プライベートエクイティ業界ニュース

フロネシス・パートナーズがティエヌの過半数の株式取得を発表

フロネシス・パートナーズ 株式会社(以下「フロネシス」)が組合員を務める、ニュー・パラダイム・ファンド 1 号有限責任事業組合が管理・運営するニュー・パラダイム・ファンド1号投資事業有限責任組合(以下「当ファンド」)は、株式会社ティエヌ(以下「ティエヌ」)の過半数の株式を創業者である鵜飼えりか氏より取得したと発表した。本件はフロネシスによる第一号の投資となる。

ティエヌは2005年に札幌で創業されたネイルサロンチェーンであり、2012年に株式会社化されたのち、直営店と FC店の展開によって急速に成長してきた。現在、全国に77店舗を展開しており、店舗数では業界トップ3社の一つとなっている。同社は、独自の標準化された施術方法や工程・部材の様々な改善の蓄積によって、安定した仕上がりとともに短時間の施術と手頃な価格を実現し、エントリーユーザーを中心に幅広い層のお客様から高い支持を得ている。

当ファンドは、鵜飼氏から株式を取得するとともにティエヌの増資を引き受け、同社の成長を支援する模様。ティエヌのコア・バリューを強め、人材育成やFC本部の強化といった経営基盤の仕組みづくりをサポートすることによって、同社が店舗数・顧客数で日本一のネイルサロンとなり、同社のミッションである「多くの女性にキレイを叶える」ことを具現化していくとの事。


※当社WEBサイトで公開しているプライベートエクイティ業界ニュースは公表情報をもとに作成しておりますが、正確性・完全性について当社が責任を負うものではありません。

無料登録・転職相談

メールマガジン登録