「プロ経営者」になる。〜経営者インタビュー〜

画像:エグゼクティブ転職のための経営者インタビュー

エグゼクティブ転職のための経営者インタビュー

創業や起業ではなくビジネスパーソンとしての階段をハイスピードに駆け上がりマネジメントポジションに就いた若き「プロ経営者」たち。そのキャリアヒストリーに迫る!

プロ経営者インタビューについて
キャリアインキュベーション株式会社 代表取締役社長 荒井 裕之

企画の目的
「プロ経営者市場の創造」と優秀な若手にロールモデルを提供することで一人でも多く「チャレンジする人を起こす」こと。最終的には優秀な若手が元気になり、企業が元気になり、日本が元気になる。

良い人が良い企業を 良い企業が良い社会を 良い社会が良い人を。
この素晴らしいサイクルに貢献するために弊社は創業以来極めて優秀な人材に特化して人材サーチを行って参りました。いくら良い商品やサービスであっても、いくら資金があったとしてもその事業を誰がやるかによって結果は全く違うものになります。
その「誰が」に強くこだわってきたことの結果がプロ経営者でした。

hiroyukiarai.jpg

日本は人材の流動性が低くそのため欧米のようなプロの経営者市場ができていません。
新卒で入社し40年間サラリーマンを務めた上がりのポストが社長というのではグローバルでの激しい競争に勝てるわけがありません。
買収ファンドが投資先に経営者を送り込もうとしたときにライトパーソンがいない。
という悩みも弊社はよく聞いてきました。

また、最近の20代、30代の若手も保守的になっていると言われています。
「転職意識の減少と終身雇用志向の増加」、「実力・成果主義志向の減少と年功主義志向の増加」、「仕事よりもプライベートを優先したい層の増加」が各種調査で発表されています。
しかし、上記のような方ばかりではありません。
極めて優秀でもっと高く飛びたいと思っている方も少なからずいるのです。
そのような方々に、どうすればプロの経営者になれるのかを示し、リスクを取ってでもチャレンジする人を多く輩出したいと思います。
しかし、ただやみくもに転職したりしても無意味です。
そのために少しでも多くのキャリアのケーススタディを提供していきたいと考えています。

我々が考えるプロ経営者

若手のロールモデルとなる方々。

40代、50代前半くらいの方で創業や起業ではなくビジネスパーソンとしての階段をハイスピードに駆け上がり転職や留学などを経てマネジメントポジションに就いた方をイメージしています。創業や起業された方々も大変興味深いのですがまた別の機会に取り上げたいと思っています。60代、70代のいわゆる大物経営者では若手の方の参考になりにくく今回は対象外としています。
ですから取材対象の皆様は非常に元気で油が乗り切っていて魅力的な方々ばかりです。

今後について

より多面的にエンパワーされるプラットフォームとして、小杉俊哉先生と研究を進化させていきます。

最終的に数十名の方々を紹介していきますがオンラインで情報を提供するだけでなくリアルなセミナーや若手の皆様との意見を交換できる場を設定したいと思います。また、人事・組織、キャリア開発、リーダーシップ研究の第一人者である小杉俊哉氏とともにプロ経営者に共通する体験、心の在り方や態度とは何なのかをこの場で発表していくつもりです。

この試みはまだ始まったばかりではありますがすでに多くのプロ経営者の方々から賛同いただいております。社会に良いインパクトを与えられるよう精進して参りますのでどうかご支援とご期待をいただけますと幸いです。

「プロ経営者になるための要件について」小杉 俊哉(2013年 10月23日)
「20人のプロ経営者インタビューを終えて」小杉 俊哉(2014年 3月12日)

小杉 俊哉 氏 紹介
合同会社THS経営組織研究所代表社員 慶應義塾大学SFC研究所上席所員
立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科客員教授
1958年生まれ。早稲田大学法学部卒業後、NECに入社。マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院修士課程修了。マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク、ユニデン株式会社人事総務部長、アップルコンピュータ株式会社人事総務本部長を歴任後、独立。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授を経て現職。
著書に『起業家のように企業で働く』(クロスメディア・パブリッシング)、『リーダーシップ3.0』(祥伝社新書)、『2%のエース思考』(ワニブックス)など。
Interview - 40

