく先を見ながら、目の前のことをちゃんとやりましょう」と言いたいです。将来的なビジョンですとか、理想的な解決像というものを心の中で追い求めることは大切ですけれど、それに執着して目の前の仕事を疎かにするようでは、自分自身に何も力がつきません。

変な言い方かもしれませんが、先を見る時は「なんとなく」でいいと思うんです。逆を言うなら、「目の前のことだけしか考えない」というのも駄目だと思います。やっぱり、心のどこかでなんとなく先を見ている。そうして目の前のことに真剣に取り組む、というバランスの取り方をしていけば、数々の学びが得られるはずだと思います。

[14]今までに影響を受けた先輩や師匠といえるかたはいらっしゃいますか?

誰か一人、特定の人物を挙げる、ということはできません。おかげ様で先生や先輩には恵まれてきたと思います。物心ついた子どもの頃の学校の先生に始まり、これまで生きてきた中で出会ったすべての人たちに大きな影響を受けてきたと考えています。これからも様々な人と会うでしょうし、そこでまた新たな影響を受けるのだと思っています。

[15]キャリアの成功とは「計画的に努力して成し遂げるもの」でしょうか?
それとも、「偶然や人との出会いなど、運が影響するもの」だとお思いですか?

どちらも大事ですから、正解のない質問だと思いますが、私について言えば、とてもラッキーな人間だったな、と感じています。どの職場にいる時でも、常にワクワクするような課題を見つけることができました。ワクワクする課題というのは、間違いなく「やるとなったら大変な課題」に他ならないのですが、私という人間はワクワクした瞬間、後先を考えずにそれを獲りに行く性分(笑)。

つかんでしまってから、その大変さを思い知らされ、後悔することも一度や二度ではなかったのも事実です。つかんだものを放り出そうという衝動に一瞬かられたりするのですが、なぜか毎回逃げずにいて、結果として、逃げなかったおかげで価値あるものを手にできた。

ワクワクするもの出会えた幸運、それをつかめた幸運、逃げずにいられる支えをいただいてきた幸運、そういうもののおかげで今の自分があるのだと考えています。

[16]なぜ起業ではなかったのでしょうか?

ゼロイチよりもイチヒャクや、うまくいっていないものをよくしていくことがどちらかというと性分にあっている気がするからです。ゼロ、つまり無からイチを生み出している起業家のかたがたを見るにつけ、尊敬してやまないのですが、今まで経験してきた仕事の多くが「1だったものを100に増やす」「-を+にする」であり、そこで大きな喜びを感じてきたので、あえて起業しようと思うことは一度もありませんでした。

[17]特別な信条やモットー、哲学などをお持ちですか?

座右の銘にするようなものは特にありません。

[18]経営者となった今、何を成し遂げたいとお考えでしょうか?

もちろん利益を上げること。それが経営者の使命です。ただし、いつも強く心に念じている希望は別のところにあります。それは、社員の一人ひとりが「ここで働けてよかったな」と思えるようにすること。キレイゴトではなく真剣に、これを実現するにはどうしたらいいか、いつも考えています。「ここで働けるのが嬉しい」という気持ちを、何年も持続してもらえる会社にすること。それを望んでいます。

[19]現在のポジションを去る時、どういう経営者として記憶されたいですか?

社員の目線でいえば、私は「途中からやって来た経営者」なわけですから、「あの人が社長になって、流れを変えたね」と言ってもらえるようになりたいですね。

[20]20代、30代のビジネスパーソンにメッセージをお願いします。

皆さんへのメッセージは、私が常日頃、自分に言い聞かせていることと一緒です。目の前にある仕事、目標に向かって、腹を括って、とことん闘っていくことだと思います。そして、その姿勢こそが成長につながると思います。「こんなはずではなかった」「これは望んでいた仕事と違う」と思うこともあるかもしれません。実際、私も何度か経験してきたのでよくわかります。

でも、そんなタイミングこそ、転職してはいけないタイミングだと捉えてほしいです。いずれキャリアチェンジをするにしても、今じゃないと思うべき。逃げたい時こそ、逃げずに立ち向かう。そうして状況をポジティブに変えることができたなら、その時こそ次のステップを考えればいい。

結果として転職をするかどうかは別として、こんなふうに目の前の仕事と向き合っていけば、必ず成長することができる。私はそうしてきましたし、皆さんも逃げずに成長をしていってほしいと思います。

「プロ経営者」になる。〜経営者インタビュー〜の最新記事

一覧を見る
初めての方へ 私たちキャリアインキュベーションについて

転職のご相談・お問い合わせ 業界の専門分野で10年以上の
経験を持つエージェントに
転職相談(無料)
してみませんか?

あなたのキャリアに関する相談相手として、現在の状況に耳を傾け、これまでのご経験や今後のポテンシャル、
将来の展望を整理し、よりふさわしいキャリアをご提案します。

  • 転職成功者の90%以上が
    対応に「満足」と回答

    キャリアと並走して
    長期的・継続的にサポートする活動に
    多くの方から賛同いただいています。

  • 転職ありきではなく戦略的に
    状況を見極めて案件を紹介

    今後のキャリアの可能性を
    探りたい方にも希望や適性を
    踏まえて本音でアドバイスします。

  • 転職決定者の70%以上が
    年収1,000万円以上を獲得

    圧倒的な求人情報量があり
    ご相談いただく多くの方が転職前よりも
    好待遇で就業されています。

1分で完了 無料登録・転職相談

現在約6000人以上が登録中!
転職活動にすぐに役立つ
メールマガジン(無料)もございます。

メールマガジン登録(無料)