プライベート・エクイティ業界ブログ

PEの業務と英語について

転職のご相談・お問い合わせ

コンサルティング業界に強い専門の
エージェントに転職相談(無料)してみませんか?

1分で完了無料登録・転職相談
PEの業務と英語について

ここ1ヶ月で弊社主催のPE業界キャリアセミナー、PE協会の実務者懇親会、アドバンテッジパートナーズの笹沼・フォルソム両代表へのインタビュー(別途弊社HPにインタビュー記事でUp予定)など大変参考になる話を伺う機会が多くありました。

PE業界キャリアセミナーでは、参加者から「外から見て違いが分かりにくかったが、セミナーを通じ各社の違いが良くわかった」、「PEの仕事とコンサルティング/投資銀行の違いが大変良く理解できた」などコメントを頂き、満足度の高いセミナーとなりました。PE協会の実務者懇親会では、「投資案件数とPE業界の課題」について、投資担当者の皆様と意見交換をさせて頂きました。
エージェントとして、こういた生の声をお伝えする事には、価値があると思っておりますので、別途弊社HPにて発信していきたいと思います。

20150417.jpg

さて、引き続き旺盛な採用意欲があるPE業界ですが、同業界のポジションをご案内する際に、良くご質問頂く事項がいくつかあります。その一つに、「PEファンドでは英語を使う機会があるか」というご質問があります。今回はこのご質問へ回答させていただきたいと思います。

まず、この問いに対しての結論は、「PEファンドでは英語を使う機会はある」となります。しかし、使う機会があるだけであり、それが日常的あるいは、頻繁にあるのかというと、「外資系PEファンド以外では無い」という答えになります。

では、PEファンドでは、どういったシチュエーションで英語を使うかという事をご説明したいと思います。
前提条件として、皆様にご理解頂きたい点があります。それは、日本国内で活動しているPEファンドは、外資系も含め、基本的には日本国内の会社を投資対象としているという事です。(「それはなぜか?」という疑問もあると思いますが、今回はその点には触れません。もし気になる方がいらっしゃいましたら、直接ご連絡ください)

上記前提を踏まえ、当たり前ですが、英語を使う場面は大きく2つあります。
【1】社内でのコミュニケーション
【2】社外とのコミュニケーション

【1】に関しては、外資系PEファンドでの本国レポーティング、投資委員会へのプレゼンテーションやグローバルトレーニングなどが挙げられ、日常的に英語を使う機会があります。
余談ですが、外資系PEファンドは、近年本国で上場する例が増えております。それに伴い、レポーティングが業務も増えているようです。

【2】に関しては、投資先企業の海外関連プロジェクトの支援が挙げられます。これは、外資系PEファンド、日系PEファンドどちらでも可能性があります。
もちろん、「投資テーマに海外関連の物がある」という事が前提条件になってしまうので、非常に限定的な機会であると言えます。
但し、最近は、カーライル/おやつカンパニー、ベインキャピタル/雪国まいたけ、インテグラル/キュービーネットなど、PEファンドが海外展開の支援をするというテーマも多くなっているのも事実です。

また【2】には、海外機関投資家へのレポーティング業務も該当します。少数ですが、海外機関投資家からコミットメントを得ている日系PEで、投資担当が一部レポーティング業務を行っている会社がございます。

また上記とは別に、稀有な例としては、海外投資に直接的に関わるという事もあります。このケースは大きく下記2つのパターンに分類できます。

〈1〉海外チームの一員として海外の投資に携わる
(外資系PEファンドで海外チームの投資にアサインされる)

〈2〉日本から海外の投資に携わる
(一部海外も直接の投資ターゲットとしているPEファンドがある)

これに該当する企業は数社しかないのですが、入社できると海外案件に直接関与する事ができます。もちろん、〈1〉、〈2〉どちらもメイン業務は日本国内にはなります。

上記を踏まえPEでの業務の実情を良く理解し、キャリア形成をお考えになる事をお勧めいたします。

佐竹

プライベート・エクイティ業界ブログの最新記事

一覧を見る

プロフィール

キャリアインキュベーション株式会社
日本プライベートエクイティ協会 賛助会員
プライベートエクイティチーム


マネージングディレクター 佐竹勇紀

キャリアインキュベーションにて、プライベート・エクイティ業界(プロフェッショナル及び投資先経営幹部)の採用/転職サポートを中心に活動中。 プライベート・エクイティ ファンドの投資プロフェッショナルはMDクラスからアナリストまでを網羅的にカバーし豊富な実績がある。
投資先経営幹部はCEO、CFOといったプロ経営者の支援実績が豊富。 キャリアインキュベーション参画以前は、大手人材紹介会社の金融部門にて就業。

マネージングディレクター 星野 光博

キャリアインキュベーションにて、PE、インフラ、VCなどの投資プロフェッショナル及び投資先経営幹部のサーチを担当。
キャリアインキュベーション参画以前も人材紹介会社に属し、上記業界への人材紹介経験は合計10年を超える。 それ以前は投資銀行や事業会社、ノンバンクにおいてM&Aや投資関連業務に従事。

ディレクター 山口 彩

キャリアインキュベーションにて、投資フロント、ミドルバックおよび保険業界を専門に担当。
前職ではブティック型のエージェントにて保険会社・銀行・証券会社を中心とした人材紹介を経験。 担当職種は営業・マーケティング・IT企画・内部管理・経営企画など、第二新卒~部長クラスまで、幅広に担当。

初めての方へ 私たちキャリアインキュベーションについて

転職のご相談・お問い合わせ 日本で唯一の
プライベート・エクイティ業界専門エージェントに
転職相談(無料)
してみませんか?

業界動向、採用ニーズを熟知し、各社のキーマンとも強いリレーションを持つ専任コンサルタントが転職活動を支援します。
求人紹介はもちろん、最適なキャリアを提案します。

  • 転職成功者の90%以上が
    対応に「満足」と回答

    キャリアと並走して
    長期的・継続的にサポートする活動に
    多くの方から賛同いただいています。

  • 転職ありきではなく戦略的に
    状況を見極めて案件を紹介

    今後のキャリアの可能性を
    探りたい方にも希望や適性を
    踏まえて本音でアドバイスします。

  • 日系・外資系PEファンドへの
    紹介実績は200件以上

    外資系の日本法人設立や
    独立系ファンドの創業など
    他にない独占案件があります。

1分で完了 無料登録・転職相談

現在約6000人以上が登録中!
転職活動にすぐに役立つ
メールマガジン(無料)もございます。

メールマガジン登録(無料)