笹井 英孝 氏
セント・ジュード・メディカル株式会社(日本代表)

1967年、大阪府生まれ。東京大学法学部を卒業後、住友銀行(現 三井住友銀行)に入行。4年間の在籍の後、ベイン アンド カンパニーに入社。コンサルタントとして金融機関関連や企業再生案件をはじめ多様なプロジェクトに参画する一方、コロンビア大学経営大学院へ留学し、MBAを取得。2002年日本HPに入社すると、PCおよびサーバーの営業責任者を務めた。その後、民事再生企業コーリンメディカルテクノロジー(現 オムロンコーリン)の再生に成功すると社長に就任し、経営共創基盤への参画を経てバイエル薬品入社。執行役員経営企画統括本部長として約2年半経営に携わった後、2014年3月、セント・ジュード・メディカルへ。日本代表に就任し、現在に至っている。

Interview - 39

横濱 潤 氏
武州製薬株式会社(代表取締役社長 兼 CEO)

1963年、北海道生まれ。東京大学経済学部を卒業後、北海道拓殖銀行に入行。法人営業等に従事した後、1991〜93年に米国シカゴ大学経営大学院へ留学。MBA取得後、ニューヨーク支店勤務等を経て、1998年よりボストン コンサルティング グループ ジャパン。コンシューマーグッズ、ケミカルなどを中心に幅広い業界の経営変革案件に携わり、パートナーに就任。2009年、ファーストリテイリングに転じると、同社グループの業務再編、HRマネジメント等を経て渡仏。フランス子会社の経営再建を担った。そして2015年、武州製薬へ顧問として参画し、翌2016年4月に同社代表取締役社長兼CEOに就任した。

Interview - 38

上沢 仁 氏
株式会社 日本医療データセンター(代表取締役社長)

1969年、広島県生まれ。慶応義塾大学経済学部を卒業後、農林中央金庫に入社。約12年間の在籍期間中、東京、ニューヨーク、ロンドンにて主に資金為替業務を担当。その後、米国カーネギーメロン大学のビジネススクールにてMBAを取得。2004年、マッキンゼー・アンド・カンパニーへ参画すると、ヘルスケア業界でエンゲージメントマネジャーとして多様なプロジェクトに携わった。その後、医療データのグローバル企業であるIMSヘルスにて新規事業立ち上げに携わった後の2014年7月、日本医療データセンターへ副社長として入社。同年10月、社長に就任した。

Interview - 37

星﨑 尚彦 氏
株式会社 メガネスーパー(代表取締役社長 CEO)

1966年、東京都生まれ。早稲田大学法学部を卒業後、三井物産に入社。主に繊維関連事業、ファッション関連事業に携わった後、スイスIMDビジネススクールへ留学。在学中スイスの宝飾メーカー「フラー・ジャコー」と出会い、MBA取得後は同社日本法人の経営者に就任。短期間で業績の飛躍的向上に成功した後、婦人靴で名高いイタリアの皮革製品メーカー「ブルーノマリ」や、米国のスノーボード用品ブランド「バートン」でも日本法人の経営者を務め、いずれにおいても劇的な業績アップを実現。2012年、アドバンテッジパートナーズからの要請により、アパレルメーカー「クレッジ」の経営再建を担い、1年半でV字回復を達成。2013年6月、メガネスーパーの再建を任され、同年7月に社長に就任し、現在に至っている。

Interview - 36

榊 淳 氏
株式会社 一休(代表取締役社長)

1972年、熊本県生まれ。慶應義塾大学大学院理工学研究科修了後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。金融工学を駆使し、デリバティブ取引等のプライシングを担った。2001年、さらなる専門性の伸張を志し米国スタンフォード大学大学院にてコンピュータ・サイエンスを学んだ。同大学院修士課程を修了後、ボストン コンサルティング グループ入社。約6年間コンサルタントとして活躍した後、2009年よりアリックスパートナーズ。複数のターンアラウンド案件に携わる中、一休と出会った。2013年にはアリックスパートナーズを辞して一休に正式入社。PL責任者として宿泊事業の再構築を担う中、2014年には取締役副社長COOに就任。2016年2月、創業社長・森正文氏の退任に伴い代表取締役社長に就任した。

