フリーのコンサルタントとは?

転職のご相談・お問い合わせ

コンサルティング業界に強い専門の
エージェントに転職相談(無料)してみませんか?

1分で完了無料登録・転職相談

近年拡大し続けるフリーのコンサルタントとは?

コンサルティングサービスが日本でもかなり普及してきたことにつれて、近年フリーのコンサルタントが拡大しつつあります。あまり聞きなれない方もいらっしゃるかもしれませんが、大手コンサルティングファームへの転職後のネクストステップとしても注目があつまる「フリーのコンサルタント」について今回は紹介してみたいと思います。

フリーのコンサルタント(派遣コンサル)とは?

20190314

フリーのコンサルタントというのは、企業が抱える課題のうち、ある程度要件が定まった案件について、外部委託契約を通じて担う人のことです。

以下の3つの要素が重なった結果、ここ数年で市場は大きく拡大してきています。
● コンサルティングファームを退職した人材の数が拡大
● 企業がコンサルタントを使う機会が増えたことで、マネジメントノウハウが蓄積
● フリーのコンサルタントと企業をマッチングするサービス事業者が増加

特に、雇う側の企業としては、通常のコンサルティングファームに依頼するほどの予算はないものの、自社の社員だけではノウハウに不安があったり、ローンチまでに時間を要してしまうなどの懸念があるため、活用するといったケースが増えています。

フリーのコンサルタントをやっていらっしゃる方は、元コンサルティングファーム出身であり、起業準備期間であったり、起業したものの本業で十分な稼ぎが出ていないといったときに副業として実施されていることが多いようです。

特に、ネームバリューとして強みのある大手戦略系コンサルティングファーム出身者(特にPMO経験のあるマネージャーに近いレベル)や、実行フェーズで強みを発揮できるIT系コンサルティングファーム出身者が活躍しています。

どのような案件を担うのか?

ここでは、いくつかのマッチングサービスを見る中で、実際に募集されている案件を紹介したいと思います。
結論から言うと、プロジェクトはかなり多様であり、様々なタイプのコンサルタントが活躍できるチャンスがありそうです。その中でも特に、PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)の役割や、システム開発に対するニーズが大きいようです。

● 案件1:カード事業の営業活動支援
国内大手企業のカード事業における営業支援案件。
クレジットカードおよびプリペイドカード事業において営業戦略の立案や新規販売先の開拓、提案営業をサポート

● 案件2:リスク評価の実施支援
国内大手製造業向けのリスク評価実施の支援案件。
国内拠点および海外拠点に対してのリスク評価/自己点検および、各拠点に対する教育/訓練の実施支援をサポート
また、国内拠点に対して情報資産ベースのリスク分析を実施

● 案件3:クラウド導入案件におけるインフラ構築
某製造業にてHybris導入におけるクラウド環境の設計/開発を実施。
クラウド環境はAWS、もしくはVirtustreamを使用し、OSはWindows、DBはMySQLを採用予定

どのくらいの収入を獲得できるのか?

フリーコンサルタントの収入に関しては、コンサルティング時代の収入にもよりますが、一般的な事業会社の社員に比べると高い水準の収入が期待できます。
先ほど紹介した3つの案件は、いずれも100万円前後の報酬となっております。プロジェクトの期間は3ヶ月ほどであるものの、フルタイムでこなす必要はなく、フリーコンサルタント専業であれば、2~3つのプロジェクトは平行してこなす事も可能です。

というのも、コンサルティング時代と異なり、
● 要件が定まった案件が大半のため、無駄な作業が発生しにくい
● 自分自身がプロジェクトのオーナーとなるため、ファーム内でのコンセンサスの必要が不要
● その他、採用活動の支援や社内イベントなどのコンサルティング以外の社内業務に関する時間も不要

というメリットがあり、より効率的に仕事をこなすことができるからです。

とはいうものの、社会保険料を支払う必要や、有給休暇がないなどの点には注意が必要です。

フリーコンサルが広がることで、コンサルティングファームに転職する魅力も向上

今回ご紹介したフリーコンサルは、今後ますます広がっていくと考えられます。
というのも、働き方改革により自社の社員に無理をさせられない中で、外部人材の活用が広がるトレンドや、競争環境が激しくなる中で、専門的な知識を要する新規事業へのチャレンジの拡大といった動きは不可逆な流れだからです。

一方で、フリーコンサルタント間での競争も当然ながら激しくなることが予想されるため、一般の事業会社経験者ではなく、大手のコンサルティングファームで活躍していたという事実やそこで獲得したスキルがますます重要になっていくことも想定されます。
フリーコンサルタントは、一般の企業に勤めることと比べ、自由に働く場所や時間を選べるという点でワークライフバランスの観点から魅力的な職業であるといえます。

このような仕事を、コンサルティングファームへの転職の後に選べるようになっていくということは、これからのコンサルタントにとって非常に望ましいことだと思います。

[コンサルティング業界]に転職をお考えの方の個別相談会はこちら

Profile

プロフィール

写真:戦略コンサルタント

戦略コンサルタント

大学卒業後IT系スタートアップにジョインした後に戦略コンサルティング・ファームに転職。

転職のご相談・お問い合わせ コンサルティング業界に強い
専門のエージェントに
転職相談(無料)
してみませんか?

各社の採用ニーズを熟知し、業界のキーマンともリレーションを持つ専任コンサルタントが転職活動を支援します。
求人紹介はもちろん、最適なキャリアを提案します。

  • 転職成功者の90%以上が
    満足と回答

    初回面談から内定まで平均6か月。
    貴方のペースに合わせて
    納得できる転職活動を支援します。

  • 安易に転職は勧めず戦略的に
    最適なキャリアを提案します

    コンサルタントは狭き門です。
    焦って応募して後悔しないよう
    準備が整うまで伴走します。

  • 最難関の戦略ファームへの
    紹介実績は200件以上

    コンサル業界1000件以上の転職成功
    実績は業界トップクラス。転職支援の
    自信は数に裏打ちされています。

1分で完了 無料登録・転職相談

現在約6000人以上が登録中!
転職活動にすぐに役立つ
メールマガジン(無料)もございます。

メールマガジン登録(無料)