コンサルティング業界ブログ

コンサルティング業界ブログ

「売り手市場のコンサル転職」だからこそ気をつけること

こんにちは服部です。10月に入り新年度や、下半期に入ったクライアントも多いのですが、各社採用計画はかなりのボリュームで、若手、シニアとも活況で100名以上の採用計画を持つ企業も数社出ております。
共通しているのは「デジタル」「トランスフォーメーション」「M&A」などクライアント自らの変革を支援することが出来るコンサルタントの確保です。

需給バランスを考えれば一見完全に売り手市場ですが、クライアントの課題が複雑になっているので、ポジションやニーズは実は細分化されていて、フタをあければそれぞれまったく違うポジションでそれぞれの分野の専門家を探しているということがあります。

そんな中、当社にご相談に来られる方も意中のファームに応募してみたが落ちてしまったので、相談に乗って欲しいと来られるケースも増えている様に思い、なぜなのだろうかと思ったのが今回のテーマです。

しっかり情報収集して入念に準備しているかたもいらっしゃいますがあまりハッキリした理由無くなんとなくコンサルで受けていることも多く、聞けば
「転職サイトに登録したら企業から直接声がかかったので」
「たくさん求人広告を見るのでまずは話を聞きに行こうと思って」
「知り合いからも受けてみないかと誘いを受けて」など
まずは気軽に受けてみたもののご縁が無く、弊社にご相談に来られるケースも少なくありません。

活動に入る前には、事前に自分の転職の目的を整理するのが先決なのですが、最近は便利になってSNSと連携すれば企業と繋がれる簡易な転職サービスが増えていて転職活動もどんどんカジュアル化しているようです。

最近あったケースをいくつかご紹介します。

未経験者のケース

[1]準備なしに選考プロセスに進んでしまうケース
とりあえずの気持ちで転職サイトに登録してみたら企業からのカジュアル面談のスカウトが殺到し、気軽に聞きにいってみたらそのまま選考に進みNGになってしまったケース。逆にトントン拍子でオファーまで進んでみたが希望の部署と違うことが言い出せないままオファーを受諾してしまったという例も聞きました。
基礎能力が高い方は面接受けも良いのでなんとなく進んでしまうのですが、ふと立ち止まり「コンサルで何したいんだっけ?」という基本的な問いにすっぽり答えが抜けている事があります。

[2]勝手にエージェントに応募されてしまうケース
これは実は一番初歩的ですがもっともありがちなケースです。志望動機や応募企業も決めていざご紹介してみると、企業側から「既に○○(エージェント名)さんからご紹介がありましたよ」とのこと。
本人に確認するとそのエージェントとは初回にお会いして企業の紹介は受けたがそれ以来なんの連絡もしていないとのこと。
事情を説明すれば正式に選考頂けるケースがほとんどですが、応募先の把握もできていないと心象を悪くしてしまうこともあり注意が必要です。

経験者のケース

経験者でも注意が必要なケースが増えています

[1]海外駐在を前提に採用するケース
とある総合ファームで東南アジアの駐在を前提にしたポジションがオープンになりました。
具体的にはシンガポールやタイを想定し、中国の可能性もあるというポジションです。

海外駐在案件は時期を問わず人気ポジションなので、当社からも複数の方をご紹介したところ、やはり他エージェント含め、応募が殺到し少ないポジションを取り合う形になりました。
結果的に内定まで至った方が複数いらしたのですが、希望の国に赴任出来る事になったのはごく少数で、後から応募した方は優秀な方でも残念ながら希望の国以外のオファーとなり辞退することとなりました。

これは応募のタイミングによって合否や希望が異なってしまったケースです

[2]採用組織が立ち上がっていないケース
これは今までなかった新しい組織を立ち上げる採用の際によくあったケースですが、シニアからジュニアまで一気に採用をしようとするものの実はシニアメンバーが取れていないため、ジュニアクラスの応募者がことごとくNGになってしまうケースも少なからずありました。
既存のコンサルタントでは選考時に適切な評価が難しく迷った末にNGとしてしまうのは致し方ないところでもあります。
逆に面接官にはその能力を判断できず「エイヤ!」で採ってしまい入社後に双方上手く噛み合わず失敗したというケースも聞きました。

デジタル、イノベーション、デザインといった新規テーマを立ち上げる場合には組織の採用要件が流動的なので特に注意が必要で、応募前に組織の状況や誰が採用面接官なのか聞いておければ不要なミスマッチを防ぐことが出来ます。
転職を急ぐ止むない事情がなければ少し腰を据えて適切なタイミングを検討したいところです。

[3]現職と応募先のタイトル(マネージャーやコンサルタントといったランク)の職責にギャップがあるケース
ファームによって同じマネージャーやコンサルタントと呼ばれていても、営業とデリバリーの比率の違いや、人材採用・マーケティング活動への貢献など評価軸の違いがありますが、その違いを把握しないまま応募したため逆に評価が下がってNGになるケースもあると聞きます。
一般的に各ファームの評価基準は開示されていないことがほとんどなので事前に100%知ることは難しいですが、ある程度の傾向を把握し、期待値をあわせて応募することも大切です。

一度応募すると半年から〜1年は再応募できないケースが多い

一般的に中途採用の再応募には半年から1年の時間を空ける必要があり(面接結果によっては再応募できないことがほとんど)、過去のログもしっかり採用システムで記録されているため上記のような事情で一旦ご縁がなくなってしまうと
仮にピッタリなポジションが出てきてもみすみす逃してしまうもったいないケースも出てきてしまいます。

売り手市場だからこそ大事なこと

転職サイトに登録したり企業と接点を持つ前に、まずはしっかりと転職の目的を定めることが大前提です。
しっかりと自分の経歴や強み・弱みを整理して何が出来るか、何が足りないかを客観的に把握すること。

あとは自分にあった会社を探し、選考対策をしっかり進めることです。未経験者の場合はあとは相性で選べば良いですが、経験者の場合は応募先に知り合いがいたりすることも多いので、自主応募や知人経由、エージェント経由などどのルートが良いのかしっかり整理して選ぶのがよいでしょう。

興味はあるが情報が薄かったり接点がなかったファームにアプライする場合には、どのタイミングで誰に最初に推薦するかなどは当社の腕の見せ所です。まずは是非ご相談下されば幸いです。

コンサルティング業界に転職をお考えの方の個別相談会はこちら

(服部)

無料登録・転職相談

メールマガジン登録