Interview - 35

西口 一希 氏
ロクシタンジャポン株式会社(代表取締役社長)

1967年、兵庫県生まれ。大阪大学経済学部卒業後、P&Gジャパンのマーケティング本部に入社。約17年間の在籍中、ブランドマネージャー、マーケティングディレクターとしてパンパース、パンテーン、ヴィダルサスーン、ヴィックス、プリングルズ等のブランドマネジメントを担当。日本初のECRプログラム導入のマーケティング担当や、日本と韓国におけるショッパーマーケティング部門の創設にも携わった。2006年、ロート製薬に入社し、執行役員マーケティング副本部長を経て本部長に。肌ラボ、OXY、オバジ、50の恵、デオウや、メンソレータムブランド、ロート目薬ブランド等、ブランドマーケティングを担当。2015年4月、ロクシタンジャポンの代表取締役社長に就任。

Interview - 34

橘田 尚彦 氏
ケンコーコム株式会社(代表取締役社長 執行役員CEO)

1967年、東京都生まれ。早稲田大学法学部を卒業後、東京銀行(現 三菱東京UFJ銀行)入行。米国ダートマス大学タック経営大学院にてMBA取得後、ボストン コンサルティング グループを経てMKSパートナーズに参画。複数の経営再生プロジェクトを担い、同社取締役に就任した。2007年、KKRジャパンの代表取締役に就任し、引き続きPEの立場から多くの企業の経営変革と向き合ったが、2010年に心機一転。自ら事業会社の経営に携わるべく楽天に入社。2012年にはグループ企業・楽天マートの社長となり、2014年10月よりケンコーコム代表取締役社長・執行役員CEO。

Interview - 33

留目 真伸 氏
レノボ・ジャパン株式会社(代表取締役社長)

1971年、東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、総合商社のトーメンに入社。6年間の在籍中、発電プラントのプロジェクト開発等に携わった後、戦略コンサルティングのモニターグループへ転職。多様な業界の経営変革プロジェクトを担った。2002年、デルへ転じるとマーケティングを中心とした数々の事業部で活躍。その後ファーストリテイリングを経て、2006年よりレノボ・ジャパンに入社。常務執行役員として戦略、オペレーション、製品事業、営業の統括責任者を歴任した。2011年からはNECとのPC事業統合の責任者に任命され成果を上げ、レノボの世界シェア2位(当時。現在は1位)獲得に貢献。2012年には米国ヘッドクォーターの戦略部門にエグゼクティブ・ディレクターとして着任し、全世界の事業統合を担当した。その後、レノボ・ジャパンおよびNECパーソナルコンピュータ両社のコンシューマー事業を統括し、2015年4月、レノボ・ジャパン代表取締役社長および、NECパーソナルコンピュータ代表取締役執行役員社長に就任、9月からはレノボ・エンタープライズ・ソリューションズ代表取締役社長も兼任し、現在に至っている。一方、「グローバル社会と調和した元気な日本を作っていく」ことを志し、そのための仕組み作りを目指して、2011年に「GAISHIKEI LEADERS」を発起。これまで本コンテンツに登場した多くの経営者も賛同・参画して、独自の活動を展開している。

Interview - 32

稲積 憲 氏
NHN PlayArt 株式会社(代表取締役社長)

1974年、神奈川県生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科を卒業後、リコーに入社。最前線での営業職などに従事した後、海外販社50社の経営アセスメントに携わった。その後、ソニーに転じ、経営企画業務を担った後、29歳でローランド・ベルガーに入社。戦略策定案件や変革実行局面での常駐業務、経営再生案件などに携わった。2006年、本格的に経営の仕事に携わるべく、アリックスパートナーズへ転職。支援先であるライブドアにおいて執行役員に就任し、経営再建を担った。そしてライブドアがNHNグループ入りした後NHN Japanに入社し、執行役員 経営企画室長のほかマーケティング・BPR等の部門責任者を兼任し、同社の経営を担った。2013年、NHN JapanがLINEとNHN PlayArtに分割されると、NHN PlayArtの取締役COOに就任。翌2014年2月、代表取締役社長に就任し、共同代表である加藤雅樹氏とともに、グループ約1,300名の同社を率いている。

