プライベート・エクイティ業界ブログ

「第1回 PEファンドの実態 ~ファンドマネージャーに聞いた5つの質問~」 ~前編~

転職のご相談・お問い合わせ

コンサルティング業界に強い専門の
エージェントに転職相談(無料)してみませんか?

1分で完了無料登録・転職相談

引き続きポストコンサルティングファーム、ポストIBDとして人気の高いPEファンドですが、「実態がよくわからない」「今と比べ何が違うかわからない」という声も変わらず聞こえてきます。

そこで、「PEファンドの実態 ~ファンドマネージャーに聞いた5つの質問~」と題し、現役PEファンド(以下「PE」)のファンドマネージャーに、キャンディデイトから良くある質問に答えて頂き、その内容を発信していきたいと思います。(忌憚ない意見をお話頂きたいため、あえて会社名、個人名は伏せた形を取らせて頂きます。)

それでは記念すべき第1回です。今回は独立系PEのアソシエイトとして活躍するAさんにお話を伺いました。

■Aさん 独立系PE/アソシエイト 投資銀行出身

Q1.転職時にPEを選ぶ軸はありますか?

【INQ 佐竹】よく候補者の方々にどういう軸で、皆さんはPEを選ぶんですかと聞かれます。Aさんはどのように整理し、今の会社を選ばれたのでしょうか?

【Aさん】私が転職した際は、まず大きくラージキャップかミッド、スモールキャップかという点で業界を分けて考えました。個人的な感覚では、この2つの領域は同じPEでも大きく異なり、それぞれ違った面白みがあると思います。詳細は割愛いたしますが、私はミッド、スモールにより強い興味があったので、ミッド、スモールのファンドを中心に見ていました。

ミッドスモールの中では、独立系か大手資本系かという分け方があると思います。もっと分解すると、大手資本系も金融系か商社系かに大別されると思います。
この3つの区分では、一般論として意思決定のプロセスが異なります。

per.jpg

私は、元々メガバンク系の証券に在籍しており、日頃から意思決定がフレキシブルでない事をフラストレーションに感じていました。そのため、独立系の方が転職後に同じような悩みを持つ可能性が低いだろうと考え、弊社を選択しました。

【INQ 佐竹】そうなんですね。実際働いてみてどうですか?良い所、悪い所があれば教えてください。

【Aさん】良いところは当初の仮説通り、独立系は自由が利くという点ですね。これは独立系という特性なのか、弊社の特性なのかは分かりませんが、裁量は大きく意思決定もフレキシブルです。悪いという事ではないのですが、ファンドレイズという点に関しては、大手資本系の方が強いのではないでしょうか。

Q2.他のPEと案件で競合した際に差別化のポイントはどういった点になりますか?

【INQ 佐竹】売り手から見た際に他PEとの差別化ポイントはどういった点になりますでしょうか?候補者から見た際は、PEファンドを選ぶポイントにもなると思いますが。

【Aさん】正直bidを除いて他のPEと競合した経験が少ないので、競合した際の差別化という事を強く意識した事はありません。現状はbidに関して、本気で取りに行くという事もしないので、参考になる実体験の話はできないです。
弊社では、「オーナーが売りたいという案件をどう取るか」より「どうやって売りたいと思ってもらうか」を重要視しているため、PEの競合というのはあまり意識していません。

【INQ 佐竹】そうなんですね。それでは基本的には相対で案件を進めるという事でしょうか?

【Aさん】基本的に相対で話を進めます。売却を検討しているものの、買い手の具体像を想像できておらず、ましてやファンドを買い手と想定していないオーナーに対して、私たちは対象会社の課題について仮説を立て、提案していく。そして案件を作って行くというイメージです。そのため、会社の看板やトラックレコードではなく投資チームが「対象会社の本質的な課題を抽出してその解決策を提示できるか」、「オーナーの心をどれだけ掴む事ができるのか」そして「オーナーの心に響くいい提案をできるのか」が重要です。もちろんまったく看板やトラックレコードが関係ないとは言いませんが。
「あなたのファンドに売るよ」という事では無く、「○○さんにだったら任せるよ」と言ってもらえる信頼関係が重要だと思います。

【INQ 佐竹】少し話はそれてしまいますが、その信頼関係を構築するために心がけている事はありますか?

【Aさん】まずは、兎にも角にも相手の事をとことん理解する事です。
そのための前準備として、オーナーと面談する前には、その会社の事や業界の事をできる限り調べます。共通言語でコミュニケーションが取れるように専門用語も学びます。その上でオーナーに色々と教えて頂き、理解を深めていく。
そのプロセスで、気を付けているのは、当たり前かもしれませんが、同じことを2回聞かないという事です。もちろん理解が不足していれば確認はしますが、毎回面談で同じ質問をしていると「真剣に考えているのだろうか?」「任せて大丈夫か?」と思われてしまいますからね。

Q3.PEと投資銀行での業務の違いは?また実際の労働時間はでどうでしょうか?

