コンサルティング業界ニュース

AppleとIBMが企業向けソリューション分野で包括提携。専用アプリ搭載のiOS端末販売へ

米Appleと米IBMは現地時間2014年7月15日、「iPhone」および「iPad」対応のビジネスアプリケーションの共同開発など企業分野における広範な提携を発表した。
iPhoneとiPadでIBMのビッグデータおよび分析機能を利用できるようにする。
また、IBMは自社の顧客にiPhoneおよびiPadを販売するとのこと。

両社は共同で、100以上の業界に特化したiOS対応の企業向けソリューション「IBM MobileFirst for iOS」を構築する。
Appleの消費者市場での経験、ハードウエアとソフトウエアの統合、開発プラットフォームにIBMのビッグデータ解析能力を融合させる。
小売販売、ヘルスケア、金融機関、旅行および交通機関、電気通信、保険などさまざまな業界の特殊なニーズに対応したアプリケーションを開発し、2014年秋から2015年にかけてリリースする。

スマートデバイスのビジネス活用は、営業端末からカスタマーサポート、医療分野など徐々に浸透してきている。
一般ユーザーのイメージも良いAppleとの戦略的提携により、IBMのクライアントへのApple製品の浸透が期待される。
顧客の膨大な情報を蓄積し、アナリティクスの分野で競合のファームやITベンダーよりも優位に立つことが想定される。

【英文】
http://www-03.ibm.com/press/us/en/pressrelease/44370.wss

無料登録・転職相談

メールマガジン登録