Interview - 31

栗原 一博 氏
マークテック株式会社(代表取締役社長)

1967年、東京都生まれ。慶應義塾大学法学部を卒業後、住友商事に入社。約10年間の在籍期間中、一貫してパイプ事業に軸足を置きながら欧米、中国、ロシアなど、世界各国で活躍。住友商事傘下の海外事業会社では経営者としての仕事も経験した。その後、退職と同時に米国ペンシルベニア大学ウォートン校へ入学し、2002年にMBAを取得。グローバル・ヘルスケア企業であるアストラゼネカPLCの英国本社に入社した。その後、同社ジャパン・オフィスへと移り、セールスおよびマーケティング領域で腕をふるっていたが、縁あって国内ファンド企業キャス・キャピタルと出会い、同社を通じてプロ経営者となる道を選択。2008年、最初の派遣先であるエグゼクティブ向け教育事業のフェニックスアソシエイツでは取締役副社長に就任。同社のイグジット成功にも立ち会った後、マークテックの経営に参画。TOB成立直後の2010年8月、正式に営業・マーケティング担当役員として入社。2014年、前社長より経営のバトンを直接引き継ぐ形で社長に就任した。

Interview - 30

伊藤 嘉明 氏
ハイアールアジア株式会社(代表取締役社長 兼 CEO)

1969年、タイ・バンコク生まれ。米国オレゴン州コンコーディア大学マーケティング学部を卒業後、タイへ帰国し、オートテクニックタイランドへ入社。サーブ自動車の総輸入元として高級車の企画・販売・営業全般に携わった後、再び渡米し、サンダーバード国際経営大学院ビジネススクールにてMBAを取得。1999年からは日本アーンスト・アンド・ヤング・コンサルティングで、主に日本企業を対象とした経営改革コンサルティングを担った。担当したクライアント企業の1つであった日本コカ・コーラの誘いを受け、転職を果たすと、前例のない環境経営への取り組みで成果を上げ高い評価を得た。その後、デル、レノボ、アディダス・ジャパンにてグローバル戦略担当役員やバイスプレジデントなどの要職を歴任。2009年に入社したソニー・ピクチャーズ エンタテインメントでは、ホームエンタテインメント部門の日本代表と北アジア代表を務めた。そして2014年2月、ハイアールアジア株式会社(旧ハイアール アジア インターナショナル)に社長兼CEOとして入社。日本とASEAN諸国におけるハイアールグループ企業体の強化・拡大へ向けて精力的に動き始めている。

Interview - 29

小出 斉 氏
株式会社イーブックイニシアティブジャパン(代表取締役社長)

1969年、東京都生まれ。東京大学経済学部在学中に公認会計士試験に合格し、パートタイムながら会計士としての仕事に携わった。東大卒業後は新卒で三菱重工業に入社。営業職として船舶用エンジンや石油化学プラントの受注などに従事した後、カリフォルニア大学バークレー校へ留学。在学中に退職を決意し、最終的には私費でMBAを取得。帰国後はA.T.カーニーの東京オフィスに入社。経営効率化案件などを手がけた後、2004年にボストン コンサルティング グループへ転じ、多様な業種の経営改革案件に携わった。そして2009年、副社長としてイーブックイニシアティブジャパンに入社。2010年には創業社長・鈴木雄介氏(現取締役会長)の後を継ぐ形で社長に就任した。日本における電子書籍市場の確立へ向け、リーディングカンパニーとして業界を牽引するとともに、2011年にはマザーズへ、2013年には東証一部への上場を果たしている。

Interview - 28

土合 朋宏 氏
20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン株式会社(代表取締役社長 兼 マーケティング本部長)

