事業会社業界ニュース

ソフトバンク テクノロジー投資ファンドを設立

ソフトバンクは14日、グローバルにテクノロジー分野へ出資することを目的とした私募ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」(仮称)の設立を決定したと発表した。

今後5年間で少なくとも250億米ドル(約2.6兆円※)を本ファンドに出資する予定。
また、2016年10月12日付でサウジアラビア王国のパブリック・インベストメント・ファンド(以下「PIF」)との間で、PIFが今後5年間で最大450億米ドル(約4.7兆円)の出資を実施する可能性のもと、主要な資金パートナーとして本ファンドへの出資を検討することについて、覚書を交わした。

さらに、本ファンドへの出資を目的に、複数のグローバルな大手投資家たちと協議中とのことで、本ファンドの総額は、1,000億米ドル(約10兆円)の規模となる可能性があるとしている。

詳細はこちら


※当社WEBサイトで公開している事業会社業界ニュースは公表情報をもとに作成しておりますが、正確性・完全性について当社が責任を負うものではありません。

無料登録・転職相談

メールマガジン登録