【INQ 佐竹】Aさんは、前職で投資銀行のM&Aアドバイザリー部門にいらっしゃったかと思います。PEの業務もM&Aをやる事になると思いますが、エクセキューションでの違いはありますか?

【Aさん】PEは、投資銀行から見るとお客さん側になるので、そもそもの立ち位置が違います。投資銀行は、お客さんがM&Aをやりたいという時に、専門家としてアドバイスをするというのが基本です。つまりお客さんのニーズが先にあります。
投資側は全くスタンスが違い、どういう投資をするのか、どういう案件を作って行くのかという主体的な仕事になります。

【INQ 佐竹】実際の業務内容に違いはありますか?

【Aさん】業務内容も、少なくとも私の経験では大きく違います。端的に申し上げますとPEの方がより本質的な仕事にフォーカスできます。
例えば、PEの仕事は外部の専門家と協力し進めていきます。私自身の仕事は投資シナリオを構築し、投資の意思決定をすることです。その意思決定に際して、税務、財務、法務、人事等専門家が得意とする領域は、私自身が各専門家に何を検証してほしいのか明確にしてその検証作業はお任せするスタンスで行っています。

また、実体験からすると投資銀行の業務は「必要になるかは分からないけど、お客さんに言われそうだから準備しておく」という資料が山のようにあります。特に勘どころがよくないPMと案件が一緒になると、お客さんの目にも触れないし、目に触れたとしても感謝されない資料を大量に作らなければならなく徒労感があると思います。しかしPEは主体者側なので、必要でない分析はしないですし、もちろん不要な資料も作りません。

【INQ 佐竹】そうすると、業務時間も投資銀行と比べると少ないのでしょうか?

【Aさん】他のPEは知りませんが、弊社では業務時間は投資銀行比では格段に短いです。
一般的概念の普通の生活です。夜も普通に帰りますし、土日も休みます。ただ、投資先に何か問題が起こったりすると休みは一気に無くなることもあります。投資先で起こった問題は、自分自身にとっても一大事ですからね。

後編に続く

※「PEファンドの実態 ~ファンドマネージャーに聞いた5つの質問~」は今後も不定期でお送りする予定です。「こういった話を聞きたい」というリクエストがございましたら、遠慮なくご連絡下さい。

佐竹

※当社WEBサイトで公開しているプライベートエクイティ業界ブログは公表情報をもとに作成しておりますが、正確性・完全性について当社が責任を負うものではありません。

プライベート・エクイティ業界ブログの最新記事

一覧を見る

プロフィール

キャリアインキュベーション株式会社
日本プライベートエクイティ協会 賛助会員
プライベートエクイティチーム


マネージングディレクター 佐竹勇紀

キャリアインキュベーションにて、プライベート・エクイティ業界(プロフェッショナル及び投資先経営幹部)の採用/転職サポートを中心に活動中。 プライベート・エクイティ ファンドの投資プロフェッショナルはMDクラスからアナリストまでを網羅的にカバーし豊富な実績がある。
投資先経営幹部はCEO、CFOといったプロ経営者の支援実績が豊富。 キャリアインキュベーション参画以前は、大手人材紹介会社の金融部門にて就業。

マネージングディレクター 星野 光博

キャリアインキュベーションにて、PE、インフラ、VCなどの投資プロフェッショナル及び投資先経営幹部のサーチを担当。
キャリアインキュベーション参画以前も人材紹介会社に属し、上記業界への人材紹介経験は合計10年を超える。 それ以前は投資銀行や事業会社、ノンバンクにおいてM&Aや投資関連業務に従事。

ディレクター 山口 彩

キャリアインキュベーションにて、投資フロント、ミドルバックおよび保険業界を専門に担当。
前職ではブティック型のエージェントにて保険会社・銀行・証券会社を中心とした人材紹介を経験。 担当職種は営業・マーケティング・IT企画・内部管理・経営企画など、第二新卒~部長クラスまで、幅広に担当。

初めての方へ 私たちキャリアインキュベーションについて

転職のご相談・お問い合わせ 日本で唯一の
プライベート・エクイティ業界専門エージェントに
転職相談(無料)
してみませんか?

業界動向、採用ニーズを熟知し、各社のキーマンとも強いリレーションを持つ専任コンサルタントが転職活動を支援します。
求人紹介はもちろん、最適なキャリアを提案します。

  • 転職成功者の90%以上が
    対応に「満足」と回答

    キャリアと並走して
    長期的・継続的にサポートする活動に
    多くの方から賛同いただいています。

  • 転職ありきではなく戦略的に
    状況を見極めて案件を紹介

    今後のキャリアの可能性を
    探りたい方にも希望や適性を
    踏まえて本音でアドバイスします。

  • 日系・外資系PEファンドへの
    紹介実績は150件以上

    外資系の日本法人設立や
    独立系ファンドの創業など
    他にない独占案件があります。

1分で完了 無料登録・転職相談

現在約6000人以上が登録中!
転職活動にすぐに役立つ
メールマガジン(無料)もございます。

メールマガジン登録(無料)