転職のご相談・お問い合わせ

日本で唯一のPE業界
専門エージェントに転職相談(無料)してみませんか?

1分で完了無料登録・転職相談

プライベート・エクイティ トップインタビュー

CLSAキャピタルパートナーズジャパン株式会社

前田 泰典 氏 シニア バイス プレジデント

シティグループ証券で様々なFA・ファイナンス業務に携わり、PEファンドであるKKRジャパンでオリジネーションや投資先のモニタリングを担ってきた経歴を持つ前田氏。
そんな人物が進んでCLSAに参画した理由とは何なのか? ここにしかない面白さ、やりがいとは何なのか? どんな成長が手に入るのか?
ご自身の経験を通じて質問に答えてもらった。

誰もがうらやむようなご経歴を踏まえた上で、
前田さんがCLSAへの参画を決めた理由とは何だったのでしょうか?

photo_10.jpg

【前田】前職や前々職でも、十分にやりがいや醍醐味を得ることはできていました。しかし、気持ちの中に「もっと事業に近い場所で仕事をしたい」「もっとオーナーシップをもって多くの案件に関わりたい」というような願望があったのも事実でした。

そんな中、CLSAの展開するサンライズ・キャピタルがミッドキャップ特化のハンズオン投資のファンドであった点に、魅力を覚えて入社を決めました。結果として求めていた通りの経験ができており、自分の判断は間違っていなかったと思います。

想定外に良かったと思うことは、ミッドキャップ投資の対象となる企業では事業の発展の面で我々のような立場の人間を活用してもらえる機会がとても多いということですね。入社以来投資先の日々の事業運営に深く関与する機会を数多く得ていますが、会社で起きる文字通りあらゆることに当事者意識をもって向き合うという意味で、実に泥臭い仕事です。もちろん、いい意味での「泥臭さ」です。

今回ご登場いただいた4人のかたが共通しておっしゃっているのが、「泥臭さ」の向こう側にある中堅企業ならではの価値や可能性。それを大きくしていくことにこそ喜びがある、というご指摘も共通しています。やはり前田さんもそうなんですね?

【前田】中堅企業の中には、ビジネスモデルや競争戦略等に関係なく、その会社の「個々人の力」と「組織の力」を100%出し切れる状態に近づけることで大きく飛躍する可能性を持っている会社が数多く存在すると考えています。場合によってはこれだけで全く違う会社のようになってしまうこともあるでしょう。

「個々人の力」という意味では、我々のような明らかに「異質」な人間が会社の中で一緒に机を並べて必死に仕事をする中で、スキル面・マインド面の両面から刺激を感じていただけることが多いように感じています。毎回最初は変な目で見られるのですが。。。

photo_11.jpg

「組織の力」という意味では、経営者の目指す方向を全員が本当の意味で理解・共感し、その実現に向けて力の向きを揃えて結集できるようにすることです。これには私たちが経営者と現場の方々の両方の想いを理解し・共感したうえで全社の目線をそろえるために地道なコミュニケーションを続ける必要があります。

会社がよくなることはもちろん重要なことですが、こういった仕事を通じて会社の方と時には生涯の友人ともいえるような関係を得られることもあり、私にとってこの仕事の大きな喜びの一つになっています。

ファンドとして利益をあげるためには綺麗ごとだけの関係でいることはできず、営業目標や組織の在り方等意見が合わず激しくぶつかり合うこともよくあります。常に忍耐強く正面から正直に向き合うことで問題が解決に向かい、その人との関係もより深まることが多いように思います。

ファンド内ではいわゆる典型的な外資系ファンドのスタンダードなオペレーションを回しつつ、投資先ではその会社特有の風土の中で社内にどっぷりと棲み込み成長にコミットする。CLSAのファンド運営は数多くあるファンドの中でもユニークなスタイルだと思います。

CLSA独自のアプローチによって手に入るものとは何なのでしょう? 今教えていただいたような投資先企業との密な関係性というのもその1つだと思うのですが、例えば当人の成長という視点から考えた時、どんなものが得られるとお思いですか?

【前田】PEファンドというのは、すでに一定の歴史があり「生きている」会社の株式を取得して実質的な支配権とそれに伴う責任を背負い、一定期間後にその株式を手放して投資額より大きな金額を回収することで利益を得る、という商売で、PEとよく比較されるような他の業種とは実際のところ似ても似つかない商売だと思っています。

世の中にいろんな職業がありますが、PEという商売はある意味特殊なので、この世界で得られるものがそれほど汎用性が高いとは正直思いません。あくまでPEという商売を追及するための知識・経験が得られるのだと考えるべきだと思います。

photo_12.jpg

一方で、企業の株式への投資で利益を上げるということは、その会社で起きるあらゆることがファンドの利益に影響を与えるということであり、極端な話、会社で起きることで「自分には関係のないこと」というのは基本的にありえません。

