画像:株式会社フィールドマネージメント

株式会社フィールドマネージメント

2009年の設立からわずか5年で、ソニーやペンタックスリコー、Jリーグ、楽天野球団などなど、大きなクライアントと手を結び、具体的な成果を上げることに成功しているフィールドマネージメント。
独自の理念・姿勢・手法に期待する動きが強まる中、組織規模の拡大や新規事業の確立を急いでいるという。
そこで、フィールドマネージメントが今後目指していく方向性と“求める人材像”について、執行役員の伊藤公健氏に語ってもらった。

マッキンゼー・アンド・カンパニー(以下、マッキンゼー)でコンサルティングを学び、ベインキャピタルで投資ベースの経営変革に携わってきた伊藤さんが、あえて新しく設立されたばかりのフィールドマネージメントに入った理由とは何だったんでしょうか?

photo_01.jpg

【伊藤】私の理想は一貫してビジネス、企業経営のフィールドで貢献できる人間になりたい、というものでした。マッキンゼーに入社した理由も、ベインキャピタルに移った理由も同じです。特にベンチャー志向があったわけでもないんです。

ではなぜ再びグローバル規模のファームやPEなどに行くのではなくフィールドマネージメントに入ったのかといえば、設立者の並木と出会ってしまったからです。並木が語りかけてきた「経営者を支える新しい形」というものに、心から共感してしまったがために、今ここにいるんです。

既存ファームの手法とフィールドマネージメントとの違いについては、並木さんからもうかがったのですが、戦略ファームとPEの両方を経験された伊藤さんには是非、クライアントとの関係性の違いについて教えてほしいのですが。

【伊藤】ファクトベースを基礎に置くコンサルティングファームでは、やはり発想の仕方がロジックやMECEといったものになります。もちろん変革の実行面にもコミットするとはいえ、基本はクライアントにとって提案者という立場になることがどうしても多くなります。

photo_04.jpg

ではベインキャピタルのように投資を軸に経営と向き合う立場になった場合どうなるかというと、「株主に雇われた人達」という風に見えてしまいがちになります。もちろんコンサルタントであろうとPEの人間であろうと、企業の経営向上に貢献するために働くわけですが、経営者に常に寄り添い共に歩む存在かというと、必ずしもそうでないケースもあると思います。

しかし、フィールドマネージメントが携わっているプロジェクトはどれも、クライアントとリアルにリスクを共有するものばかりです。つまり「経営者と共に歩んでいる気持ち」。コンサルティングだと外部からの提案者、PEは経営者を雇っている人、という何か違和感を持ち続けてきたので、今は経営者に寄り添える場を見つけられて視界が晴れたというイメージでしょうか。

プロフィール

写真:伊藤 公健 氏

伊藤 公健 氏
株式会社フィールドマネージメント 執行役員

東京大学大学院工学系研究科を修了後の2004年、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。東京およびドイツ・フランクフルトのオフィスにて多数の経営コンサルティング案件を担当。2007年、さらなる成長を目指しベインキャピタルへ転じ、投資を軸にした経営支援に従事し実績を築いたが、2013年、フィールドマネージメント代表の並木裕太氏と出会い、独自の思想に共感。同年5月より現職。既存の型にとらわれないフィールドマネージメント流の経営支援案件を担うと同時に、いわゆる戦略コンサルティングの枠を超える新規事業の立ち上げや確立にも関わっている。

無料登録・転職相談

メールマガジン登録