コンサルティング業界ニュース

アクセンチュア、サイバーセキュリティ企業FusionXを買収

FusionXはワシントンD.Cに本社を持つ。2010年に創業されサイバー攻撃のシミュレーションや脅威のモデル化、サイバー関連の調査などのサービスを手がける企業で、セキュリティリスク発見の専門技術を有する。

同社の顧客には金融サービス業界やテクノロジ業界、製造業界の企業のほか、政府機関が名を連ねている。
アクセンチュアはそれらを自社のグローバルセキュリティサービスに取り入れる考えだ。これにより、顧客はサイバー攻撃への対策力を適切に高められるようになるという。

アクセンチュアはFusionXの買収を発表する数週間前にも、ロンドンに拠点を置くエネルギー管理および調達サービスのプロバイダーであるEnergyQuote JHAの買収を発表。
また7月、同社はHyundai Heavy Industries(現代重工業)と提携、「モノのインターネット」(IoT)の時流に乗ったスマート船舶の建造によって世界の海に向けた事業を展開しようともしている。


※当社WEBサイトで公開しているコンサル業界ニュースは公表情報をもとに作成しておりますが、正確性・完全性について当社が責任を負うものではありません。

無料登録・転職相談

メールマガジン登録