1966年、東京都生まれ。一橋大学大学院商学研究科を修了後、大手外資系コンサルティングファームのジャパン・オフィスにスタートアップ段階から参画。在籍中は経営戦略とITサービスとを融和させたプロジェクトなどを担当。1995年、日本コカ・コーラに転職し、コカ・コーラグループとして世界で初めてライフスタイル調査のチームを立ち上げ、注目を集めた。その後、ブランドマーケティングの担当者としてカナダドライ、ファンタ、アクエリアスなどを担当して大幅成長を達成。お茶飲料の責任者としても日本茶「綾鷹」の開発・プロモーション等々で成功をおさめた。20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパンには2011年に入社。マーケティング本部長(現任)として数々の成果を上げ続けている。2013年2月、営業本部長である川合史郎氏とともに代表取締役に就任。日本では異例の共同社長という体制もあいまって、ビジネス界で話題の的となっている。

Interview - 27

麻野 信弘 氏
ダイソン株式会社(代表取締役社長)

1965年、大阪府生まれ。関西学院大学経済学部を卒業後、P&Gジャパンに入社。約6年間に渡り国内セールスを担当した後、販売実績を認められ本社機能であるセールス・プランニングを担い、2005年までの間に同社のアイムス、ウィスパーなど数多くのブランドに携わった。2005年、米国P&Gとジレットによる大規模な合併が決まると、グローバル規模の経営統合プロジェクトのメンバーに抜擢。その後、ジレット傘下にあったブラウンの日本国内における販売責任者となった。2010年、海外家電ブランド販売の手腕を買われ、ダイソン株式会社へ転職。セールスディレクターとして高い成果を上げた。そして2012年、同社の社長に選出され、現在に至っている。

Interview - 26

矢野 健一 氏
モルソン・クアーズ・ジャパン株式会社(代表取締役社長)

1969年、神奈川県生まれ。横浜市立大学商学部経営学科を卒業後、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)に入社。大手製造業の経営改革、業務改善プロジェクトを中心に様々な案件のコンサルティングを担った後、P&Gジャパンへ。ブランドマネジャーとなり、ファブリーズ、プリングルズ、パンパースの成長を牽引。その後、リーバイ・ストラウス・ジャパンへ転じ、リーバイスのマーケティング責任者として成果を上げ、2010年からは現在のモルソン・クアーズ・ジャパンへ。副社長として組織改革、販売戦略強化に着手し、売上急進を実現した。2012年1月、前社長の退任を機に後継として選ばれ、代表取締役社長に就任。現在に至っている。

Interview - 25

迫 俊亮 氏
ミニット・アジア・パシフィック株式会社(代表取締役社長 CEO)

1985年、福岡県生まれ。カリフォルニア大学ロサンゼルス校社会学部を卒業後、三菱商事に入社。その後、ベンチャー企業のマザーハウスに転じ、同社の創業期を支えながらアジアにおける事業確立などでも成果を上げた。2013年にミニット・アジア・パシフィック入社。苦戦を強いられていた東南アジア・中国エリアの事業建て直しを担い、これを成功へと導くと、経営企画部長 兼 海外事業統括部長として、同社の営業およびマーケティング分野の再構築に着手。2014年1月には常務執行役員営業本部長に就任し、3ヵ月後の4月に代表取締役社長 兼 営業本部長に就任した。世界経済フォーラム(ダヴォス会議)Global Shapersにおいて「日本の若手を代表するリーダー」として選出もされている。

Interview - 24

井筒 廣之 氏
マンパワーグループ株式会社(社長)

1961年、神奈川県生まれ、東大法学部卒業。住友金属鉱山に入社後、経理業務を5年担った後、米国ミシガン大学ビジネス・スクールへ留学、1990年にMBA取得。留学中の宿題で学校に提出した論文がきっかけとなり、キンコーズ・ジャパンを設立。住友金属鉱山の主軸業務である非鉄金属分野を担った後、1997年、映像関連ベンチャー企業へ。1999年からは日本コカ・コーラに転じ、マーケティング・ファイナンス部長を務めた。2003年にミスミグループにCFOとして入社。そして2007年、マンパワー・ジャパン(現マンパワーグループ)へ転じ、常務、副社長を歴任後、2013年に社長就任、現在に至る。

