転職のご相談・お問い合わせ

コンサルティング業界に強い専門の
エージェントに転職相談(無料)してみませんか?

1分で完了無料登録・転職相談

ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン・インコーポレイテッドへの転職(求人・中途採用)

現職コンサルタントインタビュー

ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン・インコーポレイテッド

本質を見極め、全力でクライアントに寄り添い、『結果』にコミットするという、コンサルタント本来のあるべき姿勢を徹底して継続するのがベインのアイデンティティー。
ではその一員となる人材に求められる資質やスキルとはどのようなものか?
採用・育成面での特徴とはいかなるものか?
マネージャーとしての活動とともに、人材採用・育成にも深く関与する宮沢悠介氏に話を聞いた。

宮沢さんは事業会社からベインへ転職し、一度はベンチャーキャピタルへ転職した後、ベインに復職していますね。今までどのような考えでキャリアを形成してきたのでしょうか?

【宮沢】もともと研究職志向だった私は最初にソニーに入社し、タッチパネルなどの研究開発に取り組んでいました。しかし、良いモノさえ作れば売れるという時代ではなくなった中で、何をどうすれば生活者の満足につながるのかを突き止めたい気持ちがどんどん高じていき、経営やビジネスに強い関心を抱くようになりました。そこで、経営をより深く学びたいという気持ちもあってベインへの転職を決めました。

コンサルタントとして過ごした3年間に多くを学んだのですが、新規事業の共創を目的としたCVCファンドの立ち上げにかかわれるチャンスがあり、今度は異なる立場から成長戦略の立案に携われるチャンスであると考え、転職を決意しました。実際にVCに入り様々なプロジェクトに取り組んでいく中で、自分の興味は投資という範囲を超えて、事業成長のためにクライアントと一心同体でプロジェクトに取り組むという仕事の仕方が、自分にはあっていると気づき、一度は卒業したベインに再就職しました。

「一旦"卒業"したけれども復職する」というケースはコンサルの世界では珍しくありませんが、ベインは特に顕著なイメージがあります。

photo04.jpg

【宮沢】ベインは伝統的にアルムナイと呼ばれる"卒業生"とのつながりが強固なファームです。私自身、退職する際も復職の時も奧野に相談に乗ってもらいましたし、復職を考える前の段階でVCにいた時にも、3ヵ月に1度くらいのペースで会って、話をしていたんです。決して私が特殊なケースだったわけではなく、ベインで価値観をともにした同志が、仮に別の世界へ巣立っていってもつながり続けることには大きな意義がある、という信念が浸透しているんです。

ベインのDNAが社内外で大きなネットワークとなって広がれば、より大きな貢献や成果につながる、という考え方ですね。おそらく人と人とのつながりがどこよりも強いのがベインの特徴の1つです。そういった持続的なコミュニケーションをとっていく中で、私のように一度別の企業で働いていても、再度ベインでチャレンジすることを決めるメンバーも多くいます。

宮沢さんはマネージャーとしての職務と並行して、人材採用や育成にも深く携わっていると聞きました。

【宮沢】私はインダストリー・ハイヤード(以下、IH)と呼ばれる、中途入社の方の採用と育成を主に担当しています。ベインの中途採用・育成の構造を大まかに紹介しますと、基本的な採用業務については専任のリクルーティングチームが主導しており、そのプロセスの中で私のようなマネージャークラスの社員が中心となって、面接官、そして入社後のトレーニングプログラムを主導しています。

IHクラスをはじめとする育成の実態について、もう少し教えてください。

【宮沢】基本的にはコンサルの世界で主流である、入社後すぐにプロジェクトにアサインされそこで実際のケースにおける経験を通じて学びを進めていくOJT方式で育成していきます。ただ、それだけでは順調に成長していけるタイプもいれば、なかなかスムーズにポテンシャルを顕在化させていけないタイプも存在する、ということからIHクラス人材育成の取り組みが1〜2年前から本格的に強化されるようになりました。

マネージャー陣を中心に中途入社したコンサルタントの育成に携わり、パートナーを招いてのワークショップの開催や、中途入社して活躍する他の社員の経験をシェアするなど、様々なアプローチで育成しています。

また、同時にPD(プロフェッショナル・デベロップメント)アドバイザーという制度もあり、これはアサインされたプロジェクトの上司とは別に、入社時からずっと変わらずに一人の上司が付き添い、様々なことの相談にのることで、コンサルタント個人の成長を支えるという制度です。

コンサルティングファームにとって人材こそが最も重要な資産ですから、1人ひとりの成長を促し、狭い門をくぐって入社された大切な人材が確実に入社後活躍できるようにしていくことを重視しています。

こうしてお話を聞くと、非常に人に手厚いカルチャーだとわかるのですが、何か社風として特徴的なものがあるのでしょうか?

