ヘルスケア業界研究

画像:ヘルスケア業界各社の状況:【創薬ベンチャー】【ヘルスケア関連企業】編

ヘルスケア業界各社の状況:【創薬ベンチャー】【ヘルスケア関連企業】編

ヘルスケア業界各社の状況:【創薬ベンチャー】【ヘルスケア関連企業】編

創薬ベンチャー
1.アンジェスMG(http://www.anges-mg.com/

【概要】 大阪大学の基礎研究を基に1999年に設立、2002年にマザーズ上場。大学発の創薬ベンチャーとして初の上場企業となった。次世代バイオ医薬に関する研究開発を行っている。2019年に黒字化、2025年に売上高500億円の計画を発表している。

2.グリーンぺプタイド(http://www.green-peptide.com/

【概要】 がんペプチドワクチン研究の草分け的存在の久留米大学発のベンチャーとして設立され2015年にマザーズに上場。前立腺がんの開発は第3相臨床試験にまで進み、皮膚がんの開発は第1相臨床試験を開始している。

3.サンバイオ(http://www.sanbio.jp/

【概要】 再生細胞医薬品開発を目的として2001年2月、米国カリフォルニア州で設立。経営者は日本人。15年に東証マザーズに上場している。いくつかのパイプラインのうち、現時点で最も開発が進んでいるのが、慢性期脳梗塞領域の治療薬である。IPOで調達した資金が150億円あり開発資金は潤沢である。因みにサンバイオという社名は、「バイオさん」、つまりMr.BIOを意味する。

4.ジーンテクノサイエンス(http://www.g-gts.com/

【概要】 「バイオシミラー」と呼ばれるバイオ医薬品を開発する創薬ベンチャー。「バイオシミラー」とは、バイオ医薬品の後発品のこと。一般的なジェネリックと比べて極めて難易度が高く長期の開発期間と莫大な資金が必要。平成13年に北海道大学発のベンチャーとして創業され、24年にマザーズに上場。現在はノーリツ鋼機グループとなっている。

5.シンバイオ製薬(http://www.symbiopharma.com/

【概要】 患者数が少ないために開発が見送られている「空白の治療領域」を埋める新薬の開発・提供を行う独自のポジションを確立している。強みはグローバルに展開する新薬サーチエンジンにより、基礎研究を行わず、レイトステージに導入しうる新薬候補物を探索・選定し、臨床開発に特化すること。その成果で承認・上市まで5、6年以内という最短のタイムラインでの実現が可能。

6.そーせいグループ(http://www.sosei.com/

【概要】 アルツハイマー病、統合失調症、がん免疫、偏頭痛、依存症、代謝疾患等の画期的なバイオ医薬品の創出を目指しているバイオ医薬品企業。1990年設立、2004年マザーズ上場。2005年に英国の創薬ベンチャーを209億円で買収、さらに2015年に同じく英国の創薬ベンチャーを480億円で大型買収を実施した。19年3月期には収益が3倍になると発表している。社名は幕末の長州藩主である藩主毛利敬親がそーせい候と言われたことを由来としている。

7.ナノキャリア(http://www.nanocarrier.co.jp/

【概要】 1996年創業し2008年にマザーズ上場。先端技術「ミセル化ナノ粒子」を用いて、がん治療薬を開発している。単なる開発型ベンチャーではなく製薬企業を目指しており台湾で生産工場の準備を行っている。そこで18年には承認されるであろう新薬の製造を行う予定。2020年にはM&Aも含め1000億円企業を目指している。今後はがんだけに限らず、ミセル化ナノ粒子の特性を生かせる医薬品開発に力を注ぎ成長を目指す。

8.ペプチドリーム(http://www.peptidream.com/

【概要】 2006年設立、2013年マザーズ上場、現在は東証1部に。東京大学先端科学技術研究センターの開発した技術をベースとしている。独自の創薬開発プラットフォームシステムにより、特殊環状ペプチドを多数(数兆種類)合成し高速で評価を可能にすることで、創薬において重要なヒット化合物の創製やリード化合物の選択等が簡便に行えるようにした。売り上げは約43億2700万円。黒字企業で純資産も100億円を越える。現在、グローバル17社と共同開発研究を行っており、ライセンス契約も3社ありさらに将来の成長が期待される。

ヘルスケア関連企業
1.エムスリー(https://corporate.m3.com/

【概要】 2000年に設立され2004年にマザーズ上場。現在は東証1部上場企業に。「MR君」というインターネットを活用した製薬会社向けマーケティングサービスを開始。医師の80%以上が活用するデファクトとなった。このプラットフォームをベースに新たなサービスを順次展開し急速に成長している。海外事業も順調。今や時価総額1兆円企業。バイアウトやベンチャー投資にも積極的。優秀な人材が多く起業家が育つ風土があり従来のヘルスケア企業と比較すると異質である。

2.エス・エム・エス(http://www.bm-sms.co.jp/

【概要】 2003年に設立され2008年にマザーズ上場。現在は東証1部上場企業。 介護分野を皮切りに、医療・キャリア・ヘルスケア・シニアライフと事業分野を広げ、40以上のサービスを作り上げて、創業以来増収増益を続けている。インターネットを活用した高齢化社会の情報インフラ構築を目指している。

無料登録・転職相談

メールマガジン登録