会社で起きるあらゆることについて当事者意識を持ち、それが会社の将来にどのような影響を与えるのかを常に考えることが必要で、その姿勢は経営者のそれに近いことは確かだと思います。このような姿勢で会社と向き合い続けることで、経営者に寄り添ったものの考え方は身についていくのではないでしょうか。

投資で利益を上げるには会社・経営者に常に寄り添うことが重要であり、CLSAではまさにこのように会社と関わり経験を積む機会が多くあります。また、将来経営人材を目指す人には、この仕事を通じて自身の経営者としての可能性・資質を判断するうえで一定の示唆は得られるのかもしれません。

このような経験を通じた成長を望んでいる人がいるならば、ぜひCLSAの特徴や可能性に興味を持って欲しいと思っています。活躍できるチャンスはどんどん膨らんでいますので。

プロフィール

写真:清塚 徳 氏

清塚 徳 氏
マネージングディレクター(日本総責任者)
滋賀大学経済学部卒業
カリフォルニア大学バークレー校 ハース・スクール・オブ・ビジネス修了(MBA 経営学修士号取得)

大学卒業後、1985年より三菱銀行(現 三菱東京UFJ銀行)に入行。16年間の在籍期間の内約10年間に渡って、日本や東南アジア諸国でのM&Aアドバイザリー業務や、シンジケートローンアレンジ業務を担ってきた。2001年、カーライル・グループへ転じ、ディレクターとして主に消費財、ヘルスケア、化学、製造業等を中心とした企業のバイアウト投資に従事。そして2006年4月、CLSAキャピタルパートナーズジャパンに入社。中堅企業向けバイアウトファンド「サンライズ・キャピタル」の立ち上げに参画し、そのまま日本総責任者として企業活動全般の統括・指揮にあたっている。


写真:中 俊二 氏

中 俊二 氏
マネージングディレクター
上智大学経営学部卒

大学卒業後、1991 年より三井住友銀行に入行。様々な役割を経験した後、M&Aアドバイザリー業務、コマーシャルバンキング業務を担い、LBO、MBO、PIPEs及びエグジットなどなどプライベート・エクイティの幅広い分野のアドバイザーを務めた。2004年からは同じ三井住友フィナンシャルグループの大和証券SMBC(現 大和証券)に籍を移し、M&Aアドバイザリー業務を引き続き担当。そして2007年10月、CLSAキャピタルパートナーズジャパンに入社。トラステックスホールディングス及びエバーライフへの投資に関与。エバーライフにおいては投資期間中監査役を務めた。


写真:皆川 亮一郎 氏

皆川 亮一郎 氏
ディレクター
神戸大学経営学部卒
公認会計士

大学卒業後、1998年より新日本有限責任監査法人に入社。クライアント企業の会計監査や上場準備のコンサルティングに従事。2006年からは日興シティグループ証券(現 シティグループ証券)へ転じ、投資銀行部門においてMBOを含む各種M&A案件や株式公開等コーポレート・ファイナンスの案件を担った。そして2008年6月、CLSAキャピタルパートナーズジャパンに入社。日本インテグランドホールディングス及びBCNへの投資に関与。BCNでは代表取締役(現任)を務めている。


写真:前田 泰典 氏

前田 泰典 氏
シニア バイス プレジデント
京都大学工学部卒
京都大学大学院工学研究科修了

大学院修了後、2004年より日興シティグループ証券(現 シティグループ証券)に入社。M&Aアドバイザリーや資本市場を活用した上場企業の各種資金調達・新規上場に従事。2009年からはKKRジャパンに転じ、日本における投資案件のオリジネーション及び投資先のモニタリングを担った。そして2011年4月、CLSAキャピタルパートナーズジャパンに入社。エバーライフ及びBCNへの投資に関与。エバーライフにおいては投資期間中取締役営業本部長を務めた。BCNでは取締役(現任)を務めている。

プライベート・エクイティ トップインタビューの最新記事

一覧を見る
初めての方へ 私たちキャリアインキュベーションについて

転職のご相談・お問い合わせ 日本で唯一の
プライベート・エクイティ業界専門エージェントに
転職相談(無料)
してみませんか?

業界動向、採用ニーズを熟知し、各社のキーマンとも強いリレーションを持つ専任コンサルタントが転職活動を支援します。
求人紹介はもちろん、最適なキャリアを提案します。

  • 転職成功者の90%以上が
    対応に「満足」と回答

    キャリアと並走して
    長期的・継続的にサポートする活動に
    多くの方から賛同いただいています。

  • 転職ありきではなく戦略的に
    状況を見極めて案件を紹介

    今後のキャリアの可能性を
    探りたい方にも希望や適性を
    踏まえて本音でアドバイスします。

  • 日系・外資系PEファンドへの
    紹介実績は150件以上

    外資系の日本法人設立や
    独立系ファンドの創業など
    他にない独占案件があります。

1分で完了 無料登録・転職相談

現在約6000人以上が登録中!
転職活動にすぐに役立つ
メールマガジン(無料)もございます。

メールマガジン登録(無料)