【宮沢】カルチャーという部分もありますが、ベインでのプロジェクトは常にチームで取り組むので、社員同士のコミュニケーションに非常に重きがおかれています。また、社員皆が真に目指すべき方向を見据えるという「True North」の精神を持ち合わせています。立場や年齢、国籍など無関係に、誰もが自分が正しいと思ったことをオープンかつフラットに意見を交換するというのも、このような精神があってのこと。

例えば私の場合もマネージャーになってからは、常に最前線に居続けるわけにもいかなくなりました。そんな状況下でも、現場で起きている良い事も悪い事も、情報としてつぶさに届けてくれる仲間がいてくれ、彼らの声にきちんと耳を傾けないと成果にはつながっていきません。ですから、こうした実利的な効果を持つ側面もありますが、やはり伝統的に人を重んじるカルチャーが根づいているのだと思います。

宮沢さんが考える「ベインに向いている人材、ベインで活躍できる人材」とは、どのようなものですか?

【宮沢】奧野が示したものと重複する要素もありますが、ベインのカルチャーやビジネスのあり方に共感し、事の本質を常に見極められる人材が、ベインにはフィットすると思っています。先ほど、ベインがオープンでフラットな人間関係だと述べましたが、それも本質をきちんと見極められる人材が集結しているからこそ。

ベインのコンサルタントは、いかにクライアントから頂くフィー以上の価値を提供できたかどうかによって評価されます。「クライアントにとっての価値」を、愚直に追い求めていく姿勢が自然に身についているような人ならば、ラーニングのスピードは加速していきます。「True North」の精神で本質と向き合っていける方であれば、ベインでのびのびと成長していけるはずです。

最後にこれからベインに入社しようと考えている人へメッセージをお願いします。

photo03.jpg

【宮沢】日本も今では転職することは珍しくなくなっています。私も30歳を過ぎてから転職を経験しました。また、私がそうであるように復職する方も、今後どんどん増えるはず。つまり「働く」ことのフレキシビリティがどんどん高まり、働き方も多様になっているわけですから、恐れることなくチャレンジしてほしいと思います。

もちろん全てが簡単に上手くいくとは限りません。入社前、私は英語が決して得意ではなかったので、ベインに入ったら苦労するだろうなあ、と覚悟していましたが、入ってみたら英語を習得することよりもよっぽど難しい仕事が待ち構えていて当初は苦労しました(笑)。むしろ英語のコミュニケーションなどは、「イエス」か「ノー」か「わかりません」が言えればそれでいいんです。それよりも、自分が何を何が理解できていないのか、あるいは、何を理解してほしいのか、ということをしっかりと考え、意見を持つことの方がずっと大切なのだと気づかせてもらいました。

チャレンジをする前に、いろいろと不安になる気持ちもあるかとは思いますが、やはり挑んでみなければわからないことの方が圧倒的に多いと思います。チャレンジするということは、経験することであり、そこに失敗という概念はないはず。何を克服すべきかがわかれば、その課題を乗り越えていけば良いのです。少なくともベインにいる人間は、そうしたスピリットの持ち主をしっかりと支えてくれます。どうか頭をクリアにして自分の挑みたい本質を見極め、それがベインにあると感じられたなら、ぜひ手を挙げていただきたいと思います。

プロフィール

写真:宮沢 悠介 氏

宮沢 悠介 氏

マネージャー

東京大学大学院機械工学科を修了後、ソニー株式会社に入社。研究開発業務を通じ、複数の特許取得を達成する一方、経営およびビジネスの学びを深めるべく、べインへの入社を決意。3年間コンサルタントとして従事した後、独立系ベンチャーキャピタルに転職し、ファンドレイズや投資戦略の策定を行った。その後ベインに復職し、主にテクノロジー領域、金融等の幅広いプロジェクトを手掛ける一方で、中途採用の人材採用・育成にも携わっている。

写真:箕浦 慶 氏

箕浦 慶 氏

コンサルタント

大学在学中からチームラボにインターンとして参画し、卒業後に正式入社。主にスマートフォンのアプリ開発に携わってきたが、2017年に心機一転、働く環境を変えるべくベインに入社。コンサルタントとして一から研鑽を積む中で、2019年にはトランスファー制度を活用し、ドーハオフィスで企業統合のプロジェクトに参画。半年間海外で働く経験を持つ。

この企業へのインタビュー一覧

注目ファームの現職コンサルタントインタビューの最新記事

一覧を見る
初めての方へ 私たちキャリアインキュベーションについて

転職のご相談・お問い合わせ コンサルティング業界に強い
専門のエージェントに
転職相談(無料)
してみませんか?

各社の採用ニーズを熟知し、業界のキーマンともリレーションを持つ専任コンサルタントが転職活動を支援します。
求人紹介はもちろん、最適なキャリアを提案します。

  • 転職成功者の90%以上が
    満足と回答

    初回面談から内定まで平均6か月。
    貴方のペースに合わせて
    納得できる転職活動を支援します。

  • 安易に転職は勧めず戦略的に
    最適なキャリアを提案します

    コンサルタントは狭き門です。
    焦って応募して後悔しないよう
    準備が整うまで伴走します。

  • 最難関の戦略ファームへの
    紹介実績は200件以上

    コンサル業界1000件以上の転職成功
    実績は業界トップクラス。転職支援の
    自信は数に裏打ちされています。

1分で完了 無料登録・転職相談

現在約6000人以上が登録中!
転職活動にすぐに役立つ
メールマガジン(無料)もございます。

メールマガジン登録(無料)