コンサルティング業界ニュース

日本IBM、日本の金融・製造業のASEAN進出を支援する「グローバル・ビジネス戦略室」を設置

日本アイ・ビー・エム株式会社は14日、ASEANに進出する金融・製造業向けに、「グローバル・ビジネス戦略室」を設置したと発表。
各拠点は金融業向けには4月にシンガポール、製造業向けには7月にタイのバンコクで開設されている。

「グローバル・ビジネス戦略室」は、ASEANへの進出やビジネス拡充を進める、金融業および製造業の企業を支援する組織。
ASEANにおける日本IBMの拠点として機能し、営業、コンサルタント、エンジニアなどがシンガポールやバンコクに常駐して、地域特有の商習慣や規制などに対応しながら、企業のグローバル戦略を支援するソリューション提供やシステム構築などを行うという。
現地のIBMではなく、日本からメンバーを出して支援するというワンストップサービスはクライアントの安心感につながる。

「グローバル・ビジネス戦略室」では、以下の領域を特に強化して支援していくとのこと
<金融向けサービス>
- 決済ハブを用いたトランザクション・バンキングの高度化
- 先進的モバイル・チャネルの活用と高度化
- M&AにおけるITシステムのガバナンス・モデルの確立と展開

<製造向けサービス>
- 販売拠点の拡大、新工場設立などに即応するためのグローバル戦略に基づいた基幹システムの構築
- コスト最適化と品質向上を図るための市場/品質/生産ビッグデータの分析
- 急拡大する販売現場で他社との差別化を進める為の、個客管理に基づくサービスの展開支援

詳しくは下記ページをご参照ください
http://www-06.ibm.com/jp/press/2014/07/1401.html

無料登録・転職相談

メールマガジン登録