画像:バイアウトファンドの仕事内容

バイアウトファンドの仕事内容

バイアウトファンドの仕事内容

バイアウトファンドの仕事内容について説明します。

【1】ファンドの組成

各種投資家より資金を集めるために、ファンドコンセプトの周知、チームの紹介等を行います。銀行、信託銀行、生命保険会社、損害保険会社、証券会社、年金等の機関投資家のほかに、事業会社や個人富裕層から資金を集めるファンドもあります。
● 投資対象(業界、対象企業のサイズ、投資手法)の決定
● 機関投資家、その他投資家への営業活動
● 契約書の作成、調印等のクロージング

【2】投資案件開拓

投資案件の開拓は大きく2つのパターンがあります。一つ目は、投資銀行、FAS、ブティックM&Aファーム等から持ち込まれるオークション案件に参加するパターン。二つ目はエクスクルーシブ案件として、ファンドの親会社やシニアメンバー等のコネクションからの案件の開拓、及び投資対象を自ら選定し、株式売却の提案を仕掛けるパターンです
● 投資業界又は投資テーマの策定
● 投資対象企業のスクリーニング/簡易評価
● 投資対象へのアプローチ
● ファイナンスアレンジャーへのコンタクト
photo_02.jpg

【3】投資先評価

投資案件及びファイナンスアレンジャーの目途が立つと、買収実行へのプロセスを進めていきます。
● 事業計画の分析
● 将来予測の策定
● 投資ストラクチャーの構築

【4】買収実行

投資先の評価及び投資先企業との基本合意を取り付けることができると、投資の実行フェーズに入ります。投資銀行、弁護士事務所、監査法人、FAS、戦略/人事コンサルティングファーム等と連携し、買収プロセスを進めます。
● 基本合意書の作成、締結
● 財務、ビジネス、人事、法務のデューデリジェンス
● 投資後のインテグレーションプラン策定(100日プラン等)
● 売り手との交渉
● ファイナンスのアレンジ
● 投資委員会からの合意取得
● 投資実行

【5】バリューアップ・モニタリング

投資実行が決定すると、投資先企業のバリューアップ及びモニタリング業務を行います。常勤の役員としてファンドメンバーが入るケースや社外取締役として取締役会への出席のみを行う等、バイアウトファンドにより、経営への関与度合いはバラつきがあります。
● 経営計画の策定
● 各種リストラクチャリング業務
● 新規事業立ち上げ、M&A支援、人材採用等の実行支援
● KPIの設定とCFOからのレポーティング/取締役会への出席等を通じたモニタリング

【6】EXIT

投資先企業のバリューアップが終了すると、投資資金の回収へ入ります。投資利益の最大化は大前提ですが、投資先企業と売却先のシナジー等も勘案し、適切な売却先を選定します。
● EXIT戦略の立案
● M&A、IPO等の実行

タイトル(役職)構成と役割

各ファンドによりタイトル(役職)の構成は異なりますが、下記のような4階層から成るファンドが多く見られます。
【1】MD(マネージングディレクター)
【2】ディレクター
【3】VP(ヴァイスプレジデント)
【4】アソシエイト

投資ファンドでは1案件3~5人程でプロジェクトを遂行します。

タイトル(役職)構成例

ppt_1.jpg

各タイトルの役割
【1】MD(マネージングディレクター)

MDはファンド全体のパフォーマンスに責任を負います。また、GPとして出資を伴うケースも見られます。

【2】ディレクター

ディレクターは各案件の責任者として、投資先企業との交渉、バリューアップ責任を負いプロジェクトを遂行します。また、投資案件開拓も大きなミッションとなります。

【3】VP(ヴァイスプレジデント)

VPは各フェーズの実行責任者として、プロジェクトをコントロールします。アソシエイトへの指示だし、外部プロフェッショナルファームのコントロールを行います。

【4】アソシエイト

アソシエイトは各フェーズでの実行のメインプレイーとして業務を行います。各種分析業務、資料の作成、ロジの手配等を外部のプロフェッショナルファームを巻き込み行います。ファンドによってはアソシエイトクラスから投資先企業の経営者との交渉等も行える場合もあります。

■プライベートエクイティ関連記事

プライベートエクイティ 各社トップインタビュー
「トップが語る自社の魅力と求める人材像に迫る」プライベートエクイティへ転職をお考えの方は必見。

プライベートエクイティ最前線(コラム)
現職のPEファンド/ファンドマネージャーが転職に役立つトピックをお伝えします。

バイアウトファンドに転職をお考えの方の個別相談
PE業界へ転職するためにはしっかりした情報収集や準備が必要です。弊社とともにゴールを目指しましょう

プライベートエクイティ業界転職者の声
PE業界へ転職された方へアンケートを実施しています


無料登録・転職相談

メールマガジン登録