プライベート・エクイティ業界ブログ

2019年 第1四半期 採用データ

転職のご相談・お問い合わせ

コンサルティング業界に強い専門の
エージェントに転職相談(無料)してみませんか?

1分で完了無料登録・転職相談

こんにちは。キャリアインキュベーションの佐竹です。

間が大変空いてしまいましたが、2019年第1四半期の採用データを配信いたします。
四半期ごとに定期的にデータを配信していく体制を整えましたので、今後はコンスタントに情報を発信いたします。

さて、2019年の採用傾向としては今まであまり変わらず
①コンサル、IBD、FAS、同業が中心
②アソシエイト、シニアアソシエイトが中心
となっております。

採用数自体は減少傾向で、2019年は大きく採用数は増えない見通しです。
転職をお考えであれば、せっかくの機会を逃さないよう、お早めにご相談ください。
それでは、それぞれ内容を見ていきたいと思います。

■2019年第1四半期

外資系PEファンドでの就業者は120名、日系PEファンドでの就業者は218名となっております。採用総数(入社ベース)は、外資系で3名、日系で6名となっております。

外資系PEファンドの採用

3名ともアソシエイト~シニアアソシエイトクラスでの採用でした。
それぞれのバックグラウンドは、日系投資銀行(MBA採用)、事業会社(元外資系戦略コンサル)、外資系戦略コンサル出身者となっております。

2019年第1四半期/外資系PEファンドの採用

日系PEファンドの採用

5名がアソシエイト~シニアアソシエイトクラスでの採用、1名がVP以上の採用でした。
アソシエイト~シニアアソシエイトクラスは3名がFAS出身、残り2名は金融機関、事業会社出身となっております。
VP以上は、事業会社出身(前職コンサルティングファーム)でバリューアップチームでの採用でした。

2019年第1四半期/日系PEファンドの採用の採用

※採用データは、日本で積極的に活動を行っているPEファンド35社を、弊社が独自にモニタリングしている数字となります。
※2019年5月20日に公開した本ブログですが、モニタリング先のファンド数を明記しておりませんでしたので、2019年6月17日に加筆し、再度公開しました。

※当社WEBサイトで公開しているプライベートエクイティ業界ブログは公表情報をもとに作成しておりますが、正確性・完全性について当社が責任を負うものではありません。

プライベート・エクイティ業界ブログの最新記事

一覧を見る

プロフィール

佐竹勇紀

キャリアインキュベーション株式会社
日本プライベート・エクイティ協会 会員企業

キャリアINQにてPE ファンド(プロフェッショナル及び投資先経営幹部)の採用/転職サポートを中心に担当。PEファンドの投資プロフェッショナルは、MDクラスからアナリストまでをカバーし外資系/日系PE共に豊富な実績がある。投資先経営幹部は、CEO、CFOなどのCxOクラスから部長/課長クラスまでをカバーしており、特にCxOクラスの実績が豊富。
キャリアINQ参画前は、大手総合系人材紹介会社にて就業。企業担当、新規開拓担当経て、金融部門に配属となり、金融部門ではPEファンド/投資銀行/財務アドバイザリーファームのフロントポジションをメインに担当。

初めての方へ 私たちキャリアインキュベーションについて

転職のご相談・お問い合わせ 日本で唯一の
プライベート・エクイティ業界専門エージェントに
転職相談(無料)
してみませんか?

業界動向、採用ニーズを熟知し、各社のキーマンとも強いリレーションを持つ専任コンサルタントが転職活動を支援します。
求人紹介はもちろん、最適なキャリアを提案します。

  • 転職成功者の90%以上が
    対応に「満足」と回答

    キャリアと並走して
    長期的・継続的にサポートする活動に
    多くの方から賛同いただいています。

  • 転職ありきではなく戦略的に
    状況を見極めて案件を紹介

    今後のキャリアの可能性を
    探りたい方にも希望や適性を
    踏まえて本音でアドバイスします。

  • 日系・外資系PEファンドへの
    紹介実績は100件以上

    外資系の日本法人設立や
    独立系ファンドの創業など
    他にない独占案件があります。

1分で完了 無料登録・転職相談

現在約6000人以上が登録中!
転職活動にすぐに役立つ
メールマガジン(無料)もございます。

メールマガジン登録(無料)