画像:プライベートエクイティ業界ブログ

2017年 第1四半期、第2四半期 採用データ

こんにちは。キャリアインキュベーションの佐竹です。

さて、今回は2017年第1四半期、第2四半期の採用データを配信いたします。
2017年上半期は、採用数が多く25名の方が既に入社されております。
採用傾向としては今まであまり変わらず
①コンサル、IBD、同業が中心
②アソシエイト、シニアアソシエイトが中心
となっております。

採用数自体は減少傾向ですが、まだ積極募集を行っているファームも有りますので、転職をお考えであればご相談下さい。

それでは、それぞれ内容を見ていきたいと思います。

■2017年第1四半期

外資系PEファンドでの就業者は120名、日系PEファンドでの就業者は218名となっております。採用総数(入社ベース)は、外資系で4名、日系で5名となっております。

外資系PEファンドの採用

3名がアソシエイト~シニアアソシエイトクラスでの採用、1名がVP以上の採用でした。
アソシエイト~シニアアソシエイトクラスの内訳は、外資系戦略コンサルティングファーム出身者が2名、外資系投資銀行出身者が1名となっております。VP以上の採用は外資系ブティック型投資銀行出身者でした。

2017年第1四半期/外資系PEファンドの採用

日系PEファンドの採用

1名がアソシエイト~シニアアソシエイトクラスでの採用、4名がVP以上の採用でした。
アソシエイト~シニアアソシエイトクラスは外資系投資銀行出身者の採用でした。
VP以上の4名は、同業他社が1名、その他3名は事業会社出身者でした。

2017年第1四半期/日系PEファンドの採用の採用

■2017年第2四半期

外資系PEファンドでの就業者は124名、日系PEファンドでの就業者は228名となっております。採用総数(入社ベース)は、外資系で5名、日系で11名となっております。

外資系PEファンドの採用

5名全員がアソシエイト~シニアアソシエイトクラスでの採用でした。
内訳は、外資系戦略コンサルティングファーム出身者が2名、外資系投資銀行出身者が1名、日系投資銀行出身者が1名、政府系投資ファンド出身者が1名となっております。

2017年第2四半期/外資系PEファンドの採用

日系PEファンドの採用

8名がアソシエイト~シニアアソシエイトクラスでの採用、3名がVP以上の採用でした。
アソシエイト~シニアアソシエイトクラスの内訳は、外資系戦略コンサルティングファーム出身者が2名、同業他社が2名、総合商社1名、銀行1名、FAS 1名、その他1名となっております。VP以上の採用は、同業他社が2名、事業会社出身が1名でした。

2017年第2四半期/日系PEファンドの採用

※当社WEBサイトで公開しているプライベートエクイティ業界ブログは公表情報をもとに作成しておりますが、正確性・完全性について当社が責任を負うものではありません。

プロフィール

佐竹勇紀

キャリアインキュベーション株式会社
日本プライベート・エクイティ協会 会員企業

キャリアINQにてPE ファンド(プロフェッショナル及び投資先経営幹部)の採用/転職サポートを中心に担当。PEファンドの投資プロフェッショナルは、MDクラスからアナリストまでをカバーし外資系/日系PE共に豊富な実績がある。投資先経営幹部は、CEO、CFOなどのCxOクラスから部長/課長クラスまでをカバーしており、特にCxOクラスの実績が豊富。
キャリアINQ参画前は、大手総合系人材紹介会社にて就業。企業担当、新規開拓担当経て、金融部門に配属となり、金融部門ではPEファンド/投資銀行/財務アドバイザリーファームのフロントポジションをメインに担当。

無料登録・転職相談

メールマガジン登録