(※2014年10月に退任されました)
Interview - 23

郡 信一郎 氏
デル株式会社(代表取締役社長)

1969年、東京生まれ。米国タフツ大学工学部を卒業後、横河メディカルシステム(現GEヘルスケア)に入社。機械設計エンジニアを皮切りに様々な分野を経て、マーケティング部門等で成果を上げた。その後、ハーバード・ビジネス・スクールにてMBA取得。1998年、ブーズ・アレン・アンド・ハミルトン(現ブーズ・アンド・カンパニー)に入社し、多様な業界を相手にコンサルティングを行った。2000年代に突入するといわゆる「Eビジネス」が隆盛となり、SIPS(Strategic Internet Professional Service)における2大勢力が急成長を果たしたが、その1社であるサイエントに入社。同社で新しいビジネスの創成を担った後の2004年、製品マーケティング本部長としてデルに入社。その後、執行役員、営業統括本部長などを歴任し、2011年7月より現職。

Interview - 22

後藤 英恒 氏
株式会社シカタ(代表取締役社長兼CEO)
インテグラル株式会社 ディレクター

1970年、東京生まれ。一橋大学法学部卒業後、P&Gファーイーストインクへ入社。一貫してマーケティング部門に従事し、ブランドマネージャーとして洗剤製品の売上倍増達成など高い実績を上げた。2001年にボストン コンサルティング グループへと移り、コンサルタントとして様々な案件を担った後、民事再生プロセスに入った東ハトの執行役員に就任。同社の再建に貢献し、取締役副社長兼COOも務めた。その後、メガネの三城での経営改革等を経て2008年、独立系投資会社インテグラルにディレクターとして参画(現任)。機械製造販売のビー・ピー・エス社で代表取締役を務めた後、2011年よりバッグの企画・製造・販売を主事業とするシカタの経営に携わっている。

Interview - 21

宮澤 孝夫 氏
いきいき株式会社(代表取締役社長)

1956年生まれ。東京大学大学院にて航空工学を学び、修了後、野村総合研究所へ入所。UCLAビジネススクールへの留学・MBA取得を挟みつつ、主に自動車業界や航空・宇宙業界をはじめとする製造業を対象にしたリサーチ、コンサルティングを約10年間担った。その後、ボストン コンサルティング グループへ転じ、約4年間に渡り戦略コンサルタントとして活躍。1996年、テレマーケティングジャパンに入社し、2003年には同社代表取締役CEOに就任。黎明期にあった日本のコールセンター事業分野において、大きな成果を築き上げた。2009年、PEファンドのJ-STARからいきいき株式会社の再生を委任され代表取締役に就任。経営再建を達成し、現在に至っている。

エグゼクティブ転職ならキャリアインキュベーションへ。キャリアインキュベーションはエグゼクティブクラスの方など、ハイクラス・次世代リーダー専門の人材紹介会社として、優秀な方々に大切なパートナーとして信頼されるように日々精進しています。 インタビューでは、実際に転職をしたエグゼクティブ層の方に転職理由や、転職後の企業の印象などを語ってもらいました。年収1000万円以上の方や、エグゼクティブとして転職されたい方、転職をお考えのエグゼクティブの方に役に立つ情報が満載です。 私たちはエグゼクティブのあなたの転職をサポートします。転職を希望される経営者及び経営幹部候補のエグゼクティブの方には、エグゼクティブとしてのこれまでのご経験を活かしたこれからのキャリアプランについてご相談させていただきます。私たちは何よりも信用と評判を重んじて、転職を希望されているエグゼクティブの方のキャリア構築を長期に渡りサポートしています。エグゼクティブの転職のことならキャリアインキュベーションへご相談ください。

エグゼクティブ転職のための経営者インタビューのページです。ハイクラス・エグゼクティブ転職の志望者に役立つ情報が満載です。

無料登録・転職相談

メールマガジン登録