ニューホライズン キャピタルがSnSnapへの投資を発表

ニューホライズン キャピタル株式会社(以下「NHC」)が管理運営するニューホライズン2号投資事業有限責任組合(NH-2)は、Instagramや facebook などのソーシャルメディアを活用したO2Oマーケティングサービスを主たる事業とする株式会社 SnSnap(以下「SnSnap」)への投資の実行に向け株式譲渡契約を平成28年11月18日に締結したと発表した。

SnSnapは、「リアルな体験を大切にし、長く愛され続けるデジタルコンテンツをつくる」ことをビジョンとして掲げ、テクノロジーをもってリアルな体験に驚きと感動を与えられ、愛着を持ってもらえるサービスをつくることを嗜好する会社である。

SnSnapが創り出すサービスは、常に実際のリアルな体験を伴いつつも、その裏に高い技術力があり、それによって利用者に驚きや感動を与えるものとなっている。
SnSnapの特色は、(1)大手 IT・電機企業出身の優秀なメンバーが中心となり、①ハードウェアからソフトウェアまで開発が可能な高い技術力、②高い技術力にアクセントを加え顧客ニーズに応える企画力、③技術と企画を掛け合わせ、ユーザーの体験(UX)まで考え抜いてサービスを生み出す開発力、④サービスを多くの顧客に届けるマーケティング力を備えており、加えて早さを伴った経営を実行していること、(2)同社のO2Oマーケティングサービス、SNSフォトプリントサービス「#SnSnap」に関してはサービスローンチから1年半程で既に350件以上の導入実績があり、多くのナショナルクライアントにも提供していること、(3)リアルなイベント市場やソーシャルメディアを活用したマーケティングの市場は今後も更なる成長が見込まれるなかで、既に多くの導入実績やリピート顧客を獲得しており、リアルなイベントや店舗に対してのO2Oマーケティング市場を牽引していること、などが挙げられる。


※当社WEBサイトで公開しているプライベートエクイティ業界ニュースは公表情報をもとに作成しておりますが、正確性・完全性について当社が責任を負うものではありません。

無料登録・転職相談

メールマガジン登録