画像:アクセンチュア

アクセンチュア

bnr_20170317_accenture_.jpg

目標は「いち早くビジネスの結果を出す」こと。 そのためにチームは動いている

どうしても「パッケージ」という単語を耳にすると、ひところのERP導入ブームを思い出し、「導入のためのコンサルティング」とのイメージがつきまとう。だがグローバル・ビジネス・ソリューションズ(以下GBS)を統括する沼畑幸二エグゼクティブ・パートナーは、まず最初に「ノー」と言い切った。

p1.jpg

「私たちはソフトウエアベンダーでもないですし、特定のソフトウェアやシステムを提供することで利益を得ているわけではありません。むしろ、だからこそアクセンチュアはこれまで多くの企業から信頼され、期待されてもきました。当然のことながらGBSが目指すのは単なる『システム導入』ではありません。では何を目指して動くのかといえば『早くビジネスの結果を出す』こと。これに尽きます」

「結果」とは、端的に言えば「いくら投資して、どれくらいビジネスの価値が上がったか」になると沼畑氏。真に良い「結果」を出せるコンサルティングがGBSの務め。だが「早く」という言葉をあえて加えたことに意味がある。

「例えばサプライチェーン関連の取り組みならば、在庫切れによる機会損失をどれだけ早く食い止め、望んだ結果に結びつけるか。例えば、業務の効率化を目指す取り組みならば、具体的にどこまでオペレーションにかかる時間を短期間で短くできたか。1つひとつの取り組みで確実にスピードを持って結果を出していくのが、GBSの目指すところなのです」

結果が早く出れば、その結果に対する分析も早期に行える。分析結果を次の計画や施策にすぐに活かしていける。例えば、そうした連鎖が「ビジネスの価値」という「結果」を、最大化できるというわけだ。

だが、本気で結果にこだわろうとすれば、関わる領域も大きくなっていく。システム構築だけにコミットするのとは、求められるスケールが違う。

「だからこそ、私たちアクセンチュアに期待が集まっているのです。他の一般的なインテグレーターとの違いがここに出ます。アクセンチュアでは、多くの案件において経営ビジョンや経営戦略立案の段階から関わります。何が問題なのか、何をすべきなのかが、まだモヤモヤしていて実体として掴みにくい段階からお客様と一緒に考える。企業全体の問題として構想を立てていく。それゆえに、最初からどんな『結果』を目指すべきか、理解でき、明快なゴール設定ができるのです」

プロジェクトでは戦略グループやSCMグループのメンバーが入ってくるなど、必要に応じてアクセンチュアの様々なファンクションを担ったメンバーが加わる。だが、沼畑氏は「アクセンチュアの人間がどれだけ関わろうと、仕事をバケツリレー的に進めたりはしない」と断言する。あらゆるメンバーがスタートからゴールまでコミットする。だからこそ、GBSメンバーもその一員として「結果を出すソリューション」を実現できるというわけだ。

「戦略チームと一緒に考え、動きながら、パッケージ選択の判断が必要となれば、私たちが中心になって動く。そうして結果を出すプロセスの中で『実装もします』というのが、GBSの役割を示す正しい言い方かもしれません」

成長を促す極上の「試練」が アクセンチュアにはある
  沼畑氏はかつて外資系のコンピューターメーカーに勤務していた。 90年代前半に訪れたERPの黎明期から実装に関わり、90年代末にはEAIの領域にも関わっていった。ITコンサルティング~実装~分析改善というような仕事のサイクルには、この当時から携わっていた。しかし、常にバックには自社のハードウエアやソフトウェアとの関わりがあった。「もっとニュートラルな立場で」と考えた結果、ITベンチャー企業の設立メンバーに。Web系ソリューションやデザイン戦略、コミュニケーション戦略にも踏み込んだコンサルティングを経験したという。そんな沼畑氏は、なぜアクセンチュアへの転身を決意したのだろう。

p2.jpg

「立ち上げたベンチャーでは実績も上がっていたのですが、小さな会社だったため、企画・構想から実装まで全体を任せてはもらえませんでした。『もっとスケールのある仕事をして自らを成長させたい』という欲求は完全には満たされなかったのです(笑)。そこで考えました。『成長するにはどうすればいいだろう』と。答は『試練のある場所へ行こう』ということでした。」

扱うビジネスのスケールが大きく、なおかつそれぞれの案件の難易度が非常に高い。それがアクセンチュアだという認識は以前からあった。しかも、先の発言とも重なるが「何も決まっていないモヤモヤしたところから関われる」のもアクセンチュアならでは。同じ仕事の繰り返しではなく、常に新しい課題を抱えることは試練でありながらも、「いつも何か新しいことにチャレンジする想いで仕事に向かえる」と判断したという。

「コミットメントの高さが最大の売り物だな、と感じました。絶対に仕事で妥協をしない集団。ここに入れば、さらに自分を高めていけると確信したのです」

現在のGBSでの仕事でも沼畑氏は「試練」を思う存分に楽しんでいるようだ。

「今、企業経営が解決しなければならない問題は大きく分けて2つあると考えます。1つは、ホワイトカラーの業務を効率化すること。日本では生産領域に関しては品質管理、自動化を進め業務の高度化が進んでいますが、ホワイトカラー層は企業内のビジネス情報だけではなく、氾濫する様々な外部情報から経営の意思決定に必要なデータに加工するために膨大な時間と労力をかけています。これに解を出すには、世界で使われているソリューションの中から、最適なベストプラクティスを活用することで糸口はつかめます。問われるのは、正しい判断をくだす知識、情報、経験値ですが、アクセンチュアにはこれらが膨大に蓄積されています。ではもう1つの問題は何かというと、競争領域で勝利すること。ここで課題を解決するには、時には既存のプラクティスに頼るのではなく、たとえば業界を超えた新しいソリューションを生み出していく必要も生じます。グローバルベースで仕事をしているアクセンチュアならば、これもできるんです」

無料登録・転職相談

メールマガジン登録