コンサルティング業界ニュース

PwCあらた「公益監督委員会」設置

PwCあらた有限責任監査法人(東京都中央区、代表執行役:木村 浩一郎)は、8月1日、社外の有識者に法人の監査品質に関する取り組みへの意見を求める機関として「公益監督委員会」を設置した。

公益監督委員会は、社外有識者と当法人の代表執行役、監視委員会議長で構成し、監査品質を高めるための取り組みを監督し、経営委員会に助言、提言を行う。公益を代表する有識者の目線を法人運営に取り入れることで、透明性確保と説明責任の強化を図り、監査品質を向上させることを目的とする。

これを実効性の高いものとするため、公益監督委員会からの助言、提言に対する、法人および経営委員会の対応状況は、法人が発行する「監査品質に関する報告書~Transparency Report」に開示し、ステークホルダーへの説明責任を果たすことを予定している。

詳細はこちら


※当社WEBサイトで公開しているコンサル業界ニュースは公表情報をもとに作成しておりますが、正確性・完全性について当社が責任を負うものではありません。

無料登録・転職相談

